にっき

ハーモニーランドでキティちゃんにルビーちゃん宛のスケッチブックを渡したよ (2ページめ)

パレードパラレルを入場ゲート付近から観よう

キティキャッスルから出たら、これからハーモニービレッジで12時半から行われるパレードパラレルを観よう。今回は入場ゲート付近の真ん前から観ることにするよ。

耳をバタバタさせるシナモンくん

今回のパレードではシナモンくんが頑張っていたね。後半の「小さな贈り物、思いを込めて〜♪」の曲にある「幸せの歌が聞こえてます〜♪」の所でテンポより耳を振っていてノリノリ。耳を振るところを観るほどノリノリな様子を観るのは久々かも。オレもシナモンくんがノリノリだった時に流れていた曲は気に入っているから、是非ともCDやオンライン配信で曲を出して欲しいよね。

もう一つ面白いことがあったんだよ。平日の真ん中で空いていたからか、パレードで踊っている人たちに誘われて踊ることができたよ。以前に行われていたパレードノアの時も一度だけ踊ることができたから、今回も含めて2回目。パレードノアの時はハローキティ40周年記念パレードの踊りと殆ど同じだったから踊れたけど、今回はほぼ初見。踊っている人をお手本にしながらのぎこちない踊りになってしまったけど、多分オレは頑張った。

これで今回のパレードパラレルはおしまい。1分程度のダンスだったけど、一体感を味わえて楽しかったよ。ありがとうキティちゃん達。

ハッピーカフェでベーコンチーズバーガセットを食べよう

パレードが終わったし、昨日と同じくどこかで食べよう。昨日はハーベストテーブルで食べたし、今回はゲームプラザやプラザステージが目の前にある「ハッピーカフェ」で何か食べることにするよ。

ベーコンチーズバーガーセット

今回食べたのはベーコンチーズバーガーセット。以前食べたことのあるデリッシュバーガーセットは期間限定だったために既に終了。残念。とはいえ、今回食べたバーガーと以前のデリッシュバーガーの写真を比較してみてみても、いまいち違いがわからないぞ。デリッシュバーガーの方が肉の質がいいのか。とはいえ、どちらもボリューム抜群で、とてもファストフードだとは思えないクオリティだったよ。朝ご飯は沢山食べていなくともお腹いっぱいです。ごちそうさまでした。

食べ終えたら、キティちゃんからリクエストを受けているシナモンくんをガリガリと描いていこう。キティちゃんが喜んでいる様子を観てみたいよね。

ワンダーパノラマに乗ってハーモニーランドを上から観てみよう

お腹の満腹状態が落ち着いたところで、ワンダーパノラマという名の観覧車に乗って上から観る景色を観てみよう。風が強い日はガクガク揺れて恐いらしいけど、幸いにもこの日は無風で安心。

ワンダーパノラマから観るハーモニーランド

シナモンくんの観覧車に乗っていざ頂上へ。やっぱり6月の平日。みんな屋内に人がいるからだろうけど、見渡す限りで10人もいないよ。

そうそう、写真の中央に見える小さなサーキット場は「サンリオEVゴーカート」というアトラクション。カーブを観ると生々しいくらいに見えるタイヤの跡。以前にも書いたかもしれないけど、実際にドリフト走行とかできたりするのかな。

ワンダーパノラマから観る牛さん達

そうそう、別の方向を見ると、牧場を歩き回る牛さんも観ることができるよ。牛さんが歩き回っているところだけは綺麗に草が無くなってる。こうやって上から見て分かるけど、沢山の草を食べるんだね。いつもご苦労様です牧場の人たち。

再びキティキャッスルにお邪魔しよう

頂上の様子を確認したところで、再びキティキャッスルに行ってキティちゃん達とお話ししよう。キティちゃんにシナモンくんの絵を見せないとね。

さっき描いたシナモンくんの絵を見せた後にお花も渡したよ

昼食を食べた場所であるハッピーカフェで完成させたシナモンくんの絵をキティちゃんに見せよう。ここだけの話、ベーコンレタスバーガーをボリボリと食べながらシナモンくんを描いたことだけは秘密だぞ。

花を受け取る準備をするキティちゃん

当日既にキティちゃんには、キティちゃん自身の絵をプレゼントしているよ。だけど、たまには様になるプレゼントを渡したいよね。そんなわけで、シナモンくんの絵と一緒に、キティキャッスルの入り口で購入できるお花を持ってきたよ。

キティちゃんと早速会ってみると、お花を見た瞬間に反射的に姿勢を整えてくれたよ。オレがお花というギザなものを普段は持ってこないからビックリさせちゃったね。でも、お花を渡す前に見せたいものがあるんだ。

キティちゃんから高評価

キティちゃんは昨日や今日の朝の時に見せてくれた指切りをここでも見せて、しっかり約束を覚えていたようだよ。さすが約束事をしっかり守るキティちゃん。キティちゃんから約束したことも忘れていないね。

今回もキティちゃんの絵を渡した時と同じように緊張したけど、幸いにもキティちゃんから腕で大きな丸を作って見せてくれたよ。つまり直々に合格をもらえたということだね。ありがとうキティちゃん。この絵は大事にするよ。両腕をブルブルさせて身震いもしていたようだし、バーガーを食べながら描いたなんてとても言えないよね。

キティちゃんとシナモンくんの絵

せっかくキティちゃんのリクエストで描いたのだから、キティちゃんにはシナモンくんが描かれたスケッチブックを持ってもらって撮らせてもらったよ。ありがとうキティちゃん。

写真を撮らせてもらった後は、シナモンくんの絵も大事そうになでてくれたよ。せっかく大事にしてくれたところで悪いけど、スケッチブックをは返してもらったよ。まだまだ白紙が残っているしね。そして、さらっとまた明日も何か描いてくることを約束してしまったよ。大丈夫かオレ。

キティちゃんにお花をプレゼント

ここからは話が変わって、キティちゃんのために手に入れたお花をプレゼントしよう。キティちゃんがさっきのラフな気持ちから切り替えて姿勢を正しく待機。緊張するよね。

キティちゃんの淑女としての姿勢に対して、無礼の無いように慎重に渡せたはず。それはそれでよかったけど、キティちゃん対して無意識に言った「おめでとうございます。」は何に対して言ったんだろう。もうキティちゃんの40周年記念の期間は過ぎているし。41周年おめでとうということにしておこう。すごい中途半端。

ブレスレットを受け取ったよ

キティちゃんは最後まで淑女だった。お花をプレゼントしてくれたお礼に、キティちゃんから直々にパレードパラレルで身につけているブレスレットを受け取ったよ。ただ受け取るだけでなく、オレの手のひらにブレスレットを置いたら、キティちゃんがオレの手のひらに手を合わせてお礼を言ってくれたんだから徹底的に淑女だね。

最後はブレスレットを身につけたラララフローラファンの人とオレとキティちゃんのスリーショットを撮らせてもらったよ。ありがとうキティちゃん。これからもよろしくね。

シナモンくんの絵をプレゼント

そうそう、さっきのシナモンくんの絵の話に戻るよ。元々シナモンくんの絵はキティちゃんからのリクエスト。オレが持っているよりも、キティちゃんが持っていた方が描かれた絵自身も嬉しいと思うんだ。だからキティちゃんにこの絵をお渡しするよ。もし時間があったらシナモンくんに見せてくれたら嬉しいよ。

キティちゃんに今度は何を描いて欲しいか聞いてみよう

再びキティちゃんに会って、今度の絵は何を描けばいいかを話したよ。普段は特定のジュエルペットしか描かないから、キティちゃんからとんでもないリクエストも覚悟の上だよ。

お姉さんが5キャラを選抜

今回はキティちゃんの隣にいたスタッフさんからポムポムプリンを描いたらどうかという提案があったよ。キティちゃんもプリンくんのプルプルした顔の様子をモノマネして、スタッフさんと同意見。

ここまでで話が完結していれば普通に別の話題に切り替わったんだろうけど、スタッフさんが「ポムポムプリンと…」と、さらに絵をリクエストする気だよ。オレにさらなる宿題を積んでいく方向でいくらしい。最終的に選び抜いたキャラクターは、ポムポムプリン、タキシードサム、けろっぴ、マロンクリーム、ぽこぽんの5匹。特にマロンクリームは誕生日の月だから外せないんだとか。でも頭身が高くて難しそう。

キティちゃんもリクエストの数に戸惑う

さすがに唐突に5匹も選び出されたら、暗記だけで済ませてしまうと忘れてしまうよ。まさかのキティちゃんもオレと同じく指で数えて、スタッフさんが言っていたキャラを確認していたぞ。オレはまだしも、キティちゃんがそれでいいのか。

ひとまずiPhoneのメモアプリに記録だけでもしておこう。スタッフさんはオレが突っ込むたびに笑っていたけど、描いたことのないキャラクターを描くのは結構疲れるぞ。

キティちゃんは絵が描ける?

思ったことがあるんだけど、オレからキティちゃんに絵を渡すことが沢山あっても、キティちゃんからオレに絵を見せてもらったりしたことがないよね。まだ子供だけど、キティちゃんの絵の実力もオレだって見る権利くらいあると思うんだ。

突然話したこともあって、残念ながらキティちゃんが戸惑ってしまったよ。期待していたキティちゃん画伯の絵を見ることはできそうにないね。キティちゃん自身が下手だと思っていても、それは他人から見たらカワイイ絵だと思うかもよ。恥ずかしがることはないと思うよ。

浴衣にキティちゃんが落書き

冗談半分でキティちゃんにはルビーちゃんの絵を見せてもらえないか話したよ。難しいと言っているし、これはキティちゃんのチャレンジ精神を見ることはできなさそうか。そうは思ったものの、今まで沢山お話をして信頼を積み重ねてきたからか、オレが着ていた浴衣にキティちゃんが絵を描いてくれたよ。

実はジュエルペットの浴衣を着ていたというのはここだけの秘密。そのジュエルペットの浴衣にルビーちゃんの絵を描いてくれたのだから大事にしないといけないよね。ありがとうキティちゃん。

キティちゃんも気になるカメラ

キティちゃんが描いてくれた絵の話は終えて、キティちゃんがオレが頭に身につけていたカメラに注目し始めたよ。カメラに向かって指を刺したり、遊んだりしていて遊び心があるよね。初めてキティちゃんの前で使ったのは、2月にキティキャッスルでキティちゃんに絵を渡した時だね。

その時のキティちゃんが映っている動画は、驚くことにまだキティちゃん自身が未視聴だったみたい。何故か他のスタッフのお姉さんは視聴していたという逆の現象。キティちゃんにはその動画を観たら絵が上手くなるかもしれないと言って、遠回しに動画視聴を促したよ。ちょっとずる賢いことをしているオレ。

何かを描き出すキティちゃん

カメラの話をしたと思ったら、急にキティちゃんが何かを描き始めたよ。オレに再びルビーちゃんの絵をプレゼントしてくれるのかと思いきや、オレを見ながら描いていたから聞いてみると、やっぱりオレの似顔絵だって。ちょっと恥ずかしいぞ。

そもそもルビーちゃんよりもずっと人間の表情を描く方が難しいと思うんだよね。オレが絵の話ばかりをするから創作意欲が掻き立てられたのかもしれないね。子供の頃から色々なものに興味を持つのはいいことだと思うんだ。

オレが描かれた絵をキティちゃんがプレゼント

数分もしないうちにオレが描かれた絵を完成させたよ。オレよりも完成するのが何倍も早いし、キティちゃんの方が絵の才能がありそう。キティちゃんは知り合いが沢山いそうだし、絵が上手い人に色々と教えてもらったらどうかな。

オレが描いたキティちゃんの絵を本人に渡したように、キティちゃんが描いたオレの絵をオレにプレゼントしてくれたよ。キティちゃんの努力の結晶をありがとう。大事に飾っちゃうか。でも、オレが描かれた絵を大事に飾るのって妙な感じ。それは自身が描かれた絵を沢山持っているであろうキティちゃんも同じ心境かもしれない。あんまり深く考えないようにしよう。

長々と絵の話で盛り上がったところで一旦お別れ。オレの似顔絵を描いてくれてありがとうキティちゃん。またお話ししようね。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL