にっき

十五夜もとい9月10日にカッシーくんと一緒に満月をちょっと意識しながら月見だんごを食べたよ

9月10日は十五夜。十五夜といえば満月で、満月を見ながら月見だんごを食べる日だよ。というわけで、近場の和菓子専門店で月見だんごを買って、満月をちょっと意識しながらカッシーくんと月見だんごを食べたよ。

月見だんごを買った今回の和菓子専門店では、予め予約をしておかないとすぐに月見だんごが売り切れてしまって買うことができないらしい。マクドナルドがお月見イベントを意識して月見バーガーを大々的に売るくらいだし、オレが思った以上にお月見が一大イベントだったんだよ。

お店のおばちゃんに勧められた通り、事前に予約して月見だんごをゲットしてきたよ。予約したものを受け取る日にお店に寄ったら、ご自由に持ち帰っていいというススキをお店の人が気を利かせて用意してくれたんだけど、そんなものを飾ったところでカッシーくんが何も考えずに食べてしまいそうだし、他の人に有効活用してもらおう。

今回買ったの月見だんごは2枚目と3枚目に映っているものだよ。あくまで一人用である1パック5つ入り。あくまでもこれはオレの分だけで、カッシーくんには別に沢山用意してあるから大丈夫。だってこの写真に映っているだけの月見だんごじゃ満足するはずがないもの。

様式美に基づくと、ちゃんとしたものに月見だんごをお供えしたりするんだろうけど、オレはただただ月見だんごを味わいたいので、特にキレイにお供えしたりせずに頂きます。だってそのままにしておいたらカッシーくんが一瞬で食べつくしてしまうもの。これは仕方ないんだ。

月見だんごを食べている時間は、数週間前とは違ってとても過ごしやすくて、とうとう秋が来たかのような空気だったね。そりゃもう月見バーガーや月見だんごを食べたくなる季節になったら8月末や9月前半で、もう残すところは今年は数か月の消化試合だよ。そんなことを教えてくれるのが月見というイベントなのかもしれない。

そんなことを考えると何となく悲しい気持ちになってくるけど、カッシーくんと月見だんごを一緒に食べていれば、そんなことは考えられなくなるんだ。何でって、カッシーくんは目の前にある月見だんごに夢中になって元気に食べていて、オレもその夢中な姿になぜか掃除機のように目を奪われてしまうんだ。中にあんこが入っているだけの小さなお団子というだけの月見だんご。それを必死に食べているカッシーくんをもし月にいるうさぎさん達が見ていたのだとしたら、きっと喜んでいるに違いないよ。ごちそうさまでした。

コメント&トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL