にっき

ジュエルペット きら☆デコッ! 第11話「ピンクの服がないデコ~!」の感想

やる気のないトパーズ

2012年6月16日に放送された第11話。コル美先生がうっかりこぼしてしまった飲み物で服を汚してしまったぴんくのために、ルビーがトパーズのお店に頼み込んだり、トパーズを動かすためにフローラを探し出して、毛を駆ったり駆られたりしたお話だったね。

生き物としての行動をも放棄していたフローラ

争いごとも起こらず、誰の目にも届かない空に浮かぶことを選んだフローラ。地上にある便利な道具やおいしい食べ物、楽しいショッピングなどの娯楽、お風呂やトイレなどのジュエルペットという生き物としての根底をも捨てたんだよ。

女の子としての恥さえも捨て、空の上でトイレを済ませたり、空から降ってくる雨を天然のお風呂として済ませていたのだと思う。フローラ自身はいっていなかったけど、そんな生活からいつか終止符を打ちたかったのだと思う。

でも気づいたころには体中が前作のジュエルペット サンシャインで散々登場した巻き巻きクッキーを連想させるような形で毛まみれになってしまい、自分で毛が刈れない状態になっていたんだよ。そんな状態の中、タイミングよくルビーが来てくれて、毛を刈って自由にしてくれた。これで好きなだけショッピングやお風呂に入れる。終始プライドが高い様子だったけど、内心では感謝しているんじゃないかな。

会員制のお洋服店に出入りする権利を持つルビー

おしゃれに疎そうなルビーがまさかの会員制のお洋服店に入れるなんて驚きだよ。お店で扱っているお洋服はどれも高価そうだけど、ルビーのことだから、買った服をサンマとかの生ものでも容赦なくデコって、異様な服に変身させてしまうに違いないんだ。

そもそも会員制のお店だから、誰かにお店を紹介されたと考えてもよさそう。ガーネットがルビーにセンスのいいお洋服を着るように言われて、お情けで紹介してくれたのだと思う。でも残念ながらガーネットの思惑通りにはいっていないんじゃないかな。ガーネットとルビーのセンスはあまりに違いすぎたんだ。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL