にっき

キラキラハッピー★ひらけ!ここたま 第17話「リボン、はたらきます!」「さよならリボン」の感想

気合い一丁!やる気一丁!

第17話は、オシャレなレストランでウェイトレスがちゃこからリボンに替わって、つまみ食いレストランからとっても熱い雰囲気の江戸前居酒屋になってしまったお話と、リボンが勘違いをして珍しく消極的になってしまうお話の2本立てだったね。

オシャレレストランで江戸っ子店長になりきるリボン

盗み食いが常態化している問題ウェイトレスであるちゃこからリボンになった方が正直安心だよね。ちゃこだといつもつまみ食いされてものを食べさせられて、注文した人が損した気分になるじゃない。その点リボンになってくれれば、ちょっとした注文間違いがあっても、つまみ食いなしでしっかり持ってきてくれる。

まだ問題があるとすれば、オシャレなレストランがラーメン屋や江戸っ子居酒屋になってしまうところ。おしゃれなルビーが相手でも、お水を大きなバケツにぶち込んで持ってきたり、真っ当な2つの注文をジャンプ漫画カフェのメニューのように修正してしまったりね。ウェイトレスとしてはちゃこよりいいけど、リボンに向いているお店はきっと他にある気がするんだ。

色々問題は並べつつも、そんなお店があったらオレはちょくちょく通うよ。水がバケツで持ってきて問題?注文間違いの熱血料理?上等だよ。オレが食べちゃうぞ。

働くリボンに向かってためらいなく悪口を繰り出すピロー

つまみ食いの不正がなくなることを望んでいるかのように、ウェイトレスとしてのリボンを妨害するピロー。「ウェイトレスには向いてないんじゃないかな。」「なんでもやりがたるよね。」「レストランのウェイトレスっていう感じじゃないよね」と、ピローの嫌味のバーゲンセールだよ。一体何が気に食わないのか。

憶測だけど、道の真ん中でも自由に寝られる自由な世界を望むピローとしては、ちゃこが盗み食いしても許される世界を望んでいたのだと思うよ。だから、盗み食いしないリボンがウェイトレスになったことをきっかけに、レストランが真面目な道を歩むことを拒んでいたのかもしれない。

結果的に阻止ができてよかったじゃない。これでピローの自由は守られた。これからも自由が守られるかはともかくとして。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL