にっき

キラキラハッピー★ひらけ!ここたま 第3話「にゃんと!ちゃこ生まれたです!」の感想

恐怖のちゃこ拳法

9月20日に放送された第3話では、リボンとピローに続いて、はるかちゃんが同じく愛用しているティーカップからちゃこが生まれたお話だったね。ちゃこの見た目やティーカップから生まれたという経緯から、落ち着いた女の子かと思いきや、いい意味で裏切られてしまったね。

頭がキレてずる賢かったピロー

部屋を綺麗にするというここたま活動を進んで行うリボン。ここたまとして生まれる前から一番付き合いが長いであろうリボンだからこその、ここたま活動以前に純粋に恩返しがしたいという想いが行動させたに違いないね。

そんなはるかちゃんの恩返しに全力なリボンに対して、何かと頭のキレるピローが手助けをする流れを想像したけど、どうやら違ったね。頑張り屋さんだね。力持ちだね。お相撲さんみたいだね。隊員第一号は違うね。ピローは何かと綺麗事で持ち上げて、リボンにやる気を出させるだけ出させるんだ。そうすることでリボンにやることを全部任せて、その間にピローは隊員としての仕事をサボって夢の世界に浸るんだよ。

まだここたまとして生まれて間もないにもかかわらず、目上の相手に対しての媚びへつらいについて全て理解している気がするんだ。オレは思ったね。ピローはずる賢い。良いように言い換えれば、世渡りがうまい気がするんだ。分かりやすくいえば、表ではとっても性格が良く、裏では札束を数えているような悪い人だよ。ピローは決して油断するな。敵にしちゃいけない。

ずる賢いピローにキレるちゃこ

はるかちゃんが愛用していたティーカップから生まれたちゃこ。ピローのずる賢さが露呈してしまったところで、まさにピローに制裁を与えるべく君臨したと言っても過言ではない気がするんだ。

もしもちゃこがいなかったら、ちゃこの代わりにリボンの分のグミがピローによって犠牲になっていたに違いないんだ。そんなピローのずる賢い行動に制裁を下せるのは、理性を吹き飛ばして暴力を振えるちゃこしかいないよ。ちゃこ拳法という小さなここたまの存在が繰り出す人間並みの暴力は、同じここたまであるピローには荷が重いかもしれない。でもそのくらいのことをしないとピローは懲りないんだよ。

そんなオレの想像を裏切るように、ちゃこが散らかした部屋の様子にはるかちゃんが気づいたところで、ピローだけは寝たふりをして知らんぷりをする様子は悪い子の見本で悪質。ちゃこ拳法による制裁はまだまだ足りないらしい。これからもピローを制裁していこう。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL