にっき

キラキラハッピー★ひらけ!ここたま 第7話「ここたまキャッスルで大さわぎ」の感想

これにて一件落着!

10月18日に放送された第7話。マルメやルビーも加わった5人ものここたま達がここたまキャッスルで生活中に、自分はこうする、私はこうする、そんな具合にみんながやりたいようにやって喧嘩をしてしまい、まさかのはるかちゃんも巻き込まれたひどい目にあってしまうお話。

眠りつつ全て自分の手柄にするピロー

はるかちゃんをも巻き込んだここたま達の喧嘩。ハッピースターを手に入れようとする頃にはみんな反省しつつある中で、ピローに限っては離れた場所で見守ることさえもせずに知らんぷり。

それだけならいいけど、ハッピースターを手に入れたら、「これにて一件落着」なんてぼやいてしまっているんだよ。ピロー以外が頑張って手に入れたハッピースターなのに、最後にピローが持っていった上に、ハッピーシャワーの時のダンスではさりげなくピローも混じっているんだ。いいのかこれで。

ハッピースターが出ないままみんなが喧嘩して大荒れする未来と、今回のように綺麗な未来、どっちが来てもピローが馴染めるように雲隠れしていたんだよ。何話か前の感想で、ピローが媚びへつらいのうまいということを書いたけど、ここでもその力が発揮されたね。

地味ながらも徐々にピローの悪の真実が露呈してきたね。これからもピローが、鍋料理の最中にアクがじわじわと湧くように、悪い部分が露わになる様子を見ていこうよ。

ピアノを改造しても結局変わらないぞ

マルメ自身が迷惑を掛けないように考えたピアノの改造だけど、それだと解決にならないよ。いくら黒板という消せるキャンバスができたところで、マルメが無我夢中で計算式を書き出し始めたら一体どうなるのか。ここたまキャッスル中が計算式で埋め尽くされるまでは、自分が大変なことをしてしまったことに絶対に気づかないよ。

このマルメのどこかネジの飛んだ発想をみんなが聞きながらも、誰もツッコミを入れずに褒めてくれる。よく考えるんだ。マルメはルビーのために、そもそもみんなのためにピアノを改造してくれた。その優しい想いが本心ならツッコミも入れられない。オレは優しさを強く感じた。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL