にっき

キラキラハッピー★ひらけ!ここたま 第4話「アンティークショップは大忙し?」「お母さんをすくえ!」の感想

今回はいつも眠たそうなピロー

9月27日に放送された第4話。リボンがお店について語る時に、まさかのお寿司屋さんを例に出して語り出すお話。ちゃこが黄色のグミを死守したいところに、ピローが釘を刺してしまう闇を垣間見たお話の2本立てだったね。

リボンの謎のお寿司屋さんの知識

アンティークショップの開店中の様子について説明してくれることを望んでいるのに、なぜかお寿司屋さんの様子を語り出すリボン。ピントがズレていたけど、それにしては妙に気持ちがこもっていたし、わざわざ演劇のように演じてみせる丁寧さ。

なぜそこまでリボンは再現できたのか。きっとリボンはピロー達が生まれる前に、お母さん達がテレビに映るドラマやドキュメンタリーなどに映るお寿司屋さんを見て覚えたんだよ。

まだこの程度ならいいけど、このまま昼のドラマにでもハマってしまえば、将来を少し心配してしまうよ。ドロドロとした人間関係。不倫や離婚といった混沌とした単語が当たり前のように飛び出してくる世界。この世界にリボンが染まってしまえば、やがてはピローやちゃこにも染まっていくんだ。あのクレヨンしんちゃんのネネちゃんのように、リアルおままごとが毎日のように繰り広げられるんだよ。

ここたまの世界ではそんな生々しい様子は見たくない。もし生々しい世界になっても、自分の意思を一番強く持っているであろうピローなら食い止めてくれるに違いない。オレは信じてるよ。

ちゃこの痛いところを突くピロー

前回の話から潜んでいる闇が暴かれつつあるピロー。今回もちゃこに対して痛いところを突くセリフが最高だったね。

リボンがちゃこの勢いに流されている中で、ピローだけは切り返して言い返す姿勢。ピローも本心では食べたいという欲求が現れてしまったね。少なくともリボンとは違って、ピローは食べている間にリボンやちゃこが食べるグミが何色かもしっかり目に入れて把握している。頭がキレるどころか、探偵に不可欠な洞察力や記憶力も備えているんだ。しかも眠たい表情をしていながらもその力を発揮している。ピローは恐ろしい。

ピローの前では怪しいことは何もできないんだ。もし疑われるようなことをすれば、ピロー自らが裁きを下す。これから登場するここたまは頭に入れておいてほしいね。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL