にっき

VRChatのおもじゃん部屋で単語の前後にさらに単語を組み合わせて面白い文を作ったよ

7月26日はVRChatのワールド「おもじゃん部屋[改] – Omojan Room」で、単語の前後にさらに単語を組み合わせて面白い文を作ったよ。おもじゃんという大喜利ゲームをVRChat上で再現したワールドで、一度は誰かと一緒にいってみたかったんだけど、偶然にも友達が何人かでおもじゃんで遊んでいるところを見つけたから、お邪魔して遊んだよ。

写真ではこの2枚しか残すことができなかったんだけど、みんな面白い文を作っていて面白かったね。ひとりだけ海外の人も参加していて驚いたよ。恐ろしい日本語力。

おもじゃんのゲームを1枚目の写真で簡単に説明すると、まず「肩こり」というテーマとなるカードが中央に置かれて、ゲーム開始時に持っている単語のカードを「肩こり」の前後に配置して面白い文を作って競うんだよ。今回「肩こり」とあらかじめ持っていた手札から思いついたのが「肩こり」の後に「バナナ」を付けて「肩こりバナナ」だよ。語呂が可愛いし、肩こりで肩をもんだりしているバナナを想像するともっと可愛いよね。面白いとはちょっと違うかもしれないけど。

2枚目の写真ではオレは参加していないけど、なかなか情報量の多い文が多いよね。特に最後の「不老不死のニューウェーブバ美肉」という凝縮された中に、最後の「バ美肉」という語呂の異質さが深みを増しているよね。ちなみにバ美肉というのは略称で、正式名称は「バーチャル美少女受肉」の略。ネットの世界で美少女という肉体を手に入れるという意味だよ。すごい凝縮っぷり。

やり方は慣れたから、また機会があるときに面白い文に作りつつ、友達の面白い文に巡り合ったりしてみたいね。カシカッシーの漫画のネタで思わぬひらめきとか出てくるかもしれないしね。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL