にっき

ME-QでGoogle Pixel 3aのオリジナルなスマートフォンのハードケースをお手軽に作ったよ

3月にスマートフォンをGoogle Pixel 3aに切り替えたよ。切り替えたらすぐに落とした時のためにハードケースを買うところだけど、今回はME-Q(メーク)というサイトでオリジナルのハードケースを作って注文することにしたよ。

ME-Qのスマホデザイン編集画面

ME-Qのウェブサイトから「ME-Qする」選択すると、ハードケース以外にも色々な種類のケースやスマートフォンアクセサリーが作れる画面が出てくるよ。今回は「ハードケース(白・黒・クリア)」を選び、対応機種は「Google Pixel」の「Google Pixel 3a」を選択。すると上のような画面が出てくるよ。

パソコンで観ると、明らかにスマートフォンを意識した編集画面だよね。今回は透明なハードケースに印刷を希望するから、「生地・色を変更」で「Clear」を選択。他にメッセージやスタンプを追加することもできるけど、今回は「写真を追加」をひたすら使うよ。使う素材を一度追加してしまえば、画面上で複製できて、レイヤーを意識するように素材を手前や後ろに持ってきたり、素材を回転させることもできるよ。

今回は端から端までパターンができるように印刷してほしいから、ひたすら複製の操作を繰り返して、本体からはみ出すように配置するよ。上の通り、印刷されない部分は半透明で表示されるんだ。

ちなみにこれは大事なお話。写真を追加するとスマートフォンの印刷面いっぱいに表示されるよね。追加する写真のサイズが小さければ小さいほど、仕上がりが粗くなったりぼやけたようなものになる可能性が高いと思うんだ。なるべくスパートフォンのサイズを意識した大きい写真サイズにした方が仕上がりがよくなると思う。

デザインのセーブ画面

完成させたデザインは保存できるよ。保存したものを呼び出す際は、過去に保存されたデザインの一覧に記されている「ID:XXXXXXXX」のID部分が必要になるから記録しておいた方がいいかも。ただ、どのくらい保存してくれるのか分からないし、ファイルとして保存させてくれないし、ちょっと分かりづらい部分だね。

このデザインで問題なし!決心がついたら注文手続きをするよ。注文したのは3月10日の深夜だったんだけど、ME-Qで発送手続きメールが届いたのは3月12日で、発送元の大阪から自宅に届いたのは13日。ケースが届くのに一週間を切るというハイスピードっぷり。恐ろしい。

完成したスマートフォンのハードケース

これが届いたハードケース。カッシーくん達は外側に印刷されているよ。触る限りだと、手の爪が強くぶつかったりしたら、かすり傷が残ってしまいそうなデリケートさはあるね。内側に印刷してもらった方がそういった問題は防げそうだけど難しそう。

色々文句をつけてしまったけど、オリジナルなハードケースが1つ1,200円で作れて、送料も275円で済んでいるというお得さには驚きだよ。こういうグッズを作る時は大抵50個や100個からでしか作ってもらえないしね。またお世話になるときが来るかも。ありがとうございました。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL