にっき

お茶の水にある同人制作室でカッシーくん達が描かれたフレークシールを沢山作ってきたよ

2019年12月27日は、御茶ノ水駅前にある同人工房でマグカップやマウスパッドを作ったのは覚えてる?その数日後の2019年12月30日は、勢いに乗ってフレークシールも作ったよ。同人制作室という看板を掲げているけど、場所は同人工房のところと同じ。

印刷されたシールをハサミで3等分にするよ

今回作ったのはMサイズという最終的に20枚分になるフレークシールを3シート分作ることにしたよ。つまり60枚分。平日に来たこともあって、1シートあたり150円で済んでいるのが嬉しいね。

マグカップやマウスパッドを作る時のように、事前にフレークシールの原稿を用意してUSBメモリに入れて、それをスタッフさんに渡そう。すると、フレークシールが印刷されたシートを持ってきてくれるから、それを線に沿って3等分にするんだ。マグカップとかを作って多少慣れてきたとはいえ、まだまだ緊張するよ。

くり抜く道具でひたすらくり抜くよ

3等分したら、専用のくり抜く道具を使って、予め示されている線に合わせながら、ひとつずつ丁寧にくり抜くよ。ここからが本番だったね。ひとつひとつくり抜く作業がなかなかの手間なんだ。ひとつのシールをくり抜くこと自体は時間が掛からないのに何でだろう。

この時はやらなかったけど、もしかしたら重ねてくり抜けばもっと効率よくできたのかもしれない。次にシールを作る機会があれば試してみよう。ちなみにそれをやって失敗してもお金は返してくれないから気を付けてね。

時間が掛かった末にフレークシールが完成

そんなわけでひとつずつくり抜いて完成したフレークシールだよ。カッシーくんが30枚、ボタンちゃんとミントくんがそれぞれ15枚。地味ながらも大変だったね。お疲れさまでした。そして色々教えてくれたスタッフさんもありがとうございました。

数か月前に行われた新春けもケット6で本を買ってくれた人にプレゼントするつもりだったけど、うっかり忘れてしまったんだ。悲しい。今は新型コロナウイルスで慌ただしいけど、落ち着いてイベントに参加できる機会にプレゼントできたらいいね。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL