にっき

ジュエルペット きら☆デコッ! 第25話「サンマ村でギンギラギンデコ~!」の感想

コールのお尻に角を差してしまったオパール

2012年9月22日に放送された第25話。コールが蹴り飛ばしたデコストーンのおかげで、ギンギラギンに輝いたサンマたちが暮らすサンマ村にお邪魔したり、デコストーンの影響でサンマたちの体から湧き出る過剰な油を出すためにダンスをしたりするお話。

サフィーでさえも未開拓なサンマ村

ジュエルタウンとは別に存在したサンマだけが暮すサンマ村。ぴんくがサンマ村の存在を聞いた時の「あったのよ。」という素っ気ない反応が気になるよね。サフィーはサンマ村の所在自体は知っていても、村までの道が険しすぎて、現地までたどり着いたことがないのだと思う。サフィーちゃんがサンマ村にいる間、この場所を研究したいということをぼやいてもいたし、ルビーのように表に出さなくとも、内心では興奮していたんだよ。

道が険しくてたどり着けない辺境の場所のようなことを書いてしまったけど、サンマ村でのろしを上げたら、すぐに大きいヘリがやってきたよね。ジュエルタウンでは見られなかったテレビやテレビ局まで存在するし、辺境の地でありながらもジュエルタウン以上に発展している気がするんだ。ますます謎が深まるよ。

ルビーがサンマ村を破壊していたかもしれない未来

サンマのみんなから王様扱いされていたルビー。サンマのみんなからあんなに称えられたら、そりゃ体中に現れるように興奮してしまうよ。いきなりやってきたルビーを出迎えたあとは、サンマ村でのテレビ局から色々なインタビューを受けたり、沢山のサンマたちから色紙にサインをお願いされたりするんだよ。

いや、サンマ村のみんなが自身を食べてもらうことに喜びを感じているのだから、サイン替わりに自分自身を焼いて食べられることを望むのかもしれない。そんなことを考えると、ルビーに村人であるサンマたちが全て食べられて、誰一人と存在しない廃墟と化したサンマ村の未来が思い浮かんでしまうんだ。

それなら、サンマーライオン様の像が壊れてしまった今の未来の方がよかった気がする。村長やしのぶたちのお別れの声を聞かずにガツガツとルビーが食べてしまう未来より、夜空に村長たちが旅経つ様子を見守りつつもしっかりお別れをする未来の方がいいじゃない。

コールを許してあげて

コールが勢い余って蹴った石がデコストーンだったんだよ。でもこれは仕方ないんだよ。コールのおしりにオパールの角をぶちこまれてしまうというハプニングが起きてしまって、痛みのおかげで冷静な判断ができなかったんだからね。

コールもオパールのことをあんまり責めないであげて。コールのおしりに角をぶちこんでしまって、綺麗な角が汚れてしまったんだよ。でもオパールはそのことには一切触れずに、コールを慰めてくれているのだから。何かとプライドの高いオパールがこの調子なのだから、コールによっぽどの信頼を寄せているのが分かった回だったね。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL