にっき

ジュエルペット きら☆デコッ! 第19話「スウィーツペット大集合デコ~!」の感想

ぬか漬けしたきゅうりをおいしく食べるルビー

2012年8月11日に放送された第19話。星見の夜にスウィーツペット達やルビー達が天の川にお菓子を奉納するお話。天の川が虫歯を治すために、サフィーがロケットを使ったり、ルビー達が一斉に魔法を使ったり、まさに夏のように熱い展開だったね。

スウィーツペットたちを漬物石として再利用するルビー

ルビーは何でも再利用していくんだね。デコストーンをただ綺麗に飾るだけではなく、漬物石としても再利用したように、元々甘くて可愛いかったスウィーツペットでさえも、石化したら容赦はなかった。

デコストーンでぬか漬けがおいしくなった経験から、ルビーは味を占めたんだよ。もっとぬか漬けをおいしくしたい。そんなタイミングをずっと見計らっていたんだよ。それこそがスウィーツペットが石化した時だよ。デコストーンのようにずっしりとした重さ。石化したさくらんを乗せることで、モチモチとした甘い舌ざわりになるのかもしれない。ドナドナやメロリーナたちを乗せたら、それぞれのスウィーツペット達の特性がぬか漬けに宿るかもしれない。ルビーは頭の中では色々な味が楽しめることを期待しているんだよ。もはやスウィーツペットをぬか漬けを作るときに使うアイテム同然だよ。

いずれ次のステップに到達するかもしれない。もはや漬物石を応用するのではなく、スウィーツペットやジュエルペット達を一緒にぬか漬けにすることで、味の変化を楽しんでいく。ルビーのたくらみは増していく一方だね。

黒のすばらしさを説くコール

いくらコールが黒のすばらしさを説くために、黒いわたがしを月見の夜に披露したり、天の川に強引に食べさせようとしても、そのわたがしは万人に受け入れられないんだよ。

どんな味かは知らないけど、レッドを想像してしまうような、汗水が存分に染みついていて、ジメジメとした努力の結晶の味がするような黒いわたがしなんだ。コールほどの熱意のある人なんて滅多にいないし、そもそも努力を知らないオパールがそんな味を受け入れられるはずがないよ。コールは受け入れよう。

警察が替わってほしいという願い

天の川から流れ星が流れている最中にどんでもない声が聞こえたんだ。ラブラ達の自宅警察官の配下にいる住民たちの悲鳴が。オレが知らないだけで、外道な警察官が毎日誰かを逮捕しているのだと思う。視聴者の代弁役としてでは物足りず、ただでさえ平和で何もすることがないのだから、何かしら理由を付けて逮捕をすることを生きがいにしてしまっているのかもしれない。

ジュエルタウンといえど、みんなジュエルペットのように魔法が使えるわけでもないわけだから、魔法が使えるラブラ達が暇つぶしに警察をやっているような状況は危険だよ。ラブラ達が気に入らないことが起きれば、容赦なく魔法で制裁が下る。まさに恐怖政治。それがまかり通ってしまうのか。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL