にっき

ジュエルペット きら☆デコッ! 第3話「ダークエンジェルコール様デコ~!」の感想

舞い踊るコール

2012年4月21日に放送された第3話。キラデコ5の敵で、なおかつデコストーンを先に手に入れようとする、デコラナインの一人のコールが初登場したお話だったね。そして、初めてミラーボールのかけらとなるデコストーンを手に入れたお話でもあったね。

アニメの治安を守るエンジェラとラブラ

前回は警察としてほとんど働いていないどころか、ジュエルランドを壊そうとしていたラブラとエンジェラが、視聴者の目線に立ってレッドの行動を止めていたのが印象に残っているよ。

今になって分かったよ。あの時のレッドの行動をだれも止める人がいなかったときこそ、ラブラとエンジェラの真骨頂なのだと。ジュエルランドの治安を守ることなんてどうでもよくて、テレビの前にいる視聴者の治安を守る立場にいるんだよ。

ラブラとエンジェラにとっては本当の厄介者が一人増えたような感覚だよね。これからは視聴者の代弁役として、レッドの暴走を食い止めてほしいよ。

主人公たちの手助けをする悪役のコール

コールの仲間として手懐けたオパールとイオは、オパールはにっくきルビーをコテンパンにするために利用しているように見えるし、イオからも「あいつ、ざこだっち?」なんて言われてしまっていたよね。

問題のルビーとその一行は、コールのことを悪い相手だとは思わず、コールのなすことの殆どが裏目に出てしまったおかげで、良い相手だと思われているし。ポジティブ思考なルビーを恐怖に陥れるには、並大抵の力ではどうにもならないんじゃないかな。

今回のジュエルペットのシリーズは、コールがどう変わっていくか見守っていくのが楽しみになるかもしれない。またひとつ見どころが増えてしまったね。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL