にっき

「さのまると夏あそび! in さの秀郷まつり」でたかたのゆめちゃんに見守られながらボウリングをしてきたよ

8月10日は、栃木県は佐野市で行われる「さのまると夏あそび! in さの秀郷まつり」に行って、たかたのゆめちゃんに見守られながらボウリングゲームをしてきたよ。会場に向かう最中に、さのまるくんやふっかちゃんと一緒に電車に乗って向かうこともできたし、凝縮された一日だったね。

さのまるくんやふっかちゃんと一緒に佐野駅へ

いつものように自転車で向かうことも考えたけど、さすがに夜中まで行われるイベントだし、館林駅から佐野駅までさのまるくんやふっかちゃんと一緒に電車で迎えるということを知っていたら、真っ先に電車を使うよね。というわけで、さのまるくん達が一緒に乗ることになっている13時ちょうど発の電車を待ったんだ。

ふっかちゃん達は佐野駅から来る折り返しの電車から来るのかと思って、 駅の待合室で待っていると、 駅のホームの南側から突如としてやってきたんだ。さのまるくん達の周りは人だらけ。さすが過去にグランプリに輝いたことのあるゆるキャラだよ。

さのまるくんのところへふっかちゃんが近寄ると、さのまるくんの写真を撮ろうとしているところを邪魔をするように、何の抵抗もなくふっかちゃんが前に出て遮って来たんだ。ふっかちゃんの妨害に対抗するように、持っている切符で叩こうとするさのまるくん。人気のある者同士、色々な戦いがあるのかもしれない。オレはその貴重な場面を見てしまったんだ。恐ろしい。

沢山の人たちに囲まれながら、次にさのまるくん達が向かった場所は、東武佐野線ホームの電車の正面が見えるほどの真ん前。度々見られるふっかちゃんがおまんじゅうのように座ったり、さのまるくんとふっかちゃんがギュっとハグをする様子が観られたんだ。

よく考えてみれば、群馬県にある館林駅で、栃木県のキャラクターであるさのまるくんと、埼玉県のキャラクターであるふっかちゃんがギュっとハグを交わしているんだよね。色々と考え深いものを感じるんだ。

13時ちょうどの葛生行きの電車はそろそろ発車時間。さのまるくん達は電車の中に乗り込んでいくよ。ただ、さのまるくん達には電車の扉はあまりに狭すぎたんだ。乗る様子は見てなかったけど、ふっかちゃんはきっと大変だったんじゃないかな。

電車に乗れば、さのまるくんの隣にいた付き添いのお姉さんに横から体重を乗せたり、沢山のギャラリーの前で甘えて見せたりと、はしゃぎ放題。 そろそろ佐野駅に着くというところで付き添いのお姉さんがいうんだ。みんなが見ない普段のさのまるくんはこんなに可愛くないんだって。オレたちの知らない裏のさのまるくん。オレはとっても気になる。

佐野駅に着いて、ふっかちゃん達は電車をお見送り。階段を登って、2人とも改札を通るときに駅員さんに切符を渡して通るよ。改札を通ろうにも、2人の周りには人だらけでなかなか進まないんだ。これがゆるキャラグランプリ上位キャラクター達の力か。

そしてゆるキャラたちが改札を通る瞬間。小さなお友達から大きなお友達まで周りに囲まれた中で、さのまるくん達が切符を受け取るところは、駅員さんも安定した満面の笑み。そして改札から出たら、そこには待機していた沢山のギャラリーたち。恐ろしい。

佐野駅の外に出てみれば、まだお祭りが始まるまでに時間があるとはいえ、既に周りがお祭りムードだよ。さのまるくん達が向かったのは、佐野駅前の大広場。そこで東武鉄道やJRの帽子をかぶって記念撮影。

ふっかちゃんは自然だけど、さのまるくんはもう頭にラーメンのお椀が乗っているのに、さらに帽子をかぶっていくところがなかなかの欲張りっぷり。

もっと大きいものを被りたい!そんなことを想像しているんじゃないかと頭の中で考えながら、さのまるくん達が噴水前で座る様子を眺めつつ、佐野市役所の中まで歩いていく様子を見送ったよ。ありがとうさのまるくんたち。

たかたのゆめちゃん達に見守られつつボウリングをしよう

さのまるくん達とお別れをして数時間後には、たかたのゆめちゃん達に見守られながらボウリングができるゲームが始まるんだ。実際のボウリングと違って、ボウリングのピンとなる存在にはそれぞれ点数が振ってあって、それをラグビーボールで転がして倒すと点数が加算されるルールだよ。

あらかじめ佐野市役所で申し込んでおく必要があるよ。最初は大人が参加できないゲームだと思っていたんだけど、普通に申し込めてしまったよ。わかった。大人の一人としてオレは本気を出すよ。

申し込みをすると、1枚目にあるような首にかけられるカードがもらえるよ。なまえのところにちゃんと書いて、所定の場所に待機しておこう。

ここでまさかの大人参加がオレだけということが判明。ステージの前に立つことになれば、子供たちの綺麗な背の高さの並びが見られるのかと思いきや、オレがその並びを破壊するように存在しているんだ。

とうとうオレの番が来て、司会の人に突っ込まれるほどにスタッフの人に問いただしながらも慎重に投げていく。結果はいうまでもないよね。10点。奥には高得点のピンがあったから、それに目がくらんでしまったんだ。素直に点配分の少ないピンを沢山倒せばよかったのに。悲しい。

オレが加わったのはAグループのたかたのゆめちゃんのところで、最終的な全体のスコアはどうだったかというと、まさかのグループ全員同じスコア。これは本当に偶然なのか。大人としてのオレが酷いスコアを叩き出してしまったのは、ゆるキャラたちの何らかの力で導いてくれた結果なのかもしれない。

佐野のグルメも忘れずに

佐野ラーメンやイモフライなどのB級グルメも忘れちゃいけないよね。お祭り会場に来た以上は全てをコンプリートするよ。でも今更ながら黒から揚げの存在は初耳。

安定の佐野ラーメン。今回は佐野駅前にある日光軒にお世話になったよ。さっぱりしているのが佐野ラーメンの特徴だよね。オレの記憶があやふやだけど、スープが少しぬるかったような気がする。猫舌のオレとしては嬉しいことだけどね。

そしてお祭り会場に欠かせないイモフライと黒から揚げ。家の中で食べると大した事なさそうだけど、お祭り会場という熱い空気の中で食べるサクサクとした触感は病みつきになるね。これは極端かもしれないけど、これを食べてようやく夏を迎えられる気がするんだ。

ありがとうさのまるくん達

まだまだお祭りはこれからというところだけど、翌日はコミックマーケット96の3日目でサークル参加しないといけないから、体力温存のために早めに帰ることにするよ。

バイバイさのまるくん達

ありがとうさのまるくん達。ちなみにこの時間でも電車の本数が少ないから、ホームに向かう最中に電車がいってしまって、30分近く待つ羽目になったよ。この日ばかりは臨時で電車欲しいね。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL