にっき

かみさまみならい ヒミツのここたま 第84話「キラリスVS青山くん」「開催!ここたま大運動会」の感想

玉と一緒に投げられるパリーヌ

第84話では、ケーキ屋さんの新作ケーキのPRショットを撮る事になって、青山くんとキラリスとの見えない関係で写真のセンス勝負が繰り広げられたお話と、こころちゃん達が運動会で頑張る姿を見て、ラキたま達も見習って、ノラたま達も混じえて運動会をしたお話の2本立てだったね。

大事なことを忘れる青山くんとキラリス

青山くんもキラリスも本来の目的を忘れていたね。あくまでもケーキが主役だということを。店主のお姉さんに青山くんが無理くりお願いしていた段階で既に決まっていたんだよ。どんなに青山くんが綺麗に写真を撮ろうとも、ケーキ以外のみんなの笑顔はバッサリ切り取るという考えが。せっかく用意された衣装をキラリスが魔法を掛けてまで気持ちを込めたのに、写った部分は手の部分だけ。

青山くんのコンクール入賞アピールも、ケーキ屋さんのお姉さんには殆ど届かなかった。最低限のカメラ知識があって、そこそこピントの合った写真が取れる力があればそれでいい。青山くんにはその程度しか求めていなかったんだよ。そんな期待されていなかった青山くんと、意地とプライドでバトルしていたキラリスが虚しい。青山くんとキラリスは、あらかじめ用意された悲惨な運命の道を歩かされていただけに過ぎなかった。これが大人の世界の非情さ。悲しい。

ラキたま達はノラたま達が大健闘する姿を見たかっただけでは

ノラたま達と出会った間もなかった頃と違って変わったね。当時はノラたま達に良いように乗せられていたけど、今では逆になることが多い気がするんだ。特に今回は、おシャキが食べ物でノラたま達を釣って、釣られたノラたま達が一番森に盛り上がって、最後はノラたま達を我に返らせるような目線で現実に戻らせて、優勝商品は全く受け取らずに帰っていくという、まさに特に特をした流れ。

あまりに綺麗な流れ。全部ラキたま達による計画だったんだよ。まさにコロセウムでラキたま達が観客席に座り、ステージではノラたま達がただひたすらラキたま達に対して楽しませていたかのよう。一番頭が冴えているおシャキ以外のみんなもノラたま達の行動パターンを見切っているんだ。オレだってノラたま達の行動パターンが何となく分かっているのだから、それだけ行動パターンが単純なのかもしれない。このままだとノラたま達がラキたま達のただの使いっ走りになってしまうぞ。早く何とかしないと。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL