にっき

かみさまみならい ヒミツのここたま 第23話「めざせアイドル!」の感想

魔法をかけすぎたパリーヌたち

第23話では、アイドルを目指すケイトちゃんをこころちゃん達が全力で応援するお話だったね。みんなが誰しも味わう挫折だけど、こころちゃん達のおかげですぐに突破できたし、スカウトまでされたんだ。まさにこころちゃん達のクラスが一体になったからこそなし得た結果。

ゲラチョはスタントマンを目指そう

オーディションでも何でもそう。まずは目立って目に止まってからだよね。さすがゲラチョ。でもケイトちゃんが目指しているのはアイドル。ゲラチョはアイドルもお笑いの一つだと思っているんだよ。やることなすこと全部お笑いに繋げる。せっかくのエンターテイナーとしての期待もゲラチョがごっそり落としていく。そしてこころちゃんの部屋の温度も寒くしていく。

エンターテイナーとしてのセンスはともかくとして、運動神経は抜群だよね。だって、こころちゃんにアドバイスしている最中の、器用にステージから落ちる様子を見た?ただ落ちるだけでいいのに、頭から落ちるだけでなく、何回転もしているんだよ。

ゲラチョの運動神経の資質については未知数だけど、きっと宙返りとかの体操競技も難なくこなしそう。脳筋気味なゲラチョだからこそ、お笑いスタントマンという道を歩もうよ。滑り芸をしながら、爆発に巻き込まれていくシチュエーション。なかなかシュールで面白いと思うんだ。

ゲラチョのあまりの寒い芸風にパリーヌがぶった切る

ゲラチョの天然なすべり芸にラキたまはドン引き。周りのメロリーやモグタンもきっとドン引きしていたと思う。でもそれ以上に冷たい態度を取っていたここたまがいたんだよ。それはパリーヌ。

パリーヌは思った以上に冷たかったんだ。ゲラチョの滑り芸に顔で気持ちを表すことさえもせずにこころちゃんに本当のオーディションを聞き返す。そう、アイドルのオーディションは歌が大事だということをね。こころちゃんに伝えつつも、ゲラチョにもオーディションはこういうものだということを知らしめているんだ。あんな恐がりなパリーヌが、口でこれほどまでにゲラチョを叩きのめすなんて。恐ろしいぞ。でもきっとゲラチョはそのことに気づかないんだ。この高度なパリーヌの意図に。でもいつか気づいてくれる。数十年後に。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL