にっき

予定外のしゃぶしゃぶという名の新年会をやってエキサイトしてきた

昨日は古い友人4人とかなり遅い新年会という名のモーモーパラダイスで鍋をする予定だったけど、客寄せしている人に釣られて、しゃぶしゃぶのお店に行く事になったよ。お店の名前は後で友人に聞いたんだけど、美の邸という名前だって。

しゃぶしゃぶって熱いお湯にお肉を浸して、ゆであがったお肉を色んなタレに付けて食べるんだっけ?焼肉はよく食べてるけど、肉を茹でたりする事はあまり無いもので、そういう意味でしゃぶしゃぶというか鍋モノは楽しみ。

予定外の店に決まったものだから、どのメニューを注文したとか全く覚えずにひたすらお肉や野菜を食べていたような。確かお肉と野菜と色んな飲み物が確か3時間は無制限で注文できて、それで3000円だったと思うけど、これって安いの?

テーブルが小さくとも食えるうちはひたすら食う

客寄せの人に誘導されてお店にしゃぶしゃぶのお店にたどり着いたぞ。

しゃぶしゃぶをしたテーブル

早速テーブルの前に座って、お肉や野菜や鍋が来ると、テーブルが小さいような気がしてきた。これでオレ達はやっていけるのか。

それにしても、肉が盛られている箱が面白い。1つの場所に5段くらい積み上がっていて、まるでそばやうどんを盛る入れ物のよう。なぜかジェンガを思い出す。本当にジェンガみたいなことはしてないよ。

食べていくうちに汚れていく汁

しゃぶしゃぶをするためのものや材料は全て揃った。さあ早速肉や野菜を鍋の中の汁にぶち込んで食べ尽くそう。

しゃぶしゃぶの鍋に手をつける前

ガシガシとお肉や野菜を入れて、ゆで上がったらタレに浸して口に運ぶ作業をひたすら続ける。暫く無言が続く。

そうか、これが新年会か。ひたすら食べまくって胃が悲鳴をあげないレベルまで食べて、最終的に胃がおかしくならずに家に帰って寝る事が出来た人が勝者というチキンレースが知らないうちに始まっていたか。

お肉が最初に来たときは、あのそばやうどんが入っていそうな箱が10箱くらいはあったはずなのに、あっという間に空っぽになって、その度に店員を呼んでお肉を補充してもらう。野菜も大きなお皿1枚分だけでは一度に入れる事を考えても少なくて、入れたらすぐに野菜補充を頼むというハイペース。鍋奉行である鍋プロがいたおかげか、ハイペースに拍車を掛けた。

ただ、残り時間が少なくなってくるとさすがにペースも落ちてくる。オレもペースが落ちてきていて、ふと鍋の中の汁を見渡してみると、酷く汚れていたよ。これがオレ達が戦った証というものなんだなあ。

しゃぶしゃぶの鍋でお肉を食らい尽くした後

しゃぶしゃぶはお肉をくぐらせたりしていると、どんどん汁が汚れてくるとは聞いていたけど、こんな感じに汚れるんだね。汁自体は沸騰していて暖かいけど、だしの素である昆布も水分を吸ってしまって巨大化。これは汁として機能していなさそう。

みんながお腹が膨れてくると会話が弾んでくるんだよなあ。例によって下品で臭い会話。例え他の人が何か食べていようとも、下品な会話をするということに対する羞恥心は一切無いのだ。

時間が迫ってくると、まだ余っているお肉や野菜を全て消化して店から出たよ。ごちそうさまでした。

ホッピングしながらシャワー!と言ってオーダー

デザートタイムという名の二次会はサーティーワンアイスクリーム。前にも書いたかもしれないけど、例によって鍋奉行の人がいつものように面白い注文方法をやらかした。

ホッピングシャワーを注文したんだけど、ビョヨーンビョヨーンとジャンプしながらシャワー!シャワー!と言えば、ホッピングシャワーが欲しいという事が通じるんだよね。だけどオレには無理だった。一度はやってみたいんだけどなあ。

食べ終わったらゆっくり駅に向かって解散。予定外の流れだったけど、しゃぶしゃぶも美味しかったよ。鍋奉行の人ありがとう。

ちなみに、参加した4人のうち2人は家に帰ってから胃がおかしくなった模様。本当に食べ過ぎちゃったか。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL