にっき

VRChat上のお友達から自家製のおいしい料理を振舞われておいしく頂いてきたよ

7月22日はVRChat上のお友達が振舞ってくれた自家製のお料理をおいしく頂いてきたよ。どうやらとてもお料理が得意な方らしく、この日が来るまでにどんな食べ物が好みかを入念に聞かれたりして、まさに相手が喜ぶような最高のおもてなしができるように下準備をしてくれていたようなんだ。本当にありがとうございます。

オレが色々いうより、とりあえず画像でこの方が振舞ってくれた料理を見てみてよ。左上の画像から順番に振舞ってくれて、まず最初はまさに居酒屋のように登場したお通しのようなもの。さっぱりしているし、お通しと思えないようなボリュームとクオリティ。そこから少しずつ食べ物がやってきて、最後はカレーでフィニッシュ。これだけ豪華だったのに、最後のカレーがオレの胃のキャパシティーの問題で全部食べられなかったのだけは惜しいんだ。ごめんなさい。

どれも個性的でおいしかったんだけど、オレはシンプルにからあげ(2枚目)としょうゆの味が五臓六腑に染み渡るおにぎりやお味噌汁(4枚目)がよかったね。こういう素朴なのがいいんだよ。ちなみに当然のようにからあげはスーパーのお総菜コーナーで買ってきたものではなく、丁寧に油で揚げてくれたものだよ。

そうそう、最後のカレーなんだけど、実は全部自力で作ったというよりも、ヘルシオのホットクックのような、必要な材料を入れてスイッチを入れたら勝手に調理してくれる専用のお鍋のおかげなんだって。料理に手慣れている方から結構なセールスを受けたので、ここにもちょっとした宣伝を書いておくよ。手間とか時間とかある程度大変なことはこのお鍋がやってくれて、まるでご飯を勝手に炊いてくれる炊飯器のように使えるようだから、みんなも検討してみよう。

そんなこんなで、沢山のお料理をごちそういただきありがとうございました。写真としては残し忘れてしまったけど、お気持ち程度にポストカードサイズのイラストをプレゼントしてオレは帰ったよ。また機会があったらまた豪華なご馳走を食べてみたいね。

コメント&トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL