にっき

VRChatで冬景色の中で温泉に浸かったりサウナに入ったりした後にヴァリアライドでライドアトラクションを楽しんできたよ

2021年の11月24日はVRChatで友達と「遠郷の冬めく処」で色々な露天風呂に浸かったり、サウナで熱々になった後に牛乳を一気飲みしたり、旅館でぬくぬくとみかんやポテチを食べつつビールも飲んだりしてきたよ。それだけに留まらず、ヴァリアライドで再び悪役たちの日常を覗いてきたよ。

まず向かった「遠郷の冬めく処」。普通の露天風呂や大きな樽に注がれる温泉、そう来たらサウナも当然のようにあって、こたつ付きのお部屋でお酒を飲んだりもできる冬の中のリゾート地のようだったよ。ここにいると日光とか鬼怒川を思い出してしまってついつい行きたくなるよ。あっちも山が連なっていて雪が積もっているんじゃないのかな。今や鬼怒川の方は廃墟として有名になってしまったけど、バブル期の頃はそこら中の団体のお客さんたちがワイワイガヤガヤと賑わっていたんだろうね。

ここのワールドに入れる最大人数は40人だから、バブル期の鬼怒川や日光の賑やかな様子もやろうと思えば再現できそうだよね。オレは静かな場所が好きな方だけど、こういう大きな旅館となれば賑やかな光景も魅力的だよね。今回は少人数で回って牛乳やお酒をゴクゴクとしつつ露天風呂やサウナに入ってくつろいできたんだ。いいワールドをありがとう。

癒されて続いて向かったのは以前にも回った「ヴァリアライド」。旅館で温泉に浸かったりして温まった後にヴァリアライドに乗ると、まるで旅館の施設の一部となっているアトラクションを楽しんでいる気分になって、VRといえどもより現実的な非日常感が湧いてきて好きだね。悪役たちの日常を見終えたら、ホカホカな体でお土産コーナーを巡るのも素敵。旅館の中の広い広いお土産コーナーを巡っているみたい。

のあとはあらかじめ数人でプレイしている最中のUNOのワールドにお邪魔して、そこに混じってUNOをしたりと、まるで修学旅行気分。色々想像を膨らませていると懐かしくなってくるね。そんなこんなでオレが色々と懐かしさに浸りながら解散したよ。お疲れさまでした。

コメント&トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL