にっき

VRChatのPROJECT : SUMMER FLAREにいって考え深い大きなプロジェクトを成してきたよ

10月4日はVRChatのワールド「PROJECT : SUMMER FLARE」に友達といって、考え深い大きなプロジェクトを成してきたよ。ストーリーがよく練られているワールドというだけあって、考察がされている記事もあるよ。そんなワールドだけあって、初見プレイを大事にしたい人はこの記事を見ない方がいいかもしれないよ。

この記事でストーリーの考察をするのかと思った人は残念でした。パッションでプレイをしていたから、ストーリーはほとんど頭に入っていないよ。そんなオレが印象に残っているのは、数々のアクション要素が高難易度だということだよ。

高難易度なアクションの中で特に挫折しかけたのは、前半のアスレチックのような登る必要がある空間。デスクトップモードでの操作は想定していなくて、VRのコントローラーを使わないと突破できないと思う。さらに、物を掴んだりするときは慎重にならないと、掴み損ねて落下してしまうんだ。落下してゲームオーバーになったりはしないものの、地上の位置からやり直しだよ。ゲームが上手い友達が一緒にいたおかげで突破できたものの、その友達も途中で疲れかけていたからね。このワールドを突破しようと思う人は覚悟して挑もう。

話は変わって、このワールドに入ってすぐ目の前にある水族館の中はよくできていたよ。ほのぼのとしたBGMが流れている中で、まったりと水槽の中で泳いでいる魚たちを見ていた頃が懐かしい。ゲームの真相に興味はなくとも、あの水族館の中の時間が止まったような感覚を味わうのも良いと思うんだ。

もしひとりだけでプレイしていたら本当に水族館を味わうだけになっていたと思うよ。数々の高難易度のアスレチックを突破していく中で何度も心が折れそうになったけど、全ての真相を解き明かせたのは友達のおかげだね。ありがとうございました。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL