にっき

夕やけ小やけふれあいの里でクリスマスのイルミネーションの中でムッちゃんたちに会えたよ

2017年の12月2日は、東京都は八王子市にある夕やけ小やけふれあいの里で、クリスマスのイルミネーションが綺麗に輝いている中でムッちゃん達と会うことができたよ。山奥の場所だから寒かったけど、ムッちゃん達の触れ合えたおかげでとっても暖かい気持ちになれたんだ。

夕やけ小やけふれあいの里に広がるイルミネーション

京王線・JR中央線の高尾駅北口から出ている西東京バス陣馬高原下行きで30分ほど揺られながら「夕焼小焼」バス停で降りればすぐだよ。

雪だるまのステッキを持つムッちゃんから漂う魔法使い感

この時期の夕やけ小やけふれあいの里では、クリスマスのイルミネーションが園内で飾られていて、真っ暗な中でもイルミネーションが明るくしてくれているよ。そんな中でムッちゃん達がイルミネーションに馴染むようにサンタの姿になってやってきたよ。

ムッちゃんファンがムッちゃんに買い与えてくれた、てっぺんの雪だるまが輝くスティックライト。それでオレの小さなビデオカメラに、まるでカメラ目線で魔法を掛けるようにグルグルと手を振りながら寄ってきたよ。

魔法使い感がすごいですね。思わずオレが突っ込んだんだ。どんな魔法を掛けてくれたんだろう。聞いてもはぐらかされそう。でもいつどんな良いことが来るか分からないという楽しみが生まれたことは間違いないよね。オレの心を弄んでいくムッちゃん。

そう思ってムッちゃんの様子を見ていると、うんちに絡めた魔法で空気を下品にするという、ここ一帯のクリスマスの空気を破壊し始めたよ。いくらファンの人が、天辺の雪だるまがうんちのようだとツッコミが入ったからといって、ここまでうんちで攻めなくてもいいのに。さっきオレに掛けてくれた魔法もあまり期待しない方がいいのかもしれないね。恐ろしい。

お腹を空かせるムサ尾さん

ムサ尾さんはどうやらお腹を空かせているみたいで、お食事処の「いろはりだ」の目に前にある屋台に目を向け始めたよ。並べられているのは、豚汁やお汁粉、そして炭火で程よく焼かれたお団子。色んな食べ物が揃っているよ。

ムサ尾さんが気になっているのはお汁粉。豚汁もいいけど、甘いもので暖まるというのもいいよね。山の中ということもあって特に寒いし、こんな美味しそうなものが並んでいたら誘惑に負けてしまうよ。

いろりばたで食べる山菜うどん

ムサ尾さんがお腹を空かせてきたところで、一旦ムッちゃん達とはお別れ。ありがとう。ムッちゃん達がお汁粉や豚汁を食べている間に、オレはお食事処の「いろはりだ」で山菜そばを食べることにするよ。

お食事処「いろはりだ」の山菜そば

この土地ならではの食材がふんだんに使われているおそばだよ。山菜特有の自然の香りがなおのこと食欲をそそるね。大盛りにできれば大盛りにしておけばよかったよ。あっという間に完食。ごちそうさまでした。

ムサ尾さんのしっぽに刺さる雪だるまステッキ

食べ終わって、同じテーブルに座る人と雑談をしながらムッちゃん達を待っていると、こっそりと後ろの方でムッちゃん達がお店から出てきたよ。お店の中は暖かくて快適だけど、そろそろお店から抜けよう。

雪だるまで殴るムサ尾さん

いつの間にかムサ尾さんの尻尾に刺さっていた天辺の雪だるまが光るステッキ。刺さるステッキにムッちゃんが気づくと、オレを含むギャラリーのみんなに見えるように指を刺したり、足で蹴ったりして、小馬鹿にし始めたよ。

雪だるまがうんちのように見えるということで、ギャラリーから”雪だるま”とは言わず、”うんち”という声が響き、ムサ尾さんから尚のこと恥ずかしさが溢れ出すよ。

ムッちゃん、そこまで弄って大丈夫なのか。そう思っていた最中、ムッちゃん自身が弄った責任を取るように、ムサ尾さんの尻尾に刺さっているステッキが優しく取ってくれていたよ。やっぱり程度をしっかり弁えているんだよ。

でもムサ尾さんは根に持っていたらしい。恩を仇で返すように、ムサ尾さんはムッちゃんの目を雪だるまのステッキで何度も叩いてみせたんだ。しかも堂々と故意にやったことを自白するどころか、ムッちゃんからお叱りを受けても、ステッキでムッちゃんの胸元の鈴を鳴らしてはぐらかす有様。これがムサ尾さんの正体なのか。

小さなビデオカメラの周りで雪だるまをぐるぐる

さっきはオレが構えていた小さなビデオカメラを雪だるまのステッキで突っついて弄ってきたムッちゃんだけど、今度はムサ尾さんも気になり始めたんだ。

カメラに向かってステッキをグルグルと回してみたら。ムサ尾さんに向けてムッちゃんからの提案。ただカメラに向かって雪だるまで突くだけだとつまらないよ。グルグルと回してみたら、もっと映えて映るんじゃない?ムサ尾さんに対して悪いことをしたムッちゃんの思いやりをここでも感じるよ。これがリーダーとしての器か。

そしてムサ尾さんが他の場所に目を向けた隙に、リーダーであるムッちゃんがとことんビデオカメラ目線でアピールを積極的にしていく。さっきまでムサ尾さんの時以上の時間を使って、カメラ目線で指を指したり、お口を近づいて見せたり、ムッちゃんの色んな場所を自分自身で積極的に映っていく。

もっと自分自身の赤裸々な一部始終を見て欲しい。特に恥ずかしげもなくアピールする様子は、辺りが真っ暗で多少分かりづらいながらも伝わってくるよ。どんな具合に撮れているかな?こんな具合に撮れました。

ムッちゃん達に少し早いクリスマスプレゼント

ムッちゃん達に弄られてテンションが高ぶるオレ。羽生での世界キャラクターさみっとなどを含めて、色々構ってくれたお返しとして、ムッちゃん達にちょっとしたプレゼントを用意しているよ。

ちょっと早いクリスマスプレゼントを持つムッちゃん

先延ばししたところで何を渡すかは分かりきっているよね。今回も例によって大きい色紙。クリスマスの時期が迫っているということで、クリスマスイルミネーションが彩られたクリスマスツリーと一緒に映るムッちゃん達の絵だよ。

お渡しする前に、ムッちゃんに色紙を持ってもらってお写真を撮らせてもらったよ。ありがとう。クリスマスというテーマの色紙を持っていながらも、現実的にはあまりに暗くて、撮れたものはホラー感が漂う写真だったよ。写真を加工したおかげで幾分マシにはなっているのが幸い。

改めてプレゼントのことを話したら、ムッちゃんからハグのお返しをしてくれたんだ。ハグで暖かみを感じた時、それこそがプレゼントを用意できた喜びを実感した瞬間だったよ。

ムッちゃん達と共にスリーショット

今度はもっと綺麗なイルミネーションを背景に写真を撮れるチャンスがあったんだ。今度はムサ尾さんにもアピールしつつ、ムサ尾さんとも一緒に写真を撮ることが出来たよ。ありがとう。むさおさんも後でじっくり見てみてね。

みんなを見送ってくれるムッちゃん達

もう閉園時間。ムッちゃん達はそろそろ疲れてきているだろうし、オレも電車の終電が迫っているし、名残惜しいけどいい加減そろそろお別れしないとね。

ムッちゃん達は疲れているにも関わらず、精一杯手を振ってお見送りしてくれる様子を見ていると、終電やお別れすることを忘れてしまんだ。ずっとムッちゃんの元気な姿を見ていたい。

でもよく考えよう。ムッちゃん達がここまで元気で触れ合ってくれるのは、来年も笑顔で過ごすことを願っているからだよ。だから、これからゆっくり帰って、ゆっくり休んで、翌年も元気でムッちゃんと会えるようにしよう。

ありがとうムッちゃん達。良いお年になりますように。ここからは実はもう終バスが無くなってしまって、ムッちゃん達のファンの車に乗せていただきました。遅くなりましたが、ありがとうございました。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL