にっき

かみさまみならい ヒミツのここたま 第44話「おばあちゃんの家へ」の感想

恥ずかしがるトトトン

第44話では、こころちゃんのおばあちゃんのおうちに向かうお話だったね。おばあちゃんのまな板で調理された美味しいものを食べたり、まな板から生まれたトトトンに出会うという貴重な体験もできたけど、魔法がどこかに飛ばされる怪奇な現象も見られて、まさに夏ならではだよね。

慣れない場所は不安になるラキたま達

いくらこころちゃんと親しいおばあちゃんのおうちで泊まる事になるとはいえ、やっぱり不安になるんだよ。なんといっても他のおうちでのお泊まり経験なんてないわけだし。オレはあれほどの荷物になってしまうのも頷けるよ。

でも「COCO PARK」と書かれた看板を見てその気持ちが変わったよ。確かブランコの上にあった看板だよね。流石にブランコをおばあちゃんのおうちでも乗りたいという発想にはオレは至らなかったよ。こころちゃんから周りの環境のことについて聞かされていると思うけど、それでもためらいなく持っていこうという精神。もっと周りの自然を楽しもうよ。

看板にばかり目がいってしまったけど、奥のここたまハウスに目を向ければ、外壁だけになってしまって家具は全部無かったよ。私は絶対にこれを持っていく。ボクはこれ。私はあれも。もうなりふり構わず大家さんのことなんかお構いなしな状況。せめて風呂敷の中が綺麗に詰め込まれていたら印象も違うんだけど仕方ないか。半年以上ここたまハウスでみんなと住んでいながらも独りよがりな様子は変わらずなんだよ。

魔法がどこかに飛んでいってしまう怪奇現象

トトトンによれば、山の向こうにはここたまらしき魔法の力を感じるという怪奇現象。理由を突き止めるために山に向かえば、謎の魔法によって道が塞がってしまうという鉄壁なガード。

先に何があるかはともかくとして、魔法を私利私慾に使うモグタンはしばらくここにいた方がいいね。今回は花の蜜を沢山吸うために花を増やそうとしていたわけだし、モグタンはしばらく魔法は封印しよう。それとは逆に、パリーヌはこの怪奇現象を知って以降、ずっと寝られないほどの恐怖に震え上がっていると思うから、この状況をすぐに解決してほしい。もしかしたら一睡もしないままラキたま達と謎の力に挑むパリーヌ。実はかなり勇敢なのでは。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL