にっき

けもケット12で久々の同人誌即売会の気分を味わいつつ焼肉やお酒を沢山飲んできたよ

10月1日は東京都は大田区にある東京流通センターでケモノオンリー同人誌即売会「けもケット12」が行われたから行ってきたよ。前回のゴールデンウィーク期間に開催されたけもケット11にはサークルでも一般でも参加しなかったから、かれこれ半年近くの間を空けての参加になるよ。

ここ何年も羽田空港やけもケット会場に向かう時くらいしか利用しない都営浅草線。最後に乗ったのは1年くらい前だろうから、駅の案内の放送や電車の走る音、見えたり聞こえたりするものは何もかも新鮮に聞こえるよ。

キレイな景色や電車の写真もいいけど、今回は向かうまでの途中に見かけた可愛いキャラクター達を写真に収めておいたよ。東京都交通局の「とあらん」や、東京モノレールの「モノルン」は何度か見たことがあったけど、東京モノレールのリトルツインスターズのラッピング電車は生で一度も観たことがなくて、今回初めて見ることができて嬉しかったよ。

サンリオの世界に入り浸ることが多いオレとしては、リトルツインスターズのラッピングの世界に馴染むように描かれたモノルンが可愛くて仕方なかったね。そういいながらも、一度も写真に収めるチャンスがなかったのは残念。いつまでこのラッピングがなされているのかが分からないけど、今度こそサンリオの世界のモノルンを写真に収めておきたいね。

時間は大体10時15分。会場の最寄り駅である流通センター駅にたどり着いたよ。普段だとサークル入場開始時間を少し過ぎるくらいの9時40分前後に来てしまうことが多いからか、2枚目の写真のような長蛇の列を見たのは初めてかもしれない。今は秋の空気が漂っていて過ごしやすい空気だから、例え1時間以上並び続けていても熱中症にならなくて安心。疲れることには変わりないけどね。

今回もいつものように設営するぞ。そういいたいところだけど、今回はサークル参加ではなくサークルのお手伝いさんもとい売り子として参加しているよ。とはいっても、参加の仕方はいつものサークル参加の時と変わらないんだけどね。

普段だとオレが責任者の立場で、売り子の人にはその都度指示を出したりしていたんだよね。今回はその立場が逆になって、しかも今回オレがお邪魔していたサークルは初サークル参加だったものだから、何かあればその都度教えたりしたんだよね。オレがサークル参加しだしたずっと昔の頃はきっとこんな感じだったんだろうな、そんなことも思いながら売り子として隣に佇んでいたよ。

今まで本の額の計算を売り子に任せていたものだから、多少たりともイレギュラーな感じになると焦ったりするし、人任せにしていた部分の荒が露呈してしまったね。例えば相手が700円分のものを買ったとして、相手が1200円を出してきた時とか。とっさに500円のおつりなんて出ないって。これは慣れなのか。

今回もコロナ対策の一環で、入場が3回ある入れ替え制を取っているよ。どの回が知っている人が沢山来てくれるかな。どの回が沢山手に取ってくれるかな。そんなことを色々考えていたんだけど、最初の回は知っている人というかガチな人が沢山いた気がするよ。入場券を兼ねたカタログを早く買えば早く買うほど早い回に割り当てられるらしいから、その通りになったのだと思う。

今回もいつも買ってくださる人以外にVRChatのフレンドの方も立ち寄っていただけて嬉しい限りで、さらにお菓子も沢山いただけたから、おうちに帰ったら糖分の摂取が捗るね。他にもまさかのVRChat上のデココが描かれた色紙まで(後で別の場所で紹介するね)頂いてしまったしね。ありがとうございます。

久々のイベントの参加で3回目の後半になってもテンションが上がりっぱなしで、あっという間に終わりの時間になってしまったよ。まだまだやれるという気分なんだけど、イベントが終わったら頭の中を空っぽにされたようにぐったりしている様子が想像できるよ。

寂しい気持ちになりながらのサークルスペース上の片付けの作業。これは前回からなのかは分からないけど、段ボール以外のゴミを捨てる場所がなくなって、段ボール以外は持ち帰ってほしいということになったみたい。チリも積もれば山になるというし、細かいものでも沢山あると持ち帰るのもなかなか大変。他の人もぼやいているところを見て、オレだけじゃなくて安心したよ。

サークルスペース内の片付けでみんな疲れていると思うけど、さらにこの後はボランティアのスタッフの人は片づけとかの作業があるわけだからね。本当にお疲れ様です。スタッフの人たちに感謝しながら、帰り際に再び会場の様子を振り返ったりしつつ、帰りもキキララのラッピングの電車に乗って帰ったよ。ありがとうけもケット。ありがとう東京流通センター。

ここからはお楽しみの夕食のお時間。実は昼食は抜いていたんだよ。だって会場内ではおにぎりが食べられないどころか飲み物も飲んじゃないけないし。イベントが楽しすぎて何も感じなかったけど、終わったら急にお腹が空いてくるんだもの。というわけで向かったのはJR浜松町駅前の牛角。いわゆる焼肉専門店だよ。

都心沿いに構えているお店で外国人観光客も多いのか、英語付きの注意書きも丁寧に用意されているのが印象的。それよりも説明書き内の牛のキャラクター達の慌てているところのイラストが可愛い。肉を沢山乗せているところのみんなの表情に若干の狂気を感じる。何らかの衝動に駆られているかのようだよ。みんなはこんな表情でお肉を焼いちゃだめだよ。

ちなみにこの浜松町駅前の牛角はけもケットの会場からも近くてアクセス良好ということもあって、オレ達と同じくけもケットに立ち寄ったグループと思わしき人たちが結構いたね。おかげで、店員さんに「近くでイベントでもやっていたんですか?」みたいなことを聞かれたけど。そりゃやっていたけど詳しいことはちょっといえないしね。察して。

コースがいくつかあって、今回は「牛角90品コース」という3,938円の真ん中のコース。90分食べ放題で、70分でラストオーダー。ビールも飲めるスタンダードプランが1,628円も合わせると5,000円超え。なかなかのお値段。だからオレはお値段なりの元を取るよ。

お店の予約はオレがやったけど、肉のチョイスは全部他人任せにしたから、どれがどの肉なのか分からないよ。でもそんなのはどうでもいい。グリルの上で「ジュージュー」と音を立てて色々なお肉を焼いて食べるというアクティビティを体験さえできればいいんだ。カッシーくんもきっと同じことを考えているよ。このおいしそうな音と匂い、そしておいしそうに焼けたお肉さえ食べられればいいって。

昼食も抜いたから沢山食べられると思ったら、やたらと分厚い肉がオレの胃をボディーブローのように分からせてくるせいか、思ったよりも食べられなかった気がする。もう少し居座るために時間延長をお店の人と相談したんだけど、後の時間に予約している人もいる都合上、急な延長は難しいという話だったよ。そりゃそうだよね。というわけで、締めに杏仁豆腐を食べて牛角から出たよ。結局あの分厚い肉は一体。これはいつかリベンジする他ないね。ありがとう牛角。

何人かとは解散して、続いて向かったのは「Hub 秋葉原店」。なぜかVRChat利用者のたまり場になっているらしい。時は21時近く。恐らくオレが顔を知らないだけで、けもケットから帰ってきた人がここに沢山いるんじゃないかな。その辺の事情は気にはなるけど、とりあえずHubではどんな飲み物が飲めるのか確かめるべく、「アップルジンジャー」と「ホワイトワインクーラー」を注文してみたよ。

この飲み物のタイトル通りの味は確かにするんだけど、口の中で違う味や香りもしてきて、オレが今までコーラやオレンジジュースばかり飲んできた世界とは全く違うところに足を運んでいるような気分にさせられたよ。味についてはうまく描けないんだけど、色々な味が混ざり合っていて、しかもそれが偶然なのか良い味に出来上がっているんだよ。これが焼肉で満腹になる前だったらもっとおいしかったね。というより、満腹すぎて少し飲むのが大変だったよ。

全体的に賑やかな空間で、多少ワイワイしたい時に来るのがよさそうだね。今度来るときはもっとお腹を空かせて、多少バカ騒ぎしたいというような気持ちの時に行ってみよう。ごちそうさまでした。

Hubの次に急きょ向かうことになったのが品川駅前にある品川商店という酒場。お店のことを気にするほど長くはいなかったんだけど、オレたちが合流したことで本来のスペースの定員を大幅に上回ってしまって、店員さんや元の参加者の人たちに迷惑を掛けてしまい申し訳ない気持ち。そういいつつオレは巨砲サワーをグビグビ飲んでいたよ。いや、正直しんどい。飲み食いで3件も巡るなんて初めてだよ。

お邪魔したのはここたま関係で集まった人たちの場所で、時間が時間でみんなお酒が回っていたみたいなんだ。その様子を見ていたカッシーくんも少しドン引き。そんな中で突如ジュエルポッドとジュエルウォッチをとある人から見せられて、まさかジュエルペットのアニメが何年も前に終わったにも関わらず、まさか今になって見られるとは思わないじゃない。オレも酔っていてグデグデになっていたせいか、メニュー画面とかまで見られる余裕がなかったのは惜しいね。貴重なものを見せていただきありがとうございました。

この後はけもケットの参加者とホテルでお泊り会的なことをしたんだけど、オレも含めて完全に疲れ切ってしまっていて、特に何も話せずに朝までぐっすり眠ってしまったよ。オレももし話せていたとしても、きっと話していた内容を覚えていなさそう。ホテルのお部屋は広くて快適そのもの。お疲れさまでした。

満足のいく睡眠を取れたかは怪しいけど、ある程度の元気を取り戻せた気がするから、身支度をして朝ごはんのバイキングに行ってきたんだ。イベント後のことで頭がいっぱいだったんだけど、並んでいる食べ物が本当においしそうで、特に手前のオムレツや奥手の右側にある海藻サラダは特に最高だったよ。オムレツを掴んだ時の崩れそうでギリギリ崩れないくらいにフワフワとしていて、口の中に運んだ時の食感も素敵。海藻サラダは久々だったということもあるけど、さっぱりしていておいしかったしね。

今回は食べなかったけど、ざるのうどんやそばも用意されていたから、もしもまた機会があればまたここのビュッフェにお邪魔してみたいよ。ごちそうさまでした。まだ泊まっていたい気持ちはあるけど、さすがにチェックアウトの時間が来ているから、続きは家でぐっすり寝ることにするよ。今回はイベントの時間も含めて色々と凝縮されていて楽しかったけど疲れたね。改めてありがとうけもケット。

コメント&トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL