にっき

宮城県にあるコテージでたこ焼き会をしたり蔵王キツネ村でキツネ達の様子を眺めてきたよ

3月21日から22日の間、宮城県にある「オートキャンプ場 きららの森」のコテージでたこ焼きパーティをしながら過ごしたり、近くにある蔵王キツネ村に住む沢山のキツネさん達を観てきたよ。短いながらも快適なコテージ生活でした。

白石駅に向かうよ

昼前に待ち合わせだから、一番早い電車に乗って向かう必要があるんだ。3月で太陽が昇るのが早くなってきたとはいえ、5時頃だとまだ薄暗いね。でもカッシーくん達と向かっていくうちにすぐに明るくなるんだ。地元から目的地までは5時間は掛かるのにあっという間だよね。

たどり着いた目的地の白石駅。白石駅の簡易改札を抜けると、白石駅や白石蔵王駅の職員さんが書いた卒業生のみんなへのメッセージがあるよ。こういうものが用意されているのは初めてだから驚き。

その裏にあるニューデイズで買い物をしようにも、新型コロナウイルスの影響で閉店中。近くにファミリーマートはあるけど、ポストの上に飾られている白石城のモニュメントを観ながら、駅からは離れずに待ち合わせしている人が来るまで待っていよう。

無事に合流して、他の人もいる白石蔵王駅に向かったよ。白石蔵王駅では蔵王キツネ村を推しているようで、色々な場所にキツネを模様が描かれているよ。待合室の椅子の後ろにはキツネのしっぽが描かれていたりね。他にも気になるところがあるから、みんなも白石蔵王駅に用事があるときは駅の中をじっくり見てみよう。

コテージでたこ焼きを食べよう

白石駅から近いヨークベニマルでお酒やらお肉やら何やら買い物をして、今回のたこ焼きイベント会場である「オートキャンプ場 きららの森」のコテージに向かったよ。掛った時間は1時間程度。ドライバーのみなさんありがとうございました。

これが今回泊まるコテージ。キッチンがあれば冷蔵庫もレンジもあるし、洗面所や風呂もあって、寝室にはベッドや布団も完備されているんだ。さらに驚いたのが床暖房もしっかり備えられているところ。今回は雪が積もっていなかったけど、本来ならスキー場のお客さんが泊まるような寒い場所だからね。

コテージの中の空間が快適すぎて、オレはもうここでゴールインをしてしまったような気持ち。まるでごく普通の一軒家かそれ以上の空間にいるかのようだよ。

快適すぎて見失うところだったよ。これから行われるたこ焼き会を達成するという目的を。たこ焼き以外にも芋煮や色々な食べ物を燻製にしていくよ。

写真を見てもらえれば分かる通り、今回は色々なチーズやお肉やハム、そしてソーセージにうずらの卵にピーナッツにまさかのポテトチップス。おつまみまで燻製にするとは思ってもいなかったからびっくりだよ。どんな味になるか楽しみ。今回は温燻という種類の燻製をするらしくて、下の方で少し火を付けたらおしまい。火が付いてるのか付いてないのか分からないけど、この状態で数時間は待つんだって。

燻製の方はひたすら待つのみになったけど、芋煮の方はまだ調理中。食材を切ったりする作業に時間が掛かるからね。燻製組が手伝う隙もなさそうだから、空いている間は、みんなが持ってきたお土産を食べたり、テーブルゲームもやったよ。

ちなみにオレはちゃっかりと狭山茶のサブレを買ってきたよ。カッシーくんのすぐ目の前にある薄黄緑色の箱がそうだよ。埼玉県民なら多分知ってる狭山市名産の狭山茶。お茶特有の渋みや苦みはなくおいしくいただけるお菓子でした。そしてその隣にあるのは高そう。なんというお菓子だったのかは忘れてしまったけど、各自調査してみて。

途中からたこ焼き会にもうひとり合流。どうやらピチューも一緒だったみたい。なかなかの大きさで、さらに逆立ちまでしてみせているのだから、カッシーくんもきっと驚いているの違いないよ。

さらにカッシーくんを威かくするように持っているコロナビール。カッシーくんは飲めないけど、この目の前にピチューなら一気飲みできるに違いない。だってコロナビールとピチューの違和感がないもの。これから酔いに酔って暴走しないことを祈ろう。

とうとうこの時がやってきたよ。さっきまでカッシーくんが上に乗ってまで待ち望んでいた、大量に焼けるたこ焼き器の準備が始まって、焼く準備が整ったんだ。

このたこ焼き会をやるきっかけは、たこ焼きを焼くのに手慣れている方が振る舞ってくれるという話から始まったのだけど、まさかここまで大人数になってしまうとは。改めてありがとうございました。

テレビやYouTubeで観られそうなたこ焼きの作り方の様子を観ているかのような手さばき。思わず動画を撮ってしまったよ。この動画の様子だけだと、よく見るたこ焼きとは違った感じになるのだとにわかに思ったのだけど、最終的にはしっかりとしたたこ焼きになったね。

一見簡単そうに見えるものだから、オレも少しやらせてもらったけど、全く思うようにいかないんだ。簡単そうに見えて実は難しい。これが職人芸なのか。

たこ焼きを沢山作り終えたらタイミングよく芋煮も出来上がって、さっきピチューが持っていたコロナビールをみんなに配ったところで乾杯!この頃は新型コロナウイルスで騒がしいけど、このコロナビールさえ飲めば免疫が付くんだ。間違いない。

新型コロナウイルスの予防としてカッシーくんにも飲ませてあげたいけど、きっと思いっきり酔っぱらってしまうからダメだよ。代わりに大量にあるたこ焼きを食べて我慢してね。幸いにも満足してくれそうだよ。

たこ焼きや芋煮を食べたら、今度はうっかり忘れていた燻製したポテチやソーセージを食べる時間。たこ焼きや芋煮を食べて満足した気でいたから、お腹にたまってしまっていてあんまり食べられなかったよ。でも間違いなくおいしかったんだ。普通のソーセージと違って、燻製による独特の香ばしさが加わった味。これは病みつきになるね。当然ポテチやピーナッツも同じくだよ。燻製は恐ろしい。

燻製器は寒い屋外に置いていたから、どの食べ物も冷え冷え。たこ焼きで冷えたソーセージを温めるために置いたら、まるでたこ焼き器からソーセージが生えているかのよう。これはまさかのソーセージの田植えか。

一通り食べ終えたら、今度はお絵描きタイム。ポケモンカードと同じサイズのキャンバスのアーティストトレーディングカードに絵を描き合って、それをトレーディングカードという名をなぞるように交換し合ったよ。

今回は滅多に描かないポケモンが多め。今回は水彩絵の具で色を塗ったけど、突発でありながらもよく塗ることができたものだよ。地味ながらアナログ力が上がったのか。

あとはみんなが少しずつベッドで寝ていく中、眠たそうなピチューのお腹の上にたたずんだり、頭の上に乗ったりするカッシーくん。隙があると調子に乗りがちなんだよきっと。

カッシーくんが調子に乗っている間、深夜までジュエルペットやら何やら色々と存分に語って満足したようにベッドで眠ったよ。美味しいたこ焼きや芋煮や燻製が食べられて、とっても充実した日だったよ。おやすみなさい。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL