にっき

かみさまみならい ヒミツのここたま 第136話「こころを救え!ここたまの試練」の感想

生マシュマロで釣るモグタン

第136話では、スーイがここたま界に逃げてしまい、色々ありながらも仮の一人前パンツで追えるようになったお話。たまシャインの力で、カンナだけは仮の一人前パンツを使う許可が降りたけど、自ら協力することを希望したラキたま達は、スタンプが足りないために、大きな試練を乗り越えないといけないんだ。

周りにも気を配ることを覚えたモグタン

モグタンは成長したよ。以前はところ構わずお菓子を食べて、いつもトラブルメーカーになっていたよね。でも今回は違うよ。モグタンが非常食として持ってきた2つの生マシュマロのうち、一つはみんなの力になるためにカブトムシに渡し、もう一つもみんなに元気になってもらうために全員食べられるようにちぎって分けた。

もし今回の試練をくぐり抜けることができなければ、みんなにも迷惑がかかる。そして、ここたま界に行けば、生マシュマロに匹敵するほどの美味しい食べ物が食べられる。少し前の話では、たまシャインがビューティーなスイーツでモグタンを釣って、沢山のハッピースターを手に入れることができたよね。あの時は目の前にたまシャインという頼れる助っ人がいたけど、今回はいない。違う、そうじゃない。少し頼りないかもしれないけど、ラキたま達という大きな助っ人がいるじゃない。みんなの疲れた表情を見るまでは気づかなかったようだけど、みんなを信じることができたからこそ、目の前にある美味しいものにすぐに飛びつかず、良い結果を出した先にある美味しいものを目指すという考えを導くことができたんだよ。

ラキたま達なら絶対に突破できる試練を用意してくれたたまシャイン

魔法の使えない世界で試された試練。魔法が使えたら簡単だろうけど、あえて魔法が使えなくすることで、ラキたま達の本当の実力を試したんだよ。かれこれラキたま達の付き合いは3年近く。伊達に同じここたまハウスでみんな暮らしていないよね。互いに遊び、時には互いに助け合ったり、傷付き合ったりもしたと思う。そんな絆を深めあった仲間達がたまシャインによって試されたんだよ。

たまシャインとしてもここたま界へ通したかったけど、カンナのようにスタンプの埋まったできたま帳とは違って、ラキたま達はスカスカなできたま帳。教育係としてのたまシャインがこんな悲惨なできたま帳を持つラキたま達を理由もなく通すわけにはいかないよね。だから教育係としてしっかり見ていたたまシャインは、ここたまハウスで一緒に暮らすラキたま達が普段通りにやれば突破できる試練を用意して、ここたま界を通す理由をあえて作ってくれたんだよ。一見すると厳しいようだけど、確実に突破できるチャンスを用意してくれる。優しいたまシャイン。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL