にっき

かみさまみならい ヒミツのここたま 第30話「ピンコとレンジ、ここで生まれました!」

挫けるピンコ

第30話では、ピンコとレンジがどこで生まれたかが全部明らかになったお話だったね。こころちゃんが偶然にもかくれたまをパカッと開けてからの一連の奇跡。ビビットのおうちとはいえ、ピンコ達のお店として使わせてもらえることになって、これからも商売がどんどん捗るね。

ピンコ達と遭遇してからの恐ろしいぐらいに偶然な導き

こころちゃんのおうちから抜けて、何気なくピンコ達が辿り着いた場所が、まさかののぞみちゃんとビビットが住むおうち。奇跡が起きて、さらなる奇跡。ここたまは大事に使われたものから生まれた生き物だけど、例え宅配便で遠くに送られながら旅をしていても、自分が意識せずに持ち主の住んでいる場所にたどり着けてしまうのかもしれない。これはもはや一つの習性では。

そしてピンコ達から知らされる、のぞみちゃんの過去の話。生き生きとお店やさんごっこをしていたあの時と違って、今は感情が抜けてしまっているかのよう。ピンコ達が引っ越して離れ離れにならなければ、もしかしたらこうはならなかったのかもしれないね。のぞみちゃんに足りないのは活気や騒がしさだよ。その足りない部分を補う役割となるピンコ達が戻ったのだから、これから徐々に変わっていくよ。だって、ついさっきまでビビットのおうちをピンコ達に絶対に譲らないと言っていたのに、その考えを変えることができたのだから。

レンジだって緊張する

レンジの職人魂が特に問われた今回のお話。それにしては、ビビットのおうちが掛かっている時の商品づくりは流石に荒いぞ。のぞみちゃんと出会って間もなかったり、ビビットのおうちが欲しいという気持ちが高ぶっていたせいで、本当に作りたいものが作れなかったんだよ。楽器の演奏者にしても何にしても、余計な気持ちがある時は最高の演奏ができないと思うしね。

だって、のぞみちゃんに初めて会えた時は、あれだけ職人としてのプライドの塊だったレンジが、ラキたま達のようにのぞみちゃんに飛びかかったんだからね。結果的にはうまくいったものの、ピンコ達は考えがあまりに先走りすぎたね。もう少し冷静になった方がよかったんだ。冷静になれなかった結果があの怪しい商品。恐ろしい。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL