にっき

かみさまみならい ヒミツのここたま 第58話「お風呂大好きさっぱりりん!」「画板の神様!ムッシュ・ムクンヌ」の感想

恐がるパリーヌ

第58話では、こころちゃんがアマンダのお風呂のお風呂嫌いで苦労している様子を何度も見ているサリーヌとパリーヌが頑張って克服させようとするお話と、学校の画板から生まれたムッシュ・ムクンヌがラキたま達と協力してここたまハウスをアートなハウスにしたお話の2本立てだったね。

高確率で当たるパリーヌの予言

アマンダが体を洗う様子をいつも見ているサリーヌとパリーヌだからこそその恐怖をよく分かっているし、特にパリーヌはサリーヌが感じる何十倍もの恐怖を感じていたからか、ノラたまの初登場回以来の強烈な未来の想像を覗くことができて嬉しいよ。

パリーヌの想像上ではおシャキやモグタンは一切いないから、どうやらこの時のパリーヌの頭の中ではサリーヌ以外は一切いない扱いらしい。いざという時はおシャキもモグタンも何もしてくれない。信じられるのは自分自身とサリーヌだけ。所詮は赤の他人。パリーヌはいつも優しいけど、想像の世界ではとっても冷酷なんだよ。パリーヌはサリーヌ以外のここたま達をもっと信じてあげてほしい。おシャキ達だって汚れることは防げなかったものの、後始末は全部やってくれたんだからね。

これがアートだと思ったらもうアートだよ

世間一般的には有名だけどオレの中ではよく分からない画家としてピカソが挙がるんだよね。そのよく分からない絵の中には、ピカソの沢山の想いが詰まっている立派なアート。その絵を仕上げるまでの間に多少の手違いや塗り残しがあっても、自分がこれがアートだといえば、それももう立派なアート。ムッシュ・ムクンヌのおかげで考え直させられたね。オレもよく絵を描くけど、些細なミスでイライラすることがあるから、そんな時はムッシュ・ムクンヌの言葉を思い出しながら心の器を大きくして進めていこうと思うよ。

でもムッシュ・ムクンヌは心のエンジンが掛かったら嫌な予感がするね。特にサリーヌと組んだりしたら、さらに拍車がかかるよ。今回は一時的とはいえここたまハウスが犠牲になって、次なるターゲットはさらに広いこころちゃんの部屋かもしれない。大丈夫。サリーヌと組めば、余裕の台詞と共にいつの間にか完成しているよ。恐ろしい。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL