にっき

かみさまみならい ヒミツのここたま 第27話「ハッピーハンター のぞみ&ビビット」の感想

葉っぱで笛を吹くラキたま

第27話では、こころちゃんが通う学校に、まさかののぞみちゃんがやって来たお話だったね。相も変わらず意地悪なのぞみちゃん。パートナーであるビビットも意地悪だと思ったけど、ラキたま達と助け合いが見られるくらいに仲良く出来ててよかったよ。

ハッピースター以外に目がないのぞみちゃん

前回に続いて頑固なのぞみちゃん。今回の話を見て、頑固になってしまった原因が少し分かった気がするよ。きっと殆どの時間をビビットとハッピースターを手に入れるために使っているんだ。その割に勉強に疎かな様子は一切なし。やることはやりつつビビットが一人前になるのを全力サポート。何者なんだのぞみちゃん。完璧すぎるぞ。オレが感想として書き込める隙が殆どなくて困るよ。

完璧すぎるが故に、のぞみちゃんがロボットであるかのように感情が無くて、どこかしらの寂しさを感じるね。だからこそ、最後のこころちゃんを気にかけているビビットとの掛け合いは安心したよ。少しずつのぞみちゃんがこころちゃんに気を許していって、色んな表情が見れたら嬉しいね。

対して、のぞみちゃんと絶対に友達になってやるという決意をしたこころちゃん。こころちゃんはいつも優しくて、きっとどんな相手でも楽々と友達になれたのだと思う。でものぞみちゃんはそうはいかないんだ。とっても気難しそうな性格。でもここたま契約者と友達になりたい。簡単に友達になれない相手であると同時に滅多に会えない貴重な存在であるのぞみちゃんと、なんとしても友達になってやるという大きな目的ができたね。先が長そうだけど頑張ってね。

ラキたま達にとってもはやアマンダはお友達

オレの知らない間にラキたま達とアマンダは距離を縮めていたみたいだよ。事前に全く説明もなしに、ラキたまがアマンダを呼ぶために使った葉っぱ。口で息を吹き込む最中に葉っぱが光り、それと同時にアマンダが目の前に現れるという、まさに魔法のような葉っぱ。これはラキたまが魔法で生み出したに違いないよ。

ラキたま恐ろしいぞ。この葉っぱさえあれば、ラキたま達はいつでもお菓子の宝庫である駄菓子屋さんにいけるぞ。そしてこころちゃんが外出している最中にこっそり駄菓子屋さんに行って、お店に置かれているお菓子をラキたまやモグタンが食い尽くしていく。日本中の駄菓子屋さんは定期的にお菓子が並んでいる棚を確認しよう。もしかしたら、モグタン達が食い尽くしている真っ最中かもしれないぞ。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL