にっき

かみさまみならい ヒミツのここたま 第6話「わくわく遠足大冒険!?」の感想

語り合うメロリーとおシャキ

第6話では、学校の行事でこころちゃん達が遠足に行ったお話だったね。このタイトルを見れば誰でもわかる通り、ここたま達がこころちゃんのことなんかお構いなしに大冒険。

ラキたま達はカレーの平和を守った!

第3話に続いて、今回はもっと広くて大自然の中での大冒険。ラキたま達はあの学校のことで学習していたと思う。でもゲラチョが言い放った誘惑には勝てなかった。

第5話でゲラチョが決闘で負けた時の約束は覚えてる?負けたらここから出ていくって言っていたよね。でもこころちゃんの部屋から出るだけで、堂々と約束を守った表情を決めるゲラチョを覚えているよ。物は言いよう。その時の感想としては書かなかったけど、ずる賢さもラキたま達の中では上じゃないかな。

今回のゲラチョが言い放った誘惑も賢いよね。契約者であるこころちゃんの言うことをしっかり聞くか、困っている人を助けて修行を積む方を選ぶか。近くにはここたまの助けを必要としそうな子供達が沢山。しかも外に出てしまえば、より遠足気分を味わえる。やっぱり外に出ることを選んだね。ゲラチョ恐ろしい。

その選択をした結果、こころちゃん達の班が食べるカレーは救われたよ。一人前のここたまになるための成果としては入らなかったけどね。でもこころちゃんが青ざめながらまずいカレーを食べる顔を見なくて済んだ。それだけでもいいじゃない。

でも傍観者側であるオレとしては、まずいカレーを食べて顔が崩れるこころちゃんもちょっと気になる。それに釣られてラキたま達も食べれば、全員顔を崩してまるでギャグアニメ。このアニメではさすがにそれはないね。

ラキたま達が協力した初めての魔法

こころちゃんと契約したここたま達はかれこれ4人。一人が疲れてどうしようもなくなっても、全員で力を合わせて魔法を使えば何だって恐くない。ここたま達は一つの困難を脱したね。

みんなが弱っていた中での魔法でも、葉っぱの馬車を生み出しだけでなく、こころちゃんに葉っぱで道誘導もさせてしまうという恐ろしい力。もしこれがみんな元気だったら、葉っぱで馬車を作るまでもなく、一瞬でこころちゃんの目の前までテレポートできてしまうかもしれない。使い方によっては、世界中のここたまを呼び寄せることだってできてしまうかもしれない。まるで映画的展開。ここたまの映画は見たことがないけど、映画の想像はやめておいて、見る時のために取っておこう。

二度目の過ちで、ラキたま達は素直に謝ったからか、こころちゃんはラキたま達を安全に外で遊ばせる方法を考えてくれているね。きっとこれからは外で遊ぶ場面が増えて、もっと大きなトラブルに巻き込まれて行くのだと思う。ラキたま達には悪いけど、そのトラブルを楽しみにしてしまうオレは罪深い。ごめんね。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL