にっき

ジュエルペットのサフィーのバースデーグリーティングカードを作ったよ

9月1日はサンリオピューロランドでジュエルペットのサフィーをお祝いしてきたんだけど、郵送で送ったプレゼントとは別に、今回はお手製のグリーティングカードを渡してきたよ。行き当たりばったりでも何とかなる色紙とは違って、今回のグリーティングカードは修正の修正の積み重ねで余計に時間が掛かったね。

グリーティングカードの表紙

「グリーティングカード」とかっこつけた呼び方をオレが勝手にしているけど、もっとわかりやすく言えば「飛び出す絵本」みたいなものだよ。飛び出す絵本自体をここ十年近くは実物を全く見ていなかったから、実物を見るという段階を飛ばして作ることになるとは今更ながら驚きだね。

その前に今回渡したグリーティングカードの表紙を見てみよう。飛び出す絵本の骨組みとなる部分の裏に、新たに髪を貼って表紙を作ったよ。サフィーが手を上げてこんな表情をされたら、思わず開けたくなってしまうよね。

グリーティングカードの中身

グリーティングカードの折り目が横向きになるように向きを変えて、「サフィーちゃんへ」が書かれた部分を上になるようにしながら開くと、上の写真の様にケーキの前でサフィーをお祝いするルビーとガーネットの様子が浮き上がって出てくるよ。

仕掛けはとっても簡単。写真を見てもらえればわかる通り、ケーキを浮かせているのは左右の端の部分。サフィー達を支えているのは中央部分。いずれも切れ目を入れて折り目を作ってできた四角い土台を利用したもの。

グリーティングカードを斜めに見てみる

勢いで色紙の完成させられるものの、こういった飛び出す絵本は計画性が求められるね。ケーキは高さが高すぎてサフィーが見えなくなってしまったために作り直すことになったり、そのサフィー達もケーキを支える土台部分がルビーとガーネットのクラッカーが引っかかったためにケーキの土台部分やサフィー達の絵の左右を削ってスムーズに開くようにしたりと、ひたすら試行錯誤の連続だよ。

色々と妥協をした部分はあったものの、何とか完成にまで持っていけたのだから上出来。せめて妥協してしまったなりに、サフィー達とケーキ周りの色付けやコメントをもっと充実させておけばよかったと思ったね。いくつかの反省点はまた次にグリーティングカードを作る時に生かそう。そうしよう。

当然のことながら、妥協したことについてはサフィーには秘密ね。とはいえ、これを見ればサフィーならどこを妥協したかは一目瞭然か。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL