にっき

極楽湯に何度か行ってきた中で多分初めて瓶入りジンジャーエールを飲んできたよ

9月28日も極楽湯に行って温泉に浸かったりサウナで耐え忍んだりしてきたんだけど、今日は通るたびに見ていたコーラやオレンジジュースなどの瓶ジュースが購入できる自販機に立ち止まって瓶入りジンジャーエールを買って飲んだんだよ。

わざわざ書くほどかとか突っ込まないで。脱衣場から出てすぐのところにある黒酢ドリンクの誘惑に負けずに瓶入りドリンクにたどり着くのは大変なんだよ。なんといっても黒酢ドリンクはオレが知る限りだと極楽湯でしか飲めないからね。

これは今まで書かなかったことだけど、脱衣所のロッカーは鍵を掛けるのに100円玉が必要で、ロッカーを開ける際は戻ってくるから無料なんだよ。でもその100円をわざわざ時間を掛けて財布の中に入れる人は少数派で、殆どの人はポケットに入れてしばらくそのままになるのだと思う。そのポケットに入っている100円玉を黒酢ドリンク一杯100円の販売機が狙っているんだよ。オレはその罠に毎回はまってしまっているんだ。

でもなんだかんだで何度も黒酢ドリンクを飲んでいて慣れてきたから、今回ばかりは瓶ドリンクに手を出すことができたんだ。コーラ、ファンタ、HI-C、ジンジャーエールの合計4種類。何気にファンタのロゴが昔の昭和時代のようなロゴで懐かしい。

それはそれとして、今回買ったのは瓶入りジンジャーエール。今まで”ジンジャエール”と呼んでいたんだけど、”ジンジャーエール”だったのか。瓶の飲み物のフタを開けるものは自販機にあるから大丈夫だけど、ジンジャーエールが炭酸飲料だということをすっかり忘れていたものだから、フタを開けた瞬間に飲み口から思いっきり飲み物が噴出してきてこぼしてしまったよ。数か月前に全く同じところの缶のジンジャーエールを飲んだことがあったけど、缶とは違う瓶ならではの冷たい入れ物を握りしめながら飲む感覚は一味違うね。

瓶だと容器が大きく見える分、内容量が多く入っているように見えるけど、スマートフォンで画面を見ながら飲んでいるとあっという間に無くなってしまうね。物足りないようにも感じるけど、それより多いとお腹に炭酸飲料のガスが貯まりすぎて不快になるかもしれないしね。これが程々のちょうどいい分量なんだよ。最近はお風呂上りに黒酢ドリンクを飲んでばかりだったから、久々にいつものラフなものを飲んで満足したところで極楽湯から帰ったよ。ありがとう極楽湯。また来ます。

コメント&トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL