にっき

道の駅はなぞのでかぼちゃパンツや巫女さん姿のふっかちゃんに会ってプレゼントを渡してきたよ

2018年の10月31日は、埼玉県は深谷市にある、ふっかちゃんミュージアムで有名な「道の駅はなぞの」に行ってきたよ。ふっかちゃんが毎日遊びに来てくれることでも有名な場所だけど、今回久々に行ってみることにしたよ。

秩父鉄道の小前田駅から道の駅まで歩くよ

以前にひとりで向かった時は東武東上線の鉢形駅から歩いて向かったけど、今回は一番の最寄駅であろう秩父鉄道の小前田駅まで電車で向かうよ。

秩父鉄道の羽生駅
秩父鉄道の羽生駅。奥に見えるのは東武鉄道の羽生駅。

秩父鉄道に入るために、東武伊勢崎線の羽生駅で乗り換え。羽生駅といえば、世界キャラクターさみっとの会場の最寄駅だね。もし行く時は多分またお世話になります。

秩父鉄道はローカル線。以前に古い自販機目当てで行田駅に向かうためにお世話になったね。今回はより奥にある小前田駅まで向かうことになるけど、同じ埼玉県内でそこまで距離はないように見えて、なんと51分も掛かるよ。

秩父鉄道の小前田駅
秩父鉄道の小前田駅。よくネタ画像として出回っている駅だね。

何でそんなに時間が掛かるのかって、線路がほとんど一本しか通っていなくて、それで反対側の電車が通り過ぎるのを待たないといけない場面が出てくるからだよ。小前田駅に向かっている最中に、最低でも電車待ちが2回はあるんだ。ローカル線らしい一面。

そしてここが小前田駅。たまにネタ画像として使われる駅名だよ。駅名を見れば分かるし、特に電車の行き先案内を見ていれば、この駅名の真価が発揮されるんだ。もし機会があって秩父鉄道でこの区間を通り過ぎる機会があったら、電車内の行き先案内の表示に注意して見てみよう。

朝の「道の駅はなぞの」
朝の「道の駅はなぞの」。もう11月末だから寒いね。

小前田駅からは徒歩でおよそ14分。小前田駅から最初の数百メートルは歩道がないから気をつけてね。そんなわけで道の駅はなぞのにたどり着いたよ。目の前に沢山置かれている椅子やテーブルも、もうこの肌寒い季節になると、しばらく使われないままになって寂しいね。

巫女さん姿のふっかちゃんが遊びに来たよ

早速建物の中に入って、ふっかちゃんミュージアムがある2階まで登ってみたよ。ハロウィンの日というだけあって、そこら中でハロウィンらしいオレンジ色の装飾。

10月はふっかちゃんのファッションショー
10月はふっかちゃんが毎日衣装を変えてくるらしい。なかなか飽きないね。

ふっかちゃんミュージアムの入り口近くには、ハロウィンの装飾がされたものが置かれたテーブルが置かれているけど、その左側にはハロウィンを意識したふっかちゃんのファッションショーについての張り紙もあるよ。

10月中はふっかちゃんの衣装がカレンダーの通りに毎日変わって、10月31日である今日は「?」マーク。今月中に着た衣装の人気投票を行って、その上位2位分の衣装を今日の10時半と14時にお披露目を行うんだって。ちなみもう結果は知っていて、1位が巫女で、2位がかぼちゃパンツだよ。

ふっかちゃんと戸惑うオレ
久々のふっかちゃんとのツーショット。戸惑いが隠せないよ。

早速10時半に巫女姿で現れたふっかちゃん。壁から少しだけ顔を見せて、いつまでも初心に帰ったように恥ずかしさを忘れないんだね。早速そんなふっかちゃんと一緒に写真を撮らせてもらったよ。ありがとう。

ふっかちゃんと一緒に撮ってもらおうという時に、背負っているリュックと近くのテーブルの上に飾られた装飾がぶつかりそうになっていたからか、それともふっかちゃんのどちら側にいながら撮ってもらおうか、普段は来ない場所で戸惑いを見せながら撮ってもらえた写真だよ。流石に最後に行ってから1年近く経ってしまえば、初対面と会う時と同じように戸惑いも生まれてしまうね。

オレを含めて沢山の人と一緒に写真を撮り終えて、まだできていなかったみんなとの挨拶を済ませたら、屋外でふっかちゃんが行うお祓いが始まったよ。

「今の私なら、誰でも幸せになれるようにお祓いできるよ!」。色々な人に見られる外に出たからか、遠くの人からも聞こえるほどの声で振る舞っていそうなふっかちゃん。この様子だと、今年の元日辺りも巫女姿でお祓いをしていそう。

今ならふっかちゃんに近づいて頭を下げれば、誰でもお祓いを受けられるよ。今日を逃せばしばらくは巫女姿では来てくれないだろうし、やってもらおうよ。

滅多にないチャンスを逃さないよう、オレもお祓いを受けたよ。何かと不摂生をしがちだから、ふっかちゃんの力を借りたい。人気者としてのふっかちゃんからの無病息災の力だけでなく、元気や自信ももらえた気がする。ありがとう。

巫女姿のふっかちゃんとクリスマスツリー。クリスマスツリーと見せかけてハロウィンツリー。

希望する人にお祓いをして、再び屋内に戻ったら、クリスマスツリーの前で立ち往生するふっかちゃん。いや、それはハロウィンツリーだよ。でも明日になればクリスマスツリーになるのだから、時が立つのは早いよ。

ふっかちゃんはこのハロウィンツリーの前で考えてるよ。早くクリスマスツリーになって、サンタさんが来てクリスマスプレゼントを置いてくれないかな。ケーキ早く食べたいな。ふっかちゃんはもう先を見据えているんだよ。

ここで一旦ふっかちゃんとはお別れ。最後に握手をしつつ、ジーッと見つめられるという一連の流れを全員にやってくれた後にお別れ。名残惜しそうに、扉が完全に閉じてお別れになる前に、扉が閉じないように顔を出したりして、まだ遊びたい様子を隠しきれない様子。でも出会いあれば別れありだからね。ありがとうふっかちゃん。お祓いをしてくれてありがとう。

「ベーカリーズキッチン オハナ」で昼食

次にふっかちゃんが遊びに来るのは14時。でも今はまだ11時過ぎ。正午近くになって混んで来る前に、ふっかちゃんミュージアムのすぐ近くにある「ベーカリーズキッチン オハナ」で昼食を済ませちゃうよ。

10月31日の「ベーカリーズキッチン オハナ」
昼間の時間だから人が多め。イートインコーナーも賑やか。

次にふっかちゃんが遊びに来るのは14時。でも今はまだ11時過ぎ。正午近くになって混んで来る前に、ふっかちゃんミュージアムのすぐ近くにある「ベーカリーズキッチン オハナ」で昼食を済ませちゃうよ。

ここに来るたびにお世話になっているこのパン屋さん。今回はパンの選び方を少し冒険しつつ、シーフードスペシャルというピザと、不動の人気という白パン、そしてベーコンエッグトーストを選んだよ。どれもとってもこってり。

イートインコーナーで昼食
シーフードスペシャルというピザと、塩パン、ベーコンエッグトースト。

口の中からじわじわとバターの味が染み込むのが病みつきになる白パン。食べ方を考えないと具が落ちてしまうほどに盛られているシーフードスペシャルのピザ。白身のパリッとちぎれる感覚とベーコンとスパイスの相性の良さを味わえるベーコンエッグトースト。一見して少ないように感じるけど、間食すればお腹いっぱいだよ。今回もごちそうさまでした。

かぼちゃパンツでフカフカ感が出ているふっかちゃん

美味しいパンやフリードリンクを楽しんでいれば、あっという間に14時近く。14時からはかぼちゃパンツを履いたふっかちゃんがやってきたよ。

かぼちゃパンツのふっかちゃんとオレ
かぼちゃパンツを履いたふっかちゃんの色紙を渡しつつツーショットを撮ったよ。

実はかぼちゃパンツ姿のふっかちゃんが来たタイミングで用意していた隠し玉があるんだ。それはかぼちゃパンツ姿のふっかちゃんが描かれたハロウィンな色紙だよ。

色紙を付き添いのお姉さんに見せた瞬間、用意したオレが一瞬驚くほどの大きな声で驚いてくれて、オレが喜びのあまり、ふっかちゃんの顔kara10センチもないほどの距離まで近づけて見せてしまったんだ。あの距離からだと、ふっかちゃんからはただの全面オレンジ色の色紙としか見えないかもしれない。でも手をバタバタさせて、確かな喜びを感じていることはしっかりわかったよ。

全面オレンジ色の色紙にしか見えなくても喜んでくれる、そんなふっかちゃんと一緒にツーショットと撮らせてもらったよ。ありがとう。大きくバンザイのポーズで喜んでくれるのはとっても嬉しいけど、ふっかちゃんの頭の深谷ねぎがオレの頭にぶつかりそう。

はしゃぐふっかちゃんを見守りながらその場から離れると、突然ギャラリーや付き添いの人から大きな声が響き渡ったよ。何でかと思ったら、ふっかちゃんが座ったからだよ。かぼちゃパンツ独特の座る瞬間にパンツが浮き上がるような動き。さらに座った時のパンツから僅かに見える足。

芝生から生えるかぼちゃのようなふっかちゃん
芝生に座るふっかちゃん。まるで芝生から生えるかぼちゃのよう。

ふっかちゃんが座るだけで、これだけの可愛い瞬間を見せてくれる様々な条件が整ったパンツ。それがかぼちゃパンツだったんだよ。

ふっかちゃんは外に出て、オレにしっぽをアピールしてくれた後に、芝生に座った瞬間でもその真価が発揮されたんだ。芝生の上に座ることで、まるでかぼちゃパンツと一体になり、本物のかぼちゃが芝生から育っているかのように見える不思議。自然と一体になれるパンツでもあったとは知らなかったよ。

ふっかちゃんとマカロン
もし付き添いのお姉さんがいなかったら、周りのみんなにマカロンを配ってくれていたかもしれない。

ふっかちゃんの頭に生えるネギの影を一緒に歩きながら再び屋内に戻って、今度は玄関からすぐそばにある沢山のマカロンに立ち寄ったよ。

美味しそうな沢山のマカロン。もし目の前に付き添いのお姉さんがいなければ、このマカロンをギャラリーのみんなに配っていたのかもしれない。とはいえ、配ってしまえば、ふっかちゃんのお小遣いが減らされてしまうのは確実。ふっかちゃんのお小遣いを取るか、周りのみんなの笑顔を取るか、付き添いのお姉さんがいない時こそふっかちゃんの真実が明かされるんだよ。

ふっかちゃんが階段の途中で座って、再びみんなの喜びの絶叫を館内に響かせたよ。ふっかちゃんは学習している。みんながどうしたら喜ぶかを。これが人気者なのか。

そろそろかぼちゃパンツ姿のふっかちゃんとはお別れだよ。最後にふっかちゃんとハイタッチをして、最後まで見送ったんだ。ここでもふっかちゃんが名残惜しい様子で、閉まる扉に何度もぶつかりながら抵抗して見せるよ。でも大丈夫。またいつでも会えるじゃない。

何度も抵抗する様子をみんなが見守りながら、ふっかちゃんと本当にお別れしたよ。ありがとう。またいつか会いに来ると思うから、その時まで待っててね。

オレが描いた色紙とともに飾られるテーブルの上に装飾

ふっかちゃんを見送ったら、目の前のテーブルの上に飾られた装飾や色紙をじっくり見つつ、ふっかちゃんミュージアムでこっそりとぬいぐるみを購入して、この道の駅はなぞのを後にしたよ。

ふっかちゃんミュージアム前のハロウィンの装飾
ふっかちゃんミュージアム前のハロウィンの装飾。オレの色紙が飾られているのが嬉しい。

飾られることさえ考えていないのに、まさか飾られている上に、こんな人の目に入る場所に飾られることなんて考えてもいなかったよ。こうなるならもう少し気合いを入れておけばよかったね。また今度会うときに色紙を持ってふっかちゃんを驚かせよう。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL