にっき

サンリオピューロランドでサフィーちゃんに飛び出すグリーティングカードを渡してきたよ (2ページめ)

プリンとマフィンの醤油ラーメンを食べたよ

ピューロビレッジでサンリオピューロランド25周年記念パレードが行われている間にお昼を済ませてしまおう。フードマシンレストランに行こうと思ったけど、残念ながら改装中で閉まっていたから、今回はキャラクターフードコートで食べることにするよ。

プリンとマフィンの醤油ラーメン

今回選んだのは「プリンとマフィンの醤油ラーメン」というプリンくんを意識したラーメンで、プリンくんのお顔とお耳が甘い卵焼き、マカロンちゃんのふわふわとしたこんにゃくが印象的だよね。オレの責任とはいえ、ルビーちゃんに冷たくされた後に食べるラーメンとしてあまりにちょうどよかったよ。ラーメンでありながらも、プリンくんの卵焼きの甘さが癒しとなって、ルビーちゃんに強制退場させられたことを忘れさせてくれる。プリンくんはいないけれども、心の中でオレは感謝したね。ありがとう。そしてごちそうさまでした。

サフィーちゃんにグリーティングカードを渡してきたよ

15時半からはリルリルフェアリル大行進が知恵の木ステージで行なわれるけど、その裏のキャンディーファクトリーにはサフィーちゃんが遊びに来てくれるよ。

褒めてくれるサフィーちゃん

ルナちゃん、ルビーちゃんとサフィーちゃんに渡す予定のグリーティングカードを見せてきたけど、ここでようやく渡す本人であるサフィーちゃんにお披露目するよ。ルナちゃんならまだしも、ルビーちゃんは口が軽そうだから、サフィーちゃんに渡すものがどんなものかがネタバレされてしまっているかもしれないけど、その辺はルビーちゃんに失礼なことをしてしまった者としては、信じたいところだよね。

早速サフィーちゃんにじわじわとグリーティングカードをネタばらししていき、見せ場であるカード中身を大きく開くと、手でパタパタと褒めるように拍手してくれたよ。手先が器用で知識欲のありそうなサフィーちゃん視点でこれだけ褒めてくれたという功績は大きいね。科学的な視点で見ても物理的な視点で見てもかなりの努力が見られたという証。作った甲斐があったね。

サフィーちゃんとグリーティングカードを持つオレ

サフィーちゃんに渡す前に、せっかくだからこのグリーティングカードを持ちながら、サフィーちゃんと一緒にツーショットを撮らせてもらったよ。ありがとう。

同じシチュエーションでルビーちゃんとツーショットを撮った時と違い、サフィーちゃんの時はオレに体を傾けて、両手を顔に当ててウキウキしている様子を溢れ出ていることが分かるよね。サフィーちゃんがそんな気持ちに浸っている間、オレはグリーティングカードを持って写真を撮られながらも、肩に当たっているサフィーちゃんの耳のふわふわとした感触に浸っていたのはここだけの秘密。

顔に手を置きながら会釈をするサフィーちゃん

グリーティングカード渡したらそれで終わりではなく、朝にサフィーちゃんとバースデーカードにシールを貼るという約束を忘れちゃいけないよね。その約束を果たすべく、ここでもシールを貼って喜んでもらうよ。

シールを貼ってあげたら、朝の時と同じように顔に両手を置いて軽く会釈をして喜んでくれたよ。サフィーちゃんが喜んでいるgifアニメを見てもらえれば分かるけど、誕生日だからか、初日の段階で8割ほどのスペースをシールが埋めていたんだよね。これがサフィーちゃんの実力であり、そもそもサフィーちゃんのバースデーカードがこうなることは、初日はどういった理由でこのくらい、翌日はこのくらい、という具合に、既に本人が予測済みだよね。

サフィーちゃんとぬいぐるみを持つオレ

再びツーショットを撮らせてもらって、今度はサフィーちゃんの手前に座り、サフィーちゃんと比較するような位置にぬいぐるみを持って撮らせてもらったよ。ありがとう。

オレがサフィーちゃん本人に向けてぬいぐるみを持っていることを想ってくれているかのように近づいてくれているところが優しい気遣いだね。写真ではそう見えるけれども、内心ではぬいぐるみなんか負けないくらいに可愛いところをサフィーちゃん本人が主張しているようにも見えなくはないね。ぬいぐるみ相手とはいえ、女同士の見えない戦い。オレは若干の恐怖を覚えたよ。

驚くサフィーちゃん

最後にさっきルビーちゃんに見せた動画をサフィーちゃんにも見せてみたよ。動画を見た瞬間、サフィーちゃんが自販機の方に指をさして場所を理解してくれたのちに、ルビーちゃんが自販機を蹴るところを見たら、手をビクッとして、そんなことが現実ではありえないと言っているかのように顔を振ったよ。

”現実は小説よりも奇なり”とも言うからね。特にルビーちゃんの行動はその通りで、サフィーちゃんでも計算で行動を推測できないはず。推測不能なことだらけのルビーちゃんを時間がある時にとことん実験なり何なりして調べ上げてほしい。お願いします。

予測不能なのは置いておいて、さすがに人が沢山いる前でアイスの欲に負けて自販機を蹴るのは倫理的によくないから、サフィーちゃんには悪いけど、ルビーちゃんにはこのことはよくないということを追々伝えておいてほしい。ルビーちゃんに強制退場された後に懲りずにこんなことをサフィーちゃんに伝えるのは無神経すぎるけど、ルビーちゃんがあまりに暴走するのもさすがに限度があるからね。

そんなことを伝えて、サフィーちゃんとはお別れの時間。今日はありがとう。ルビーちゃん達にお誕生日を存分にお祝いしてもらってね。

ビュッフェに行ってサフィーちゃんのお誕生日会をしてきたよ

サフィーちゃんをお祝いして目標を達成したら、今度はサンリオピューロランドから抜けて、食べ放題のお店でサフィーちゃんのお誕生日会をしてきたよ。本来は時間制限があるにも関わらず、平日で空席が多かったために、実質無制限だったね。何種類かのピザやパスタやライスなどが食べ放題。

グランブッフェでサフィーちゃんのお誕生日会

最初はお肉やら何やら満遍なく取っていき、その後はひたすらピザを取るという作業。目の前にいるぬいぐるみのサフィーちゃんはその様子を見て、内心ではルビーちゃんのようにブクブクに太ること間違いなしと想像していたに違いない。大丈夫。この程度では太らないよ。そんなことは考えずに、サフィーちゃんをお祝いする会なのだから、サフィーちゃんがもっと食べちゃってもいいくらいだね。

個人的にはデザートピザであるマンゴーカスタード(写真に写っている中の表面が黄色いピザ)がお気に入りだったね。デザートものってすぐに飽きそうなイメージだけど、このマンゴーカスタードは果実が乗っているためか、噛むときの果実を食べる感触がオレの中では飽きさせないポイントだったのかもしれない。何にしてもただ甘いソースが乗っているだけだったら、オレはすぐに飽きていたことは明白。果実って大事だよ。

食べ放題のお店を後にして、そのままおうちに帰ったよ。サフィーちゃんと会うのは、もしかしたら来年になるかもしれない。その時まで元気でいてくれることを祈るばかりだよ。またおしとやかな様子をサンリオピューロランドで見せてね。

コメント&トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください