にっき

カード迷路ぐるり森大冒険に挑むためにむさしの村にいってきたよ

7月20日は、カード迷路ぐるり森大冒険に挑むためにむさしの村に行ってきたよ。つい数日前の「九州の友達とバーベキューや打ち上げ花火をしつつグリーンランドも楽しんできたよ」でお世話になった熊本にあるグリーンランドで、一度だけプレイしたカード迷路ぐるり森大冒険というのが気に入ってしまったんだ。

そのぐるり森のアトラクションがどうやら埼玉県の遊園地にもいくつか置かれていて、そのうちのひとつがむさしの村だよ。事前調査によると、むさしの村にあるぐるり森のアトラクションは、休日になるとかなり混雑するらしい。というわけで平日の空いていそうなタイミングで入ってみたよ。

全てのアトラクションがいくらでも楽しめるフリーパスが2,900円。フリーパスがあれば、ぐるり森は何度もプレイできるからね。今回はむさしの村の公式サイトから使える割引クーポンを使い、数百円ほどお安くフリーパスを使わせてもらったよ。

手首にフリーパスでの入場の証を巻き付けてもらった先に待ち受けていたのは、ストロベリーゼちゃんを含む、むさしの村の仲間達だったよ。まずむさしの村のエントランスに、もっと先に見えるファミリー館と、身長を確認する場所にもいたり、色んな場所に仲間達が描かれているよ。

エントランスの近くにある園内マップには、むさしの村の今の仲間達より前からいる小人たちがいて、逆に浮いてしまっているよ。でもいなくなったりせずにずっとそのままむさしの村を園内マップの上から見守っていて欲しいよね。

ストロベリーゼちゃん達がついつい可愛くて気になってしまうけど、今回の目的はぐるり森だからね。入場ゲートからすぐ見えるほどの近くだよ。九州にあるグリーンランドの完全屋内型アトラクションとは違って、屋外型の数倍は広い迷路のアトラクションになっているよ。

アトラクションに入るときは、上の写真のような冒険の書がもらえるんだ。迷路内に用意されている4つの謎に挑み、あらかじめ用意されている正解のスタンプを押して、全て正解していれば、ゴール地点で敵であるスモッグと戦えるチャンスが与えられるよ。

初見だと十数分程度は掛かる迷路だけど、慣れてしまえば作業同然。早ければ6分程度で1週できてしまうよ。かれこれ30回くらいはやったはず。ぐるり森にいたスタッフさんも多分ドン引き。ただし、そこまでしても貴重なカードは、4枚目の写真の一番正面に映るニジガメとコンドルナイトのみ。

もっとも貴重なカードとして、各遊園地にしかないご当地カードがあるんだけど、これだけやれば引けると思ったら甘かったね。次こそは手に入れて見せるよ。

ぐるり森のアトラクションが終わって閉園30分前になったところで、観覧車やテーブルの上に座るうさぎさん達を眺めながらむさしの村から帰ったよ。ありがとうむさしの村。またお世話になります。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL