にっき

サンリオピューロランドで再びルビーちゃんに会った後にクロミちゃんに賭けの誓いをしてトロピカル玉投げをしたよ

2018年の9月2日もサンリオピューロランドに行って、エンターテイメントホールで行われるピューロアイランドでの海の家グリーティングを楽しんできたよ。この日は完全に海の家グリーティング目当てで、初めての優先入場チケットでお金の力を行使しての入場だよ。

優先入場で予約チケットを確実に手にしたよ

優先入場というお金の力を使って早く入場し、今回はトロピカル玉入れに16時から応援に来てくれるクロミちゃんのチケットを2枚手に入れることができたよ。

今回の海の家グリーティングのスケジュール

1回で予約チケットを取れるのは2枚まで。最初はそれぞれのキャラクターで1枠ずつが限界だと思っていたけど、どうやら同じキャラクターを2枠分取ることもできるらしいんだよ。だからオレはピューロアイランドでの締めとしてクロミちゃんに怒られることを覚悟しつつ乗り込んでいこうと思うよ。

朝はけろっぴくんとご挨拶

チケットを手に入れてピューロビレッジに向かえば、けろっぴくんが朝からお出迎えしてくれているよ。この日は大降りの雨が降っていて、けろっぴくんにとっては気分の良いに違いないね。そういうオレは、せっかくの優先入場のチケットが雨でびしょ濡れになった上に、チケットに印字されたインクが手に付いて悲惨だよ。

大きく見せるけろっぴくん

そんなことを知らないけろっぴくんはやっぱり上機嫌で、ツーショットを撮ってもらえば、オレが今回も抱きかかえていた大きいルビーちゃんの分身と競うように体を大きく見せていたよ。ありがとう。

かえるというのは小さいし色々悪いように扱われだからか、気分の良い雨の日だからこそ、目の前のルビーちゃんの分身に負けないくらいに大きい姿を見せてくれたのかもしれないね。

けろっぴくんのカエルとして、そして男としての意地を見せてくれたところで、感謝の気持ちを込めつつ、分身のルビーちゃんと一緒に軽く挨拶をしてお別れしたよ。また会おうね。

今回も突如現れるルビーちゃん

昨日と同じく、11時頃にピューロビレッジでルビーちゃんが突如現れたよ。サフィーちゃんの誕生日である昨日、誕生日のお祝いを持ってきた人がオレを含めた結構いたと思うから、その翌日もまさかの誕生日祝いが来ることを先読みして遊びに来たのかもしれないよ。

ルビーちゃんがまた誕生日のお祝いを求めているのかもしれないけど、オレは昨日渡してしまったし、代わりにルビーちゃんの分身を大きく見せて驚かせるくらいしかできないんだ。

ルビーちゃんは猛ダッシュで分身に触り、距離を縮めようとしている最中、分身が上に登り、ルビーちゃんからは分身がより大きな存在になっていく。それでも怯えたりせず、手をグルグルとさせたりして興奮するばかり。驚かせるどころか、返ってルビーちゃんと分身との距離が縮まってしまう始末。オレの完敗だよ。

どんなことでも喜ぶルビーちゃんとのツーショット

大きい存在である自分の分身に対しても動じずにはしゃぐルビーちゃんと一緒にツーショットを撮ったよ。ありがとう。

オレが抱える大きな存在とルビーちゃんが頭を触れ合って、距離が縮まっていることをアピールしているよ。オレがルビーちゃんにやった意図が全く真逆に伝わってしまって、暗にバカにされてしまっているかのよう。いいのかこれで。

最後のお別れでも大きな存在との容赦ないお別れの挨拶。距離がどうこう以前にこのままだとルビーちゃんにこの分身が奪われてしまうよ。恐ろしい。

「クロミの汁なし黒担々麺」で体に喝を

時間はすでに正午近く。引きずっている昨日の疲れを癒すために、オレはキャラクターフードコートに向かって昼食を済ませることにしたよ。今回食べるのは「クロミの汁なし黒担々麺」という怪しい色をした担々麺。

クロミの汁なし黒担々麺

クロミちゃんのように怪しい色をしているけど、実際に口に入れてみれば、優しい味のした担々麺だよ。見た目は恐いけど、食べてみれば優しい担々麺の味。まさに実際のクロミちゃんの性格を示しているかのような担々麺あったね。見た目で判断してはいけない美味しさだったよ。ごちそうさまでした。

アズキちゃんに京都のシナモンカフェに行ったことを伝え忘れたよ

クロミちゃんから力をもらって、時間は13時近く。「~キキ&ララ~トゥインクリングツアー」のきゃらぐりスポットでは、今月が誕生日のアズキちゃんが遊びに来ているよ。

誕生日のアズキちゃんとツーショット

誕生日だからお祝いの挨拶をするはずが、列に並んでいる最中に忘れてしまって、ルビーちゃんの分身で驚かせることしか頭になかったよ。

誕生月の挨拶を忘れるという失礼なことをしてしまいながらも、お祝いを期待していたアズキちゃんは全く気にせず、ツーショットを撮らせてくれたよ。ありがとう。ここでもバースデーカードのことは気に留めず、自分自身の顔を主張して見せるというのが京都出身ならではなのか。

お別れの挨拶でお辞儀をすれば、綺麗な深いお辞儀をしてお返ししてくれたよ。京都出身であるアズキちゃんならではのしなやかなお辞儀。ルビーちゃんも少しは見習ってほしいよね。

大きな分身ルビーちゃんでも動じないバツ丸くん

13時半になると、「~キキ&ララ~トゥインクリングツアー」のきゃらぐりスポットにいたアズキちゃんがバツ丸くんと交代したよ。これからクロミちゃんと海の家グリーティングをする身として、似た者同士のバツ丸くんと触れ合って慣らしておくのもいいのかもしれない。

バツ丸くんにもルビーちゃんの時と同じく、大きな分身で驚かせようと思う。容赦なく。バツ丸くんがオレに目線を合わせた瞬間、勝負に出るように分身を勢いよく見せつるんだ。バツ丸くんが驚くことを期待して。

残念ながらその期待もむなしく、一切驚いたりすることなく、ルビーちゃんの分身と握手をしてみせたんだ。こいつできるぞ。そんなことをされたらオレはなすすべがないよ。ごめんなさい。

バツ丸くんとの熱いツーショット

素直に降参してツーショットを撮らせてもらったよ。ありがとう。オレが分身で弄ろうとしたからか、逆にバツ丸くんがオレの肩に手を乗せながらのツーショット。オレさまの方が上。そう主張しているんだよ。

クロミちゃんの前で恥じないことを約束してトロピカル玉入れをしたよ

とうとうやってきた16時。今回のメインディッシュ。優先入場チケットを行使してまで手に入れた、クロミちゃんに見守られながらのトロピカル玉入れの時間だよ。

昨日はプリンくんと玉入れをやったばかりだし、さすがに2度目となれば良スコアが期待できるよね。だから目の前にいるクロミちゃんに大事な約束を交わす事にしたんだ。玉入れで5つ以上入らなかったら謝罪をする。男としてのプライドを賭けた約束だよ。

自分で高いハードルを用意してしまった。他の人の玉入れの様子を見てみると、誰もが4つを超えて入れられていないんだ。前回のスコアは4つで、今回のオレの目標は5つ。たったひとつでも、それはたった1歩や2歩程度の距離ではないよ。前回よりも勢いを増して入れようにも、今回もスコアは4つ。約束通り謝罪をしたよ。土下座という想い謝罪を。

最初は土下座をする気はなかったし、深いお辞儀だけで済ませるつもりだったんだよ。せいぜい軽く謝る程度だろう。そんなクロミちゃんの想像を思いっきり裏切った時のクロミちゃんの反応が見たかった。そんな考えが高ぶってきて、あえて無茶な約束をして、土下座をせざるを得ない状況を作ったんだよ。

1回目は4つ、2回目も4つ。そんな面白みのないスコアを叩き出してしまったけど、クロミちゃんが心からの優しさから、拍手をしてくれているよ。もしかしたら同情による拍手なのかもしれない。それは考えないでおこう。

クロミちゃんとのツーショット

オレの中での戦いが終わったところで、クロミちゃんとツーショットを2回撮らせてくれたよ。ありがとう。

クロミちゃんとオレの様子を見ていた分身の大きなルビーちゃんなら、圧倒的な運動神経によって、軽く5つ以上は入れられるに違いないよ。それゆえに心の中で笑っていたのかもしれない。恐ろしい。

2枚目で色々ありながらの握手をしながらのツーショット。色々と面倒な事に付き合わせてしまってごめんね。でも来年も今回の海の家グリーティングみたいなチャンスがあったら、またクロミちゃんに同じことを強いてしまうかもしれない。それは許してほしいんだ。

クロミちゃんとはお別れ。今日はありがとう。さらにピューロアイランド最終日ということで、一通り周りを見渡した後に、サンリオピューロランドから帰ったよ。沢山の思い出をありがとう。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL