にっき

ハーモニーランドでルビーちゃんにステッキを持ったハロウィンの絵を渡してきたよ (2ページめ)

お見送り中にシナモンくんが謎の主張をしたパレードパラレル(ハロウィンVer.)

今回のパレードパラレルはキャラクターパレード前の場所から観たよ。今回観た場所は偶然にもキキくんがハロウィンのダンスを踊る場面で立つ場所。

お尻を振るシナモンくん

11時のショーではキキくん達が踊る場面を全て観ることができなかったから、ここでハロウィンダンスを思う存分に見せてあげるという、キキくんからの絵を描いてくれたなりのちょっとしたお礼、もとい奇跡なのかもしれないね。ありがとう。

キキくんには悪いと思いながらもそれ以上に、ショーが終わってからのキャラクター達がお見送りをする場面で、シナモンくんがオレに向かってお尻を振ってきたことの方が頭の中に強く残っているよ。ミミィちゃんにちゃっかりスケッチブックに描かれた絵を見せた後だったし、シナモンくんがその様子を見ていたのかもしれない。ミミィちゃんに描いてくれたのなら僕にも描いてよと訴えかけるために、オレにこんなあざといことをして見せたんだね。

ただs、それに気づいたのは、家に帰って動画を見返してからだったんだ。ごめんなさい。何も渡せないなりにここでお礼をさせてください。ありがとう。

最終日の締めの昼食としてチーズバーガーセット

13時を過ぎようとしているし、そろそろ昼食を済ませよう。今回はハッピーカフェでチーズバーガーセットを食べたよ。最終日にしてちょっとジャンキーな選択。

チーズバーガーセット

ドリンクはコーラを選んでいて、さらにジャンキー感が漂っているよね。だけど、チーズバーガーに挟んであるお肉は食べ応えがあるくらいに分厚いし、全体的に大した量には見えなくとも結構お腹にたまるよ。パティも佐世保バーガー用に使うものを使っているという豪華バーガー。沢山食べるルビーちゃんもこれなら満足するに違いない。これをジャンキーな食べ物と言ってしまっていいのか。

これだけのボリュームを食せば、この後のルビーちゃんとの触れ合いでは存分に楽しむことができそうだね。ごちそうさまでした。ありがとうチーズバーガーセット。

ミミィちゃんにダニエルくんの絵をリクエストされたよ

ルビーちゃんにいつでも会えるようにコンディションを整えたはいいものの、まだ時間にかなりの余裕があるから、キティキャッスルに行ってキティちゃん達と触れ合ってきたよ。

キキくん達の絵を持ってミミィちゃんとツーショット

話は戻って、11時過ぎにキキくんやララちゃんに見せた絵のことだけど、実はまだ本人に渡せていないんだよね。今日オレがいる間に顔を見せてくれるかどうかや正直怪しいし、キティキャッスルにいるキティちゃんやミミィちゃんにお願いして、キキくん達に届けてもらうことにしたよ。お願いしたのはミミィちゃんなんだけど、オレがわざわざお願いするまでもなく受け入れてくれたよ。ありがとう。

せっかくだからオレが絵が描かれたスケッチブックを持ってミミィちゃんと一緒にツーショットを撮らせてもらったよ。絵に描かれているキキくんとルビーちゃんが魔法をかける様子を意識してるのか、ミミィちゃんも絵に向けながら魔法を掛けているようなポーズをしてくれているよ。ルビーちゃんやキキくん達が喜んでくれるように魔法をかけてくれているのかな。

絵をもらえて媚びるミミィちゃん

絵を渡すのをお願いするだけお願いして、しかも写真も撮らせてもらってそのままお別れするのもどうかと思ったし、ミミィちゃんには既に完成させたハロウィンの衣装を身にまとったミミィちゃんの絵と、キティちゃんからリクエストされたけろっぴくんとピアノちゃんが描かれた絵を渡すことにしたんだ。

絵を渡すことをミミィちゃんに話す最中、ミミィちゃんの隣にいるスタッフのお姉さんがミミィちゃんの手を突いて嫉妬する様子を見せると、ミミィちゃんがオレに今までのお礼をするかのように寄り添ってきたよ。本当にありがとう。でも、そこまでされるとさらなる絵のリクエストが飛んで来るんじゃないかという微かな疑惑が浮かび始めたんだ。でも例えまた絵を描いて欲しいと頼まれたとしても引き受けてしまいそうだけどね。ミミィちゃんの頼みだから仕方ない。

2枚の絵を持つミミィちゃん

2枚の絵を渡したところで、ここでもせっかくだからミミィちゃんに絵を持ってもらってワンショットを撮らせてもらったよ。ありがとう。

カメラ目線で2枚の絵をドヤ顔で見せつけているかのようだよね。もしかすると、目線の先にキティちゃんがいることを考えながらのポーズだったりするのかもしれない。キティちゃんと比べると、どうしても出番が減りがちなミミィちゃんだから、ドヤ顔ができるチャンスがあればとことんドヤ顔しておかないとね。そうそう、オレからは言わなかったけど、けろっぴくんとピアノちゃんの絵はキティちゃんからリクエストされた絵だから、後でキティちゃんに渡してあげてね。

ガッツポーズを決めるミミィちゃん

そろそろキティキャッスル前では「ハッピーハロウィンタイム」が始まって、ルビーちゃんも来る時間になるから、再びミミィちゃんに一つ確かめてから向かおうと思う。絵のプレゼントはもうこれで十分かどうかをね。何もそんなこと聞かなくてもいいじゃないかと思うけど、せっかくハーモニーランドに来たことだし、ミミィちゃん達が満足したという一言を聞いてから帰りたいじゃない。

聞いてみると、どうやらまだ欲しいらしい。どの絵を描くかは、ミミィちゃんが指を指した先のスタッフのお姉さんが決めてもらって、突発的にダニエルくんということになったよ。ミミィちゃんはそんな荒い決め方でいいのか。

でもスタッフさんは突発ながらもよく考えたチョイスをしてくれているよ。色々なものを描いているがゆえに、橙色の色鉛筆が使えない状態になっていることを知っていて、橙色の必要のないキャラクターを選んでくれたんだ。ダニエルくんというチョイスにミミィちゃんもガッツポーズを決めて喜んでくれてよかったよ。ありがとうスタッフさん。

完成途中のダニエルも愛するキティちゃん

早足でキティキャッスル前のステージに向かうと、どうやら雨が降ってステージが水浸しになってしまったために、ハッピーハロウィンタイムで遊びに来るキャラクター達が隣の「キティロボット」という屋内アトラクション施設に遊びに来て、そこで触れ合える時間となったみたい。キャラクター達が遊びに来る時間ももう少し先に伸びてしまったし、ダニエルくんの絵をもう少し仕上げてから向かうことにしたよ。

線画まで完成したところで、リクエストを受けたミミィちゃんではなくキティちゃんに見てもらうことにしたよ。すると、まだ完成途上の絵にも関わらず、優しくなでるように触ったり、ダニエルくんがかっこよくて好きであることを再確認するように手でハートの形を作っている様子も見られたよ。完成途上でそこまでされるとなると、今日中に何としても完成させたいところだよね。

キティちゃんに途中経過を見せることができたし、キティファンとキティちゃんとの謎の一体感を見せつけられたところで、そろそろルビーちゃん達が待っているであろうキティロボットに向かおう。完成するまでもう少し待っててね。

ルビーちゃんにステッキを持ったハロウィンの絵をプレゼントしてきたよ

屋内施設であるキティロボットに入ると、屋内でも元気な様子のルビーちゃんを真っ先に見つけたよ。例え悪天候であろうとも元気なルビーちゃんを見ていると、悪天候で遊べるアトラクションが限られている中であっても、ルビーちゃんに釣られて元気になってしまうよね。

祝福してくれるルビーちゃん達

まずやるべきことは、今回のために描いたハロウィンのコスプレをしたルビーちゃんの絵を渡すことだよ。ルビーちゃんの付き添いの人やダンサーさんが丁寧に歓迎してくれる中でルビーちゃんに見せてみると、体を震わせたり、何度も拍手をして褒めてくれたよ。ありがとう。

ルビーちゃんがこれだけ喜んでくれるだけでも嬉しいのに、近くにいた付き添いの人やダンサーさんも拍手をして祝福してくれたのが予想外だったものだから、とっても嬉しかったよ。ありがとうルビーちゃんと付き添いの人とダンサーさん。

ルビーちゃんとのツーショット

今度はオレがルビーちゃんに渡す絵を持って、絵が描かれた本人と一緒にツーショットを撮らせてもらったよ。ありがとう。

写真を撮ってくれたん穂はルビーちゃんの付き添いの人だけど、キティロボットのシンボルともいえるようなモニュメントが全部写るように撮ってくれているよ。普通にオレとルビーちゃんをアップで撮らずに、後ろのモニュメントが全て写るように撮ることで、キティロボットという場所でルビーちゃんに絵を渡したという思い出がより鮮明に残されるよね。付き添いの人にこういった形で配慮をされたのは初めてかもしれないね。改めてありがとう。

ギュッと手を握ってくるルビーちゃん

今日でハーモニーランドとはしばらくお別れしないといけないから、もう一度だけトリックオアトリートをしてお菓子をせがんでみたよ。すると、突然ルビーちゃんがオレの手を貯めに貯めてギュッと掴んできたんだ。

お菓子をくれるか、はたまたお菓子をせがまれるかの二択だと思っていたのに、思いっきり掴まれるというまさかの展開に一瞬驚いたね。ただ掴んだだけだと思われるかもしれないけど、オレはルビーちゃんに掴まれた時に感じたんだ。手のひらに目に見えるお菓子はなくとも、ルビーちゃんからオレに対する感謝の気持ちが込められた目に見えないお菓子という存在がね。

絵とは別だと訴えるルビーちゃん

オレは無意識に気持ちに応えるために受け取ったけど、まだまだ諦めずにオレはせがみ続けるよ。今度はそっちからお菓子をよこせと言われるまでね。すると、オレの手を掴みながら、いい加減しなさいと頭の中で考えているようにオレを振り回したよ。直球にお菓子を欲しがるのかと思ったから、振り回すだけで抑えたのは少し考え違いだった。でもこれは暗にお菓子を欲しがっているというメッセージであることは間違いなさそうだよね。

やっぱりお菓子が欲しいみたいで、オレがルビーちゃんに対してお菓子を欲しがるようなことをしておきながらも、残念ながら渡せるお菓子は用意していなかったりするんだよね。お菓子を欲しがる無邪気なルビーちゃんが見てみたかっただけなんていえないよね。ごめんなさい。

さっき渡した絵と以前に渡したスケッチブックで我慢してくれないか話したけど、残念ながら交渉決裂。あれはあれ、これはこれと言われて、全く反論できないよね。とはいっても、何も渡せるものはないし、惜しい思いをしながらも来年渡すことを伝えたよ。

興味津々なルビーちゃん

ルビーちゃんの周りの人たちが楽しくキティロボットを作っていたものだから、キティロボットを作る上での要素の一つである「チャージ部門」というバタバタと脚を激しく動かす施設にルビーちゃんが興味津々だったよ。チャージ部門は全てスペースが埋まっていたから、作る人を見よう見まねで頑張っていたね。

でもルビーちゃんは何度もハーモニーランドに遊びに来ているだろうし、内心では余裕の表情を浮かべながらやっていたのかもしれない。あえて一番体力が試されるであろうチャージ部門を選ぶ辺り、かなりのチャレンジャーだよね。元気なルビーちゃんの実力は気になるけど、スコアは別の機会に見せてもらおうか。

ルビーちゃんに全敗するオレ

せっかくノリノリなところに口を挟んでしまって今更ながら申し訳なかったけど、最後に貴重な時間を使わせてもらって足じゃんけんに付き合ってもらったよ。本当にありがとう。

以前にミミィちゃんとじゃんけんを付き合ってもらった時はほぼ圧勝。この調子ならいけると言わんばかりの気持ちでルビーちゃんに挑んだものの、せっかく挑んだオレのプライドを打ち砕くように全敗。ルビーちゃんは手足をバタバタとさせて、最後に顔に手を当てて可愛いポーズを決めるという心の余裕をアピールしてきたよ。オレの運が悪かった。そもそもラッキー運アップのルビーちゃんに挑もうとしたのが間違いだったのかもしれない。もし今度やれる機会があったらまた挑戦を挑むよ。改めて付き合ってくれてありがとう。

また来年来ることをルビーちゃんと約束するオレ

そろそろルビーちゃんとはお別れの時間が近づいて来たよ。さっきルビーちゃんと付き添いの人達と約束した通り、ハロウィンな絵が描かれたルビーちゃんの絵をプレゼントしたよ。

本当はルビーちゃんに渡さずに付き添いの人に渡そうと思ったけど、ルビーちゃんの好意で直々に手に持って、他にいたぐでたまくん達に見せびらかすように帰っていったんだ。それだけ喜んでくれたということなのかもしれない。ありがとう。

ルビーちゃんが見えなくなるまで手を振って見送ったよ。改めてありがとう。今度会えるとしたら2月だけど、その時もルビーちゃんに会えたら嬉しいね。

コメント&トラックバック

2件のコメント

  1. なんか今テレビでルビーのこえをききました
    プリキュアにおなじ声優さんがいるかもしれませんですね

    • 今やっているプリキュアのモフルンというキャラクターはルビーと同じ声優さんですね。

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL