ぎゃらりー

肉の日に生肉を食べて冷静になった後に豪華なステーキを食べるルビー

豪華なステーキを食べるルビー

西武園ゆうえんちで突発で用意してルビーちゃんに渡したイラスト。これは色紙ではなくて、スケッチブックの一枚を切り離したもの。最初に渡した色紙は、さすがにルビーちゃんが野性に目覚めすぎてて、ルビーちゃんがハロウィンの季節に大暴れしかねないよ。だからオレがスケッチブックに線画ながらも突発でイラストを描いて、未来の時空を捻じ曲げるしかなかったんだ。ルビーちゃん自身のために、そしてジュエルランドや世界の未来のために。

突発で描いたものは、同じ肉の日の絵でも、血の気が湧いてくるようなイラストではなく、ホットプレートの上に焼かれた高そうなお肉を切り分けて食べるルビーちゃん。豪快に食べた生肉は、さすがに血の気がありすぎてルビーちゃんの口には合わないことにあとで気づいたんだ。そして急きょお口直しにステーキ専門店でお高いお肉を満足いくまで食べることに決めたんだよ。

相変わらず口の周りを汚してしまっていて、食べ方の豪快さは抜けていないけど、焼かれたお肉を食べているという事実だけでも安心だよね。生肉を食べたことで、ルビーちゃんの野性に目覚めて世界を猛威に振るう道に向かうことなく、改めて考え直して理性を保ちながら焼かれたお肉を食べるという正しい道へと進んだんだ。これでジュエルランドや世界に平和が保たれた。ありがとうステーキ専門店。ありがとう焼肉。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL