にっき

サンリオピューロランドでルビーちゃんの絵が描かれた色紙を本人に見せたよ

9月20日もジュエルペット達と会いにいくためにサンリオピューロランドに行ってきたよ。今回は午後からの入場。休日だから案の定混んでいたものの、幸いにもルビーちゃんに会えるみたいだから嬉しい。あと、とってもマニアックな色紙を貰ったりもしたけど、その辺については後ほど。

ルビーちゃんに口の周りにチョコが付いているとウソを付いてみる

前々からやってみたことがあったから、せっかくだからこの機会にやってみよう。食いしん坊なルビーちゃんのことだから、沢山食べることに集中しすぎて、口の周りに何かが付いていても気にせずに出歩いてしまうこともきっと多いと思うんだ。

だから、ルビーちゃんには悪いけど、実際には口の周りに何かが付いていないけど、口の周り何か付いてるよルビーちゃん!と言った感じにちょっとしたウソを付いてみよう。ルビーちゃんの焦る様子も個人的にはとっても見てみたい。そんな理由でウソを付いてもいいのか。

口の周りにチョコが付いてる!?

時間は午後だし、ルビーちゃんは沢山のおやつを食べてきたに違いない。そのおやつとは、きっとアイスのピノだと思う。今は日記に書かないけど、つい数ヶ月前の真夏の時期はピノのアイスを沢山食べたがっていた所を観たことがあったし、今もなおピノのアイスを食べていると思うんだ。

という訳で、軽く挨拶をした後にナチュラルにルビーちゃんの口の周りを指して、オレが口の周りを触って取り除いてあげようとすると、ルビーちゃん自身も自然と口の周りを触ってチョコを取り除こうとしたよ。あまり驚く様子は無いし、ルビーちゃんとしては、口の周りに何かついたまま出歩いてもどうとも思わないのかも。ルビーちゃんらしいけど、あまりレディとしては好ましくないよね。

ルビーちゃんとピアノちゃん

ルビーちゃんの顔にまだチョコが付いていないかをピアノちゃんに確認してもらった後、2人一緒に写真を撮らせてもらったよ。ありがとうルビーちゃんとピアノちゃん。ピアノちゃんもルビーちゃんの様子をナチュラルな感じで観ていたし、ピアノちゃんもルビーちゃんの口の周りに何か付けたまま出歩くことをよく知っているのかもしれない。

ここで一旦ルビーちゃんとピアノちゃんとはお別れ。お見送りをしたら、オレに向かって両手で手を振ってもらえたよ。また後で会おうね。

とあるルロロマニックファンの人に貰った色紙をルビーちゃんに見せたよ

実はこの日にサンリオピューロランドに来た理由としてジュエルペット達に会う以外にもあって、時々お話しする機会のあるルロロマニックファンの方に、偶然手に入れたルロロマニックのプチタオルを渡すという使命があるんだよ。

ルロロマニックというキャラクターについては、サンリオ公式サイト内にあるルロロマニックのスペシャルサイトを観てみてね。

レベルの高いルビーちゃんの色紙

幸いにも渡すことが出来て、なんとお礼としてルビーちゃん他御三家と、ルビーちゃんの大好きなピノのアイスがでかでかと描かれた色紙を頂けたよ。ありがとうルロロマニックファンの方。

中央のルビーちゃんの目線が案の定のことピノのアイスに向かっているのが面白い。ピノのアイスが芸術的に描かれているのも目を引くよね。あまりに芸術的なピノだからか、あまりに食べた過ぎて、額に汗を流している様子。さらに気になるのがガーネットちゃんの表情。まるでオレを観ていかくしているみたい。いつものガーネットちゃんだ。

せっかく貰ったのだし、ルビーちゃんに会うときに見せびらかしてみよう。ピノを必死に食べたそうにしているルビーちゃんが描かれているのを本人が観てどう思うのかな。

色紙を見てテンションが上がるルビーちゃん

早速ルビーちゃんに見せてみると、自分の絵が描かれているからか、とっても大喜び。ルビーちゃんがいる前では話さなかったものの、あの芸術的な感じで描かれているピノのアイスには驚いたりしなかったのかな。せっかくだから聞いておけばよかった。

ルビーちゃんが描かれた色紙をルビーちゃんに見せているせいか、隣のピアノちゃんがじーっと色紙を観ていてとっても羨ましそう。ピアノちゃんごめんなさい。ピアノちゃんも芸術的なピノを観て食べたくなったのかな?そういえばピアノちゃんという名前から”ア”を取り除いたら、ピノちゃんになるよね。これはピノと何らかの因果関係があるかもしれない。すごいどうでもいい。

ルビーちゃんが色紙を持ちながら記念撮影

最後にルビーちゃんと色紙とピアノちゃんで一緒に写真を撮らせてもらったよ。ルビーちゃんに色紙を持たせようとする前に、早く持たせて!という具合で手をすぐに出してきたから、きっと欲しいに違いない。写真を撮らせてくれてありがとうルビーちゃん達。

ピアノちゃんも色紙に描かれたルビーちゃん達や芸術的なピノに感動したのか、写真を見ると分かる通り、色紙を全力で推している様子が撮れたよ。ピアノちゃんが強烈に嫉妬するレベルの色紙であったことは間違いない。ありがとうピアノちゃん。

色紙を欲しがるルビーちゃん

写真を撮らせてもらった後は、やっぱりルビーちゃんは後ろを向いて色紙を返したくなさそうな様子。渡したいけど、これはルビーちゃんに渡すためではなくオレに宛てた色紙だし、残念ながら渡せないんだ。

オレは必死に謝ることでどうにかルビーちゃんから色紙を返してもらうことが出来たよ。ただでさえハロウィンのお菓子の代わりに何かを渡す約束をしたりしていたのに、さらにルビーちゃんに対して約束が増えてしまうじゃないの。どうしよう。

またとんでもない約束をしてしまった所でルビーちゃんとはお別れ。ありがとうルビーちゃん。これはオレが頑張って描いた色紙を用意しておく必要があるか。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL