にっき

サンリオピューロランドでルビーがアイスをいくらでも食べられると言っていたよ

一昨日も写真のミニプラントという名のキャンディーファクトリーでルビーちゃんのお写真を撮ったりお話したり、リリーボンボンズのマーチングパレードでルビーちゃんと一緒に踊るためにサンリオピューロランドに行ってきたよ。やっぱり月曜日だからか平日の割に人が多め。

モーニングルビーちゃん

入館してすぐにルビーちゃんに会う事が出来たから、「サンリオピューロランドでルビーちゃんがアイスの自動販売機に蹴りを入れていたよ」でのピノアイスのゲームでからかったりしてしまった事を謝っておこう。最終的にピノアイスの空箱を選んだのはルビーちゃん自身だから謝らなくても良いかもしれないけど、他にもアイスでからかったりしたことがあったし、やっぱり謝るべき。

ルビーちゃんに謝罪前の写真

アイスのことはしっかり覚えているようなんだけど、あんまり気にしていないみたい。あんな嫌がらせをしたのに、気にしていないなんて、かなり天使なのでは。ただ、さらに付け上がって嫌がらせがレベルアップするかもしれないから、程々にした方がいいよね。

ルビーちゃんは表向きではあんまり気にしていないようだけど、内心では煮えくり返っているかもしれないよ。アイスの箱で遊ばれている事に勘づいていたりして。あんまり頻繁には遊ばずに、たまになら許してくれるかな。

とにかく、許してもらえてよかった。ありがとうルビーちゃん。今度はキャンディーファクトリーで会おう。

ルビーちゃん曰くアイスの欲は無限大らしい

キャンディーファクトリーでもルビーちゃんに会ってみると、今回はどうやらアイスの自販機に近づく事は自発的にはしなかった様子。前回のように自販機を蹴った時とは違ってやたらと落ち着いていて、ある意味恐い。ルビーちゃんはここに来る前に沢山アイスを食べて少し満足しているのかも。

アイスの自販機を指すルビーちゃん

実際に聞いてみると、まだまだ満足しきれていないらしい。でも今回はアイスの自販機に直行したり、露骨は様子は見せないよね。ガーネットちゃん他ジュエルペット達に、あんまりレディらしくない振る舞いはやめて!と怒られたのかもしれない。食べたいけど、食べたいけど、皆に言われたから我慢しなくちゃいけないの!という状態なのだと思う。ルビーちゃんとの会話中に思わず、大変ですね!と漏れてしまった。

アイスがその場で食べられないルビーちゃんがとても心苦しいから、せめてルビーちゃんが目の前のアイスの自販機のオーナーになった気持ちになってもらおうと思って、上のような、これが私のアイスの自販機達よ!と自慢げに語っているか感じの写真を撮らせてもらったよ。せめて写真の中だけでもアイスを沢山食べてもらいたいよね。

アイスを見つめるルビーちゃん

ちなみに今月で写真のミニプラントという名のキャンディーファクトリーでルビーちゃんに会えるのは最後になるらしい。だから、せめて前々から聞いて起きたお琴を聞いておこう。

前々からルビーちゃん曰く、アイス自販機2台分のアイスが欲しい!と言っていた事なんだけど、それは目の前に自販機が2台あるから2台分欲しいと言ったのだと思う。自販機が3台以上あった時はどうなのかを聞いてみたい。前々から気になっていた事なんだけど、何故か聞けていなかったから、早いうちにモヤモヤした気分を無くしておこう。

これは予想通りだけど、ルビーちゃん曰く、アイスの自販機が2台分しかないから2台分欲しいと言っているらしい。もう分かる通り、3台や4台あったらそれだけ欲しいし、5台や6台あれば、やっぱりそれだけ欲しいらしい。10台あっても100台あっても何が何でも食べ干すつもりなんだと思う。この段階で分かった事があるんだけど、ルビーちゃんの胃袋は間違いなくブラックホールのようになっているのだと思う。もはや他のジュエルペット達や他の生物を超越した胃袋の持ち主で間違い無し。またルビーちゃんに関するまめ知識が増えてしまったか。

モヤモヤした気持ちは無くなってさっぱりした所でルビーちゃんとはお別れ。翌日は誕生日だから、アイス関係の何かをプレゼントしたい所。念のため、ルビーちゃんに何が欲しいか聞いてみた方がいいかな?それはひとまず置いておいて、今度はリリーボンボンズのマーチングパレードで一緒に踊ろうね。

ルビーちゃんがアイスをひたすら食べるスタイルについてルーアちゃんに聞いてみる

この日はハローキティ40周年記念パレードをパスして、ルーアちゃんにルビーちゃんのここ最近のひたすらアイスを食べまくるスタイルについて聞いてみようと思う。ルビーちゃんをライバルとして観ているルーアちゃんは、ここ最近のルビーちゃんの動向は絶対に気になるよね。

ルーアちゃんの上が光る写真

ここ最近のルビーちゃんがアイスにハマっていて、ひたすら体重を増やしていることについて話して、ライバルとして観ているルーアちゃんはそれに乗るのかどうか聞いてみたよ。案の定だけど、ルーアちゃんはルビーちゃんの体重を増やす流れには乗らないとのこと。

ルーアちゃんはしっかりとしたレディだからいいけど、ルビーちゃんはかなりボーイッシュな感じで、レディ分は少なめ。ルビーちゃんは体重の事について聞くと、一応気にしていると答えてくるものの、内心は体重はあまり気にしていなさそう。そうじゃなければアイスの自販機何台分もアイスを食べようなんて言わないしね。

やっぱりルーアちゃんはこのままが可愛いからこのままでいてね!と一声言ってルーアちゃんとはお別れ。ありがとうルーアちゃん。

ルビーちゃんと同じ道を歩んだからルーアちゃんじゃ無くなってしまう気がするからちょっと勘弁。丸々太ったルーアちゃんを観てみたい気がしなくもないけど、イメージが崩壊してしまう。想像するのはやめよう。

ルビーちゃんとのお話が終わったら昼食を食べよう

一度ルビーちゃんとルーアちゃんに会った後は、最後にルビーちゃんに会う時のコンディションを整えるために、キャラクターフードコートで醤油ラーメンを食べたよ。やっぱりお腹が空いているとルビーちゃんとお話しに支障が出るに違いない。この後はリリーボンボンズのマーチングパレードで一緒に踊って体力を消耗するし、なるべく最高の状態で挑むべき。

今度は醤油ラーメン

度々ラーメン少な過ぎ!と突っ込んでいるけど、あまり量が多過ぎても問題だと思った。あんまり食べ過ぎるとお腹が膨れて動きづらくなるし、数時間後のリリーボンボンズのマーチングパレードにもかなりの支障が出る事は間違い無し。だからこのラーメンの量で問題無し。値段はご当地特価みたいなものだから我慢しよう。お祭り会場のたこ焼きとかがやけに高いのと同じ。

名前を間違えられたリリーボンボンズのマーチングパレードでのルビーちゃん

ここに来た目的の一つであるリリーボンボンズのマーチングパレードに参加して、アイスに飢えているルビーちゃんと一緒に踊ろう。今回はヒップアタックポイントで待機が出来なかったから、ルビーちゃん達が紹介される場面で待つことにするよ。この場所はかなり久々な気がする。

手で挑発してくるルビーちゃん

最初からルビーちゃんは飛ばし気味。オレに対して、今度会う時は覚えていろよ!と挑発的な歓迎をしてくるし、さっきは気にしていない様子だったけど、あれは嘘だったのかも。ルビーちゃんは本音を隠そうとしてもすぐにボロが出てしまうのか。とにかくアイスの恨みは恐ろしい。

7月中に何かプレゼントを送ろうと思ってるから、それまでにルビーちゃんも頭を沸騰させ過ぎて倒れないでね。

名前を間違えられるルビーちゃん

今回のマーチングパレードでのルビーちゃんが紹介される場面では、ルービー!とキャストさんがルビーちゃんに向かって言う所があるんだけど、間違えてリービー!といってしまって、ルビーちゃんが動揺していたよ。

キャストの人はリリーボンボンズとルビーが頭の中でゴチャゴチャになって言ってしまったのだろうけど、まさかのミスが2人のコラボを産んでしまったか。近い将来はリリーボンボンズのメンバーの中に”リビー”が仲間入りする日も近いね。

目を回されるルビーちゃん

ルビーちゃんに強烈な歓迎をされた割には、一緒に踊る時は特に攻撃されずにまったり一体感を得られながら踊ることができたよ。みんなが踊っている最中に暴走したら他の人に迷惑が掛かるから流石に抑えたのか。

最後にキャラクター達が集合している場面では、何故かマイメロディちゃんにスティックライトで目を回される事案が発生。一体マイメロディちゃんはルビーちゃんに何の恨みがあってそんなことをしたのか。

でも、どうせやるならアイスの箱を使って目を回させた方が効果があったと思う。マイメロディちゃんもその辺は詰めが甘かった。

記念写真タイムの最中のルビーちゃん

最後の皆が集合して写真撮影タイムをしている最中には、なんだかんだでルビーちゃんがこっちに向かってポーズをしてくれたし、やっぱりルビーちゃんは天使なのか。いや、油断出来ない。そう油断させて後で何かを仕掛けてくるかもしれない。

最後にリービー!と呼ばれて動揺するルビーちゃんの様子を動画でプレイバック!色々ルビーちゃんのことを言いながらもオレは恨んだりしてないからね。この日は一日ありがとう。また一緒に踊ろう。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL