にっき

レディ ジュエルペット 第7話「ステキなメールはレディのたしなみ」の感想

ルビー大先生のマンガ押し

おとといのレディ ジュエルペットは、心を打つ素敵なメールを送りましょう!という課題のお話と言いつつも、かろんとサフィーの出会いのお話でした。サフィーの博学だけど不器用な感じが相変わらずだね。

突然のきっかけで訪れるサフィーとかろんの出会いのお話

メールの課題で悩んでいたかろんにサフィーがフォローをする辺りから始まった、サフィーとかろんの出会ってからレディ候補生となるまで昔話。話としてはよくある感じだけど、こういうきっかけってなかなか無いよね。サフィーはいわゆる芸能界のスカウトする人みたいな感じ。

サフィーが一押ししてくれたおかげでレディ候補生になる決心がついた訳だし、お姉ちゃんのおかげでもあると思うんだ。お姉ちゃんが恋愛小説家になるきっかけがそもそもレディに憧れていたからだし。いい具合に出来事が繋がったおかげだね。

かろんもサフィーとの偶然の出会いに感謝しなきゃ。オレもこういう偶然の出会いに巡り会ってみたいよ。そう、巡り会うためには、お姉ちゃん曰く、外に出なきゃ駄目だぞ。

そして少し話は逸れるけど、サフィーがやたら可愛かった。サフィーってあんなに狙った獲物は逃がさない!みたいに粘り強かったっけ。サフィーがレディ候補生にしようという必死なところも素敵だけど、さっきも書いた通り、その必死さが若干ズレていて不器用なところがなんとなくサフィーらしい。

ももなの謎方言っぽい誤字メールなど

今回の課題のメールは個性がやたら出てた。ガーネットの指導を受けたみずきのメールは絵文字と肉球しかないわ、ルビーとももなは文字の打ち間違えをして破綻してしまっていたし。最初は方言だと思っていたんだけど、見返してみたら全然違った。方言だったらある意味可愛かった。

ルーアとリリアンのメールはお手本通り。最後の「あらかしこ。」は、「こんな文章で失礼しました。」という意味らしいですよ。丁寧過ぎて滑ったね。ルーア達の困った表情もまた可愛い。

こういう流れで来て最後はサフィーとかろんのメール。小説風メールで圧勝ですね。プリンスであるロメオがまるで某何とか味っ子みたいな感動の仕方をしちゃって、そこまで感動しちゃうのかこのメール。でも、かろんとロメオは課題の前にあんな出来事があったし仕方ない。今回の話でロメオとかろんが結構近づいちゃった気がするけど、最後の最後でまさかの一緒になるというオチが出てきたりするのかな。まだ始まって間もないし決めちゃうのはまずいまずい。

リリアンとももなでどっかに行っちゃう次の話

今度のお話は、リリアンとももながどっかに行って行方を眩ますらしい。今度の話でリリアンの過去が今回のかろんのときのようにネタばらしされるのかな。一番過去が知りたいキャラなので楽しみで仕方ないね。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL