にっき

ジュエルペット マジカルチェンジ 第38話「さよならの予感」の感想

何でってそれは...

12月19日のジュエルペット マジカルチェンジは、楽しい楽しいクリスマスの時期になり、あいりやルビー達がクリスマスツリーのオーナメントの飾り付けをして楽しんでいる最中に、思わぬパパからのメールやローラ達からの知らせでジュエル城の危機に直面するお話と、とうとうルビーがラブラのサングラスを壊した話の2本立てだったね。

さよならの予感

あいりを喜ばせるためとはいえ、ルビー達から進んで「魔法の修行」という言葉が出てくるとは思わなかったよ。あいりとルビー達があまりに自然に馴染んでいるものだから忘れていたけど、ルビー達はあくまで居候なんだよね。だらだらと居候できたのは何もかもあいりのおかげ。そんな彼女にクリスマスプレゼントという名の雪景色を見せてあげたい。そして、ルビー達だって本気を出せばこれくらいできるというところを見せたい。見えないところでこれだけ成長したという所も暗に見せたかったんだろうね。

残念ながら降らせることができたのは、沢山のお餅やちくわぶだけだったけどね。でもルビー達の努力はあいりに当然のように伝わっているし、オレにも伝わった。そして、ルビー達の計画を暗に知っていたルーアが、それに協力するためにイケテルウォッチをローラの朔太郎ルームに仕掛けるという、同じジュエルペット達として協力してあげたい思いやりの気持ち。こんなかく乱作戦ができたのもイケテルウォッチを開発した朔太郎のおかげ。未完成品でも新たな利用方法を見出してしまったか。

この後はいつも通り、ダラダラとしたルビー達の話が繰り広げられると思いきや、パパからジュエル城を元に戻す方法が判明したというメールが届いたり、まさかのラルドを装ったパパが乱入したりと、和やかな雰囲気から一気に最終回に差し掛かっているという現実に引き戻されたね。それと同時に、ルビーが勘違いして用意した「いつまでもあいり達とだらだらできますように」と書かれた短冊の真逆を行くようで、両方の意味で寂しさが込み上げてくる。

とうとうパパ達から知らされた、ジュエル城を元に戻す方法。それは、ジュエリーナ女王となって、魔法の力で城を元に戻すこと。オパールに向かって勝手ジュエリーナ女王になることをルーア達が非難すると、ルビー達が修行をさぼっているからと逆にお説教。そこで言い返したあいりが、まるで頭の中に貯め切れないほど貯まっているルビー達の思い出を思い返しているかのような表情で語る様子が説得力抜群だよね。

ルビー達の魔法は確かに下手だけど、下手なりの魔法で親しみを持つことができてるじゃない。科学の力一筋だった朔太郎でさえも魔法を認めてる。いつもだらだら過ごしていると言うけど、あいりのために頑張って雪を降らせようと魔法の修行をしていたじゃない。オパールは魔法の力をつけて人間達を驚かして信じ込ませる方向しか考えていないオパールがマジカルチェンジできなかったという結果から一目瞭然だよね。人間を助けて温和に、そして自然に信じてもらう方向があったっていいんじゃない。その結果がルビー達だったんだね。

ジュエリーナ女王になれるのは一人だけ。オパールがここにきてもバトルロワイヤルと言って煽っているけど、ギスギスせずに解決する方法はないのかな。あいりに雪を見せるために魔法の修行でみんなと魔法を使った時のように、マジカルチェンジしている今こそみんなの力を合わせて元に戻せたらいいのにね。

ジュエルペット ただいま逃亡中

前回の話で囚われたルビー。ここでちょっとドジっ子らしいルビーが転んでくれたおかげで形勢逆転。ラブラのサングラスも破壊して平和が訪れたのかと思いきや、第1話で登場したラブラのロボットが改めて出現。今までのはリハーサルだったのかもしれない。ルビーの逃亡劇は無限ループなのか。

次は寂しい最終回

次でとうとう最終回。次回予告のセリフでは唯一ルビーだけが争わずにお腹すいたという一言。最終回だけど最終回と思わせないブレないセリフがルビーらしいよね。最後もラリマーのしっぽさんも登場して、もしかしたらオールスターになるか?最後だから悔いのないようにしよう。

コメント&トラックバック

2件のコメント

  1. またお久しぶりです。デココさん。 そしてメリークリスマスです!!秋田人です。 実に1年前の記事に対するコメントとなってしまいますが、最終回を観た後、感動したものの、色々と悲しくて、その後も私情で忙しく、なかなかこちらにコメントできずにいました(泣)。 丸1年たち、「リルリルフェアリル」にてルビーたちが久々に元気な顔をみせてくれた今日、それに便乗してあえてコメントさせていただいております・・・。 思い起こせば、38話は「マジカルチェンジ」のネタを詰め合わせたようなドタバタな展開で笑える部分も多かったですが、今思えばそれも「お別れ」の前触れだったと思うとやはり悲しかったです。 でもルビーたちの頑張りっぷりは自分の心にも響いてきて感動でしたね。 まさか予告で観たラルドがあいりのお父さんということにはビックリでした。 こちらまでドタバタな気分になっていました。

    • 秋田人様お久しぶりです。クリスマスですね。
      お別れの前触れと考えると確かにそうですね。おかげで最終回は号泣してしまいましたが、最終回から約1年後であるおとといのリルリルフェアリルの放送で、ルビー達のドタバタとした様子から当時のワクワクとした気持ちが蘇りましたね。
      また来年のクリスマスの時期にジュエルペットが遊びに来てくれたら嬉しいですね。

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL