にっき

レディ ジュエルペット 第51話「白いうさぎと赤いリボン」の感想

赤いリボンを身につけた謎のウサギ

3月21日のレディ ジュエルペットは、ファイナルワンドを使った結果、「思い出」という名の大切なものを失ってしまった後のももなの様子が観れたね。前回の話でエンディング前では危うく命を失ってしまうのだと思ったけど、エンディング後のパートで家に戻ってきていたからホッとしたよ、

白いうさぎはルビーなの?

ももなは大切な思い出を失ってしまってからは、赤いリボンを身につけていて、やたらとルビーに似ているうさぎがももなを誘導しているかのように動いていたね。ももながそのうさぎを追うと、なぜかカイエンにぶつかったり、事故に遭いそうになったところをカイエンに助けてもらったり、明らかにカイエンと縁を結ばせようと誘導していてとっても不自然。このうさぎは間違いなくうさぎ(ぬいぐるみ?)のフリをしたルビーで間違いなし。

そもそも、何でルビーではなく、ルビーによく似たうさぎの姿をしてたんだろう。ももながトップオブレディを目指していた頃の記憶を無くしてしまったから、ルビーのことも断片的に忘れてしまったと考えるのが良さそう。完全に忘れてしまったわけではないから、ルビーによく似たうさぎとして現れたということか?何はともあれ、ここからはルビーによく似たうさぎのことをルビーと呼ぶことにしよう。

最終的にはそのルビーの思惑通り、ももなとカイエンの関係は大切な思い出を消される前の近いカップルになったね。きっとぬいぐるみ姿になったルビーも喜んでいるよ。思い出の記憶が消されたのだと思ったけど、消されたのではなく、大事な思い出が入った入れ物が何処にあったのかを忘れてしまった状態で、いわゆる記憶喪失状態だったんだね。思わぬファイナルワンドの優しさか。それともラリマーが最後の最後でこっそり仕込んだかのどちらか。ここは2人の思い切った決断の勇気を讃えたラリマーの優しさと考えておこう。

ただ、まだジュエルペットやトップオブレディを目指していた頃の記憶は戻っていないんだよね。それも近いうちに戻りそうな勢いだけど、もう一押し欲しい。ジュエルペットが登場でもしないとこれ以上思い出すことは難しそうに思う。次の話できっと現れてくれるかな?現れてくれないとまるで最終話じゃないぞ。絶対に登場するはず。

あっちの世界では伝説になる2人

最後でロイヤルパレスの場面になって、リリアン達がトップオブレディを決める最後の課題を受けようとしていたね。当たり前のことだけど、ももなとカイエンは伝説の人物という扱い。「ある1人のプリンス、ある1人のプチレディ」というセリフからして、もう遠い過去の話をしているかのよう。せめて名前を呼んであげることと、ももなとカイエンの写真をでかいスクリーンに映すくらいのことはしてあげてもよかったんじゃないの。ここまできてプライバシー保護かよ。

最後でこんな描写を流してくるということは、今日のももなとカイエンの様子と、ロイヤルパレスでこれから行われるトップオブレディを決める課題と何か繋がりがあると考えてもよさそうだよね。

というわけで、次の最終回に期待。最終回のオープニングかエンディングは、毎度元気なルビー達の合唱になるけど、今回も期待しちゃっていいよね。今までどんよりとした話が多かったレディ ジュエルペットだけど、最後の合唱でパッと元気な歌声を聞かせてよ。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL