にっき

低等身デフォルメマスコットオンリー「でふぉます!」にサークル参加してオンライン上で感想をもらったりした話

5月5日はオンライン即売会の低等身デフォルメマスコットオンリーイベント「でふぉます!」にサークル参加してきたよ。初めてのオンラインイベントでドキドキ。ちょっとした操作ミスでとんでもないことになりそう。そんなことを抱きながら、まるで初めてのコミケに参加したときのような気持ちになっていたけど、なんだかんだで楽しくイベントを終えることができたよ。

オンライン上でのお店の準備

いつものコミックマーケットやけもケットと違って、オンライン上でのサークルスペースの飾りつけをしないといけないんだ。初期状態のお店の画像をダウンロードして描き加えたりしていくよ。そうそう、既に自分自身のデココのドット絵アバターの作成は済んでいるから大丈夫だよ。

どのサークルも初期状態のお店の面影がほとんど見えないくらいにリニューアルしていて個性的だったよ。みんな大胆にやっていくなら、逆にオレはお店の全体の外観はノータッチでいこう。逆に目立つに違いないんだ。というわけで、お店の外観はそのままにして、カッシーくんたちに売り子として来てもらったよ。これでオレが数時間は席を外してサボっていても何とかしてくれそう。

お店の方はこれで完成として、あとは画像のお品書きだよ。普段だったらA3サイズの用紙に印刷して、サークルスペース上にポスタースタンドを設置して飾るところ。今回はサークルスペース内の右下にあるサークルカットを選択すると、サークルカットの拡大画像が表示されるのと同時に、下にスクロールすると大きなお品書き画像が表示されるよ。新刊の宣伝をしつつ、下の方にはちゃっかりとサイトの宣伝も入れておこう。やっぱり見てほしいしね。

サークルスペース内でずっと店番をしつつ噴水前で記念撮影もしたよ

ひととおり落ち着いたのはイベント開催当日の深夜3時頃。リアルイベントと同様にギリギリまでやろうとしてしまう癖は治らないよ。それはさておき、朝10時に無事に開催されたよ。おめでとう。ちなみにオレのツイッターの「でふぉます!が始まりました」というツイートは自動投稿でした。10時数分過ぎ辺りで目が覚めてしまったから結果として意味がなかったけど、本来だったら13時頃までぐっすりと寝るつもりだったからね。完全に疲れは取れていないけど、せっかく起きたからには楽しまないとね。

22時に終了だけど、さすがにその時間までまるまる画面とにらめっこするわけにもいかないよ。なので、今回のイベントにはコアタイムというイベントのメインとなる時間が設定されていて、1回目が13時から14時、2回目が20時から22時なんだ。オレは開催されてすぐの時間から14時辺りまでいて、そのあとは時間を空けて20時半前辺りから終了の時間までいたよ。各コアタイムの時間の中で行われる噴水前の記念撮影タイムは、2回目は危うくチャンスを逃すところだったよ。記念すべき1回目のイベントにオレの顔を刻んでいかないと。

写真撮影時に噴水前に集まる時以外では、リアルイベントと同じくただひたすらサークルスペースの店内を見守るだけだよ。見守るとはいっても、サークルスペースが映っているブラウザのウインドウを画面の端に移して、何かをやりながら見守れるからいいよね。いざ誰かがお店の中に入ってきた際は、ピコッ!という通知音が鳴ってくれるという新設設計。慣れてきたら、サークルスペースの画面は端に移しつつ、中央にはお絵かきソフトの画面を移してオンラインスケブもやることができそう。

オンラインでも結構感想などをもらえてウレシイ

サークルスペース内の左上の看板マークを選択すると、サークル参加者と投稿した人にしか書き込みが見えない掲示板が出てきて、好きなサークル参加者にメッセージを残すことができるよ。サークルの責任者からは誰かが書き込んだ際に「書き込みました」という通知が表示されるんだ。

リアルイベントと同様に、このオンラインイベントでも掲示板を通して色々な人の感想や意見を聞くことができたよ。案の定のこと、緊張して的外れな返事を書いたかもしれないけどそこは許して。

おつかれさまでした

最後の写真撮影を終えて終了時間が迫ってきたら、主催の人と噴水前で何人かと集まってカウントダウンをして終わりを迎えたよ。さすがに22時ということもあって、全体の人数は10人程度しかいなかったかも。噴水でみんなが「お疲れさまでした」とイベント会場でささやいて散っていく様子は、子供の頃に沢山遊んでいつの間にか夕焼け空になっていた中で、みんなと別れてそれぞれ帰っていくところを想像して感動してしまうよね。

というわけで長い時間お疲れさまでした。そしてシロデココにお越しいただいたり、感想などを残してくれたり、新刊も買ってくれたみなさん、そしてイベント主催者や関係者のみなさん、ありがとうございました。主催の人が次のでふぉます!のイベントを検討してくれているみたいだから、もしまた行われるようであれば参加しよう。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL