ぎゃらりー

ピアノをまるで慣れているかのように楽しく弾くミルキィ

楽しそうに弾くミルキィ

プレーズのバイオリンラピスのアルトサックスイオのハープと来たジュエルペットの楽器シリーズ。今度はミルキィにピアノを弾いてもらったよ。

ピアノというと、子供の頃から習い事で親しみのある楽器だよね。とはいえ、ピアノは習い事で習わなければ、まず触れることはないことも分かっているよ。

同じような鍵盤ハーモニカは小学校の頃に触っていたけど、周りに合わせて押していただけで、あまり頭に入っていなかったね。実は数年前に電子ピアノを買ったのだけど、イラストや漫画を描くことで時間が手一杯で、あまり触ることができずにいるよ。買った以上はある程度は弾けるようにならないとね。

慣れるまでに5年は掛かるといわれているピアノだけど、そんなものを軽々と弾いてみせるミルキィ。しかも弾くことに疲れを見せず、楽しそうに何かを歌っているという気持ち的な余裕さ。

一体どこでピアノを習ったのか。オレもミルキィにピアノを教わりたい。もしミルキィが個別ピアノ教室をしてくれたら、数ヶ月であっという間にミルキィに追いついてしまうはず。「ここはこの指で押すですぅ」や「この部分はこうするですぅ」というようなセリフが響き渡る暖かい空間を想像しながら、オレのピアノに対するモチベーションが上がることをオレ自身が望むよ。力を貸してくれ、ミルキィ。頼む。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL