にっき

ジュエルペット マジカルチェンジ 第20話「押しかけシスター!」「サンゴ・真夏の大逆転」の感想

伊達じゃないラブ!

8月15日のジュエルペット マジカルチェンジは、あいり達の家に突然ローラが押しかけて散々迷惑をかける話。サンゴのお店で出していた新しいメニューが迷走していた話。思わぬ相手がルビーを追い回す話の3本立てだったね。

押しかけシスター!

あいりの夏風邪に心配されるルビーや朔太郎達。そんなみんなの様子を察したかのように1日妹として現れるローラ。どうやってこの状況を知ったかなんて、過去にみんなの声を盗聴していたことを考えたら分かるよね。今回は盗聴をする様子は無かったけど、当たり前のように行われているから省略されたのかも。

ローラにとって、あいりの普段の忙しさが身に染みて分かるいい機会だったに違いない。ただ買い物を済ませるだけなのに、ラブラは迷子。ルビーは試食コーナーにべったり。その上、お腹空いたというセリフまで漏らす余裕。ルビーがスーパーの中の試食コーナーで容赦なく食い尽くす様子。そのルビーの周りにいるローラ達が頭を低くして恥ずかしく見守る様子が頭に浮かぶよね。そんな辛い思いをあいりは何度も経験しているんだよ。ローラにそんなことを日常的にできる?

ローラにのしかかる度重なる負担と、ルナの指摘されて観た、朔太郎があいりにすりおろしリンゴを食べさせる様子。それを見てローラが練りに練った作戦が、「自分が風邪になって朔太郎に看病してもらおう」作戦だったか。あいりはまだパジャマ姿で風邪は治っていないのも関わらず、でかいベッドを玄関前に持ち込んで、さらに風邪をひいて乗り込んでくる非常識っぷり。庇う側であるルーアも「ローラ、バカな子」と呆れられる有様。おフランスな味がするオムライスを作るだけ作って去るという好感度アップポイントが台無し。妹が欲しいという思いはファッションなのかどうか疑っちゃうぞ。

サンゴ・真夏の大逆転

サンゴが夏に向けて作った新しいスイーツのフルーツぜんざい。サンゴが言う、暑い時こそカレーやお茶などの熱いものを食べたら元気が出るという話はデザートでは通用しないと思うんだ。メインの熱いものを食べた後は冷たいものを食べて癒されたいという考えをサンゴは忘れてしまっていたか。夏という季節なら特にそう。スイーツを食べる専門家なら、食べる側の経験が肥えているサンゴなら余裕だと思っていたオレが甘かったよ。

ルビー達もお隣のソフトクリームやアイスのお店で買ってきたものをサンゴのお店で堂々と食べてナチュラルにバカにするありさま。過去にサンゴがお店でくだらないトラブルをやらかしているからね。半分呆れているのかもしれない。

ラブラがショッピングセンター内を北極並みにして強引に需要を生み出すという荒技。サンゴがやけになって、フルーツぜんざいが山のように入った鍋をぶちまけようとしたところを、食べ物の粗末はいけないと言わんばかりのマジカルストーンのお情けをもらって味の問題も解決。食べ物は大切に。

スイーツを食べる専門家として長いとはいえ、同じ人間の立場にならないといけないということも忘れていたね。ジュエルペットと人間が同じように接しているものだから、オレもその辺のことに全く気付かなかった。

需要は首の皮一枚で繋がったからよかったものの、隣には夏の定番の存在であるソフトクリームやアイスを売るお店があるからね。思い切ってサンゴが考えたとっておきのアイスを出して挑戦状を叩き込んでもいいと思うぞ。頑張れサンゴ。

ジュエルペット ただいま逃亡中

突然出てきたJPET75という文字。調べたところ、元ネタはGメン75という古いドラマだって。1975年から1982年の作品だから、最近の大人でも全く知らないよね。

ルビーやラブラのワガママに振り回される日々に疲れたんだ。悩みに悩んだ結果、ラブラの役をあいり達が奪って、ラブラもまとめて恐怖のどん底に突き落として反省してもらおうという考えがあるに違いない。特にルビーは今回の話だけで、試食コーナーに居座り続けて迷惑をかけたわけだからね。今考えたらちょっとしたホラーだけど、ルビーとラブラが相手だから、たまにはこういうのもいいよね。

今度は新しいジュエルポッドの話らしい

今度の話は新しいジュエルポッドの話らしい。つい最近発売された「Jewelpod Magic」がアニメでもとうとうお披露目ということになるよね。次回予告の説明とシーンが全く合ってないから、次の話の肝心な中身が全く分からないぞ。ひとつ分かったことは、中途半端なアップで映るラリマーとルナのセリフが普通ではないだろうということか。楽しみだね。

コメント&トラックバック

2件のコメント

  1. 20話ですが、あいりが真夏にいきなり風邪をひいてしまったのには驚きでした。 僕も3年ほど前に夏風邪をひいたことがありましたが、結構辛かったです・・・。 だからあいりの辛さも少し分かった気がします。 しかしローラがあいりの代わりをするには色々と無理があったと思います。家事などが上手くできなかったのは、やはりお嬢様であまり家の手伝いなどをした経験がないからだと思います。ですがこの回では、マジカルチェンジしたルナの困った表情などがとても可愛いかったと思います。 終盤の兄妹愛はとても感動しちゃいました。でもやはりその後のローラの行動は僕も苦笑いするしかありませんでした(笑)。 デココさんもどうか風邪にお気を付け下さい。 Bパートですが、意外にも早くサンゴが再登場していて嬉しかったです。真夏にぜんざいは確かに悪くないと思いますが、売れないからといって店中を魔法で寒くしてしまったことには驚きました。ラブラも「伊達じゃない!」と言って発動した魔法はラブラが張り切っていたためか、やはりいつもより強力だったと思います。 しかしあいりの風邪がぶり返しそうになった件などもあり、やはり洒落にならないものを感じました。(洒落といえば、今回何故かルビーたちのダジャレが多かったですね(笑)。) しかしサンゴのマジカルチェンジはとても嬉しかったです。初登場の時に、「あれ?」と思いましたから。 そして、ぜんざいがいまひとつだった理由も猫っぽくて可愛かったと思います。 ツッコミましたが(笑)。 しかしなにはともあれ、再びサンゴの店が繁盛しだしてよかったです。 あと、今回寒がるあいりをルビーたちが懸命にスリスリあたためていたシーンがありましたが、僕はあのシーンが印象的です。 あの光景、状況が状況ということもありましたが、5人の仲の良さを強調しているようで、僕の心はあたたまりました(笑)。

    • 夏風邪は子供の頃に一度引いて以降は夏に風邪をこじらせたことはないです。調べたところによると、夏と冬とでは空気中に舞っているウイルスが違うらしいですね。かれこれ昔の話のため、当時の経験はさっぱり忘れていますが、風邪をこじらせることは避けるに越したことはないですね。
      寒がるあいり達を懸命にスリスリする様子は、Aパートであいりが風邪をこじらせてしまったことによる、あいりの存在の大切さを改めて経験したからであるとも考えられる気がします。何と言ってもまともに料理できるのはあいりだけだと思いますしw

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL