にっき

サンリオピューロランドでルビーちゃんに新しいジュエルペットの友達について話したよ

10月17日もジュエルペット達に会いにサンリオピューロランドに行ってきたよ。この日はルビーちゃんとサフィーちゃんに会えたし、いつもより何倍も充実していた気がする。いずれこのしわ寄せが来るというレベルで。大丈夫か。

ルビーちゃんが頬をキャストさんに優しく当てていたハローキティ40周年記念パレード

いつものことだけど、ルビーちゃんが可愛く頑張って踊っている姿を見るために、いつもの場所でハローキティ40周年記念パレードを見よう。食欲の秋でより一層ズッシリしたルビーちゃんの踊っている様子が観れたりして。それは冗談。

キャストさんに頬をスリスリ

この日もキャストさんを弄りたかった様子。ルビーちゃんがキャストさんの肘をほおで押し付けていて、キャストさんが少し押され気味。でも、このキャストさんはルビーちゃんのほおでスリスリされたから、ルビーちゃんのラッキー運アップの効果できっと良いことがあるに違いないね。羨ましい。オレもほおで撫でられてみたいよ。

最後はルビーちゃんをお見送りしてハローキティ40周年記念パレードはおしまい。お見送りでルビーちゃんに向かって手を振っている最中に、ルビーちゃんからお見送りの返事もくれたよ。また後で会おうね。

ルビーちゃんにシュールストレミングが食べられるか聞いてみる

この後はルビーちゃんとサフィーちゃんがサンリオタウン1階に登場するよ。せっかくだし色々聞いちゃおう。ルビーちゃん達をお出迎えする時に、ルビーちゃんが近づいてきて耳攻撃を仕掛けてくるのかと思いきや、確か首から下げていたルビーちゃんのマスコットを触っただけかな。ルビーちゃんはとうとうフェイントまでも仕掛けてくるようになったか。

ルビーちゃんがコントのように崩れる

ルビーちゃんにまずはハローキティ40周年記念パレードがうまく踊れたか聞いてみよう。最初はオレの声が聞き取りづらかったからか、ルビーちゃんが耳を近づけてきて、改めてゆっくり話したらうまく伝わった。滑舌がマズイ。その辺は置いておいて、いつものようにうまく踊れたみたいだよ。もう慣れすぎて朝飯前というやつだね。でも慣れすぎてスランプに陥らないようにね。

うまく撮れなくてルビーちゃん崩れる

軽くお話をしたら、サフィーちゃんとルビーちゃんのペアで記念撮影をお願いしようと思って、オレがいつものようにカメラのシャッターボタンを押そうとしたんだけど、いかんせん使い慣れていないカメラを使っているのが問題だった。

「ハイ・チー…」と言い掛けてオレが思わず撮影モードを再確認してしまったものだから、ルビーちゃんがコントのように崩れてしまって、オレは思わず頭の中で笑った。ルビーちゃんが崩れている隣で生真面目にサフィーちゃんが引き続きポーズを決めている様子もシュールで面白かったけど。ごめんねルビーちゃん達。

ルビーちゃんとサフィーちゃんのペアショット

仕切り直しでルビーちゃん達の写真はうまく撮れたよ。ありがとうルビーちゃん達。さりげなくルビーちゃんがお菓子か何かの物乞いをしているように見えなくもない。オレが何も言っていないのにお菓子を欲しがるポーズをしているのだとしたら恐ろしい。ルビーちゃん落ち着いて。

台風が弱まったのはルビーちゃん達におかげ?

数日前に「サンリオピューロランドでルビーちゃん達に台風を消す魔法をお願いしたよ」でルビーちゃん達に台風を消す魔法をお願いしたんだよ。

ルビーちゃん達が頑張って魔法を掛けてくれた結果はというと、残念ながら台風は消えなかったものの、かなり勢力は弱まって、冬でたまにある強い風程度にまで収まったんだ。そのことについてルビーちゃんに結果報告しておこう。

魔法のおかげで弱まった?

念のために、あの時に魔法をお願いしたことを簡単に話して、台風はかなり弱まったよ!ということを伝えたよ。最初はその結果に何故か悩んでいたものの、やっぱり魔法のおかげだったみたい。ルビーちゃんやガーネットちゃんの魔法が、まさか台風の力に影響を与えるとは思ってもいなかったのかもしれないね。

ルビーちゃんだけだともしかしたら頼りなかったのかもしれないけど、ガーネットちゃんの魔法の力も相まって、台風を多少たりとも弱めてくれたに違いない。やっぱり1人より2人ということだよね。もしも知的で魔法の力もバツグンそうなサフィーちゃんも一緒に魔法を掛けていたら、きっと台風は消滅していたと思う。

ルビーちゃん達に感謝

最後にルビーちゃんにお礼を言うことは忘れずに。お礼を言ったら、それにルビーちゃんも応えてお辞儀してくれたよ。また何かお願いしたいことがあったらルビーちゃん達に何かお願いするかもしれないけど、その時はまたルビーちゃん達の力を貸して欲しい。よろしくお願いします。

世界一臭い缶詰は食べられる?

ルビーちゃんに世界一臭いと言われている缶詰であるシュールストレミングが食べられるかも聞いてみよう。その前にシュールストレミングについて簡単にここで説明。Wikipediaのシュールストレミングの項目を引用しただけだけどね。

シュールストレミング(スウェーデン語: surströmming [s????trœm??ŋ] スーシュトレンミング)は、主にスウェーデンで生産・消費される、塩漬けのニシンの缶詰。その強烈な臭いから、「世界一臭い食べ物」と評されることもある。

スウェーデン語で「スール (sur)」は「酸っぱい」を、「ストレンミング (strömming)」は「バルト海産のニシン」を意味する。フィンランド語のhapansilakkaも同じ意味で、hapankalaは「酸っぱい魚」を意味する。

缶詰を開けてしまったら、服に液体は付かなくとも臭いがしばらく付いてしまうという恐ろしい缶詰らしい。でも何でも食べられるルビーちゃんのことだから、きっとこんなものでも食べられるはず。なんて言ったってサンマ味のプリンが食べられるくらいなのだから、きっと余裕。

世界一臭い缶詰と聞いて驚くルビーちゃん

シュールストレミングについて話してみると、一歩引いて驚いている様子。さすがに世界一臭い食べ物となれば、さすがにルビーちゃんも食べられないか。体に臭いがついたら、ハローキティ40周年記念パレードとかで悪臭を放つことになって迷惑を掛けることになるしね。

そもそも、以前にもシュールストレミングほどの臭いを放たない「くさや」が食べられるかどうかを話したことがあったけど、それは食べられないみたい。くさやが駄目であれば、シュールストレミングは当然のように手が出せなかったりして。

その缶詰について全く知らないルビーちゃん

そもそもルビーちゃんはシュールストレミングについては全く知らなかったんだって。そりゃインターネットで調べたりしない限りは出てこない食べ物だしね。

今回オレが話したことをきっかけにルビーちゃんはシュールストレミングについて知ったことだし、思い切って注文して食べてみて欲しい。ルビーちゃんならいけると思う。何でも食べられるよ。他のジュエルペット達に怒られないように外で缶詰を開けようね。

ここで一旦ルビーちゃんとサフィーちゃんとはお別れ。せっかくサフィーちゃんがいたのに、挨拶だけしかしていなかった気がする。なので、お見送りの時にはごめんなさい!と謝ったよ。謝らないと後味悪いしね。

オレの気持ちを察してのことか、サフィーちゃんが大げさなぐらいに深くお辞儀してきたものだから、なんかもうオレはどうしたらいいか。とにかくルビーちゃんとサフィーちゃんありがとうございました。

ルビーちゃんに新しいジュエルペットの友達について聞いてみる

1時間後に再びルビーちゃんとサフィーちゃんが登場。さすがにさっきみたいにルビーちゃんにばかり構いっきりになったりはしないようにしよう。サフィーちゃんがどのくらいハロウィンのお菓子がもらえたか気になるしね。

花嫁衣装ルビーちゃんぬいぐるみと一緒に記念撮影

4階のわくわく広場というコーナーには、いくつかのぬいぐるみと、そのぬいぐるみに着せることができる服が売っているんだよ。もう今では無くなってしまったけどね。問題はぬいぐるみに着せることのできる服。偶然にもジュエルペット ルビーのスタンダードぬいぐるみ Sに服が会うものだから、花嫁衣装の服をルビーちゃんのぬいぐるみに着せてみたよ。

花嫁の衣装をまとったルビーちゃん

ルビーちゃんらしからぬ光華な雰囲気に大変身。ただ、少し丈が長いね。もしもぬいぐるみじゃなくて本物だったら、歩いている途中で転んでしまいそう。あと問題なのは頭に被っているベール。この辺もルビーちゃん達のようなジュエルペット向きの衣装ではないから、細い糸か何かで軽く固定してあげたほうがいいかもしれない。

早速ルビーちゃんに花嫁衣装を着たぬいぐるみを見せてみたよ。興味津々に見ていて、ルビーちゃんが先の長い結婚した時のことでも想像していたのかな。こんな光華な衣装はルビーちゃんには似合わないような気がするということを伝えてみると、ルビーちゃん曰くそんなことないみたいです。やっぱり光華なキャラであるガーネットちゃんが一番似合うのかもね。

空気を読むサフィーちゃん

せっかくだから記念撮影をしようと、花嫁衣装をまとったルビーちゃんのぬいぐるみをルビーちゃん本人に持ってもらっている間に、サフィーちゃんはルビーちゃんだけを撮るのだと思って、礼儀正しく空気を読んで距離を置いていたよ。サフィーちゃんってここまで謙虚だったっけ。ただ、本心は隠しきれず、ルビーちゃんのことをとっても羨ましそうに見ていたのが印象的。

謙虚なのはいいことかもしれないけど、ルビーちゃんだけだと寂しいし、サフィーちゃんも一緒に記念撮影に参加しようよ。ということで、最終的にルビーちゃんとサフィーちゃんのペア写真になったよ。

花嫁ルビーぬいぐるみを持つルビーちゃんとサフィーちゃんのペアショット

残念ながらおでこのベールがずれてしまったけど、ルビーちゃんが前に出ていて心の中で喜んでいる様子が浮かぶね。あと、ここでもサフィーちゃんは空気を読んで、ルビーちゃんよりも後ろに居て控えめに振舞っていたよ。ルビーちゃんと同じところまで来てくれてもよかったのに。

サフィーちゃんはお菓子沢山貰えた?

サフィーちゃんには聞いていなかったと思うけど、せっかくだからハロウィンでトリックオアトリートしてどのくらいお菓子をもらったのか聞いてみよう。サフィーちゃんのあまりの謙虚っぷりを見ていると、もしかしたらあまりお菓子は貰えていないという返事が返ってくるような気がしないでもない。

サフィーちゃんはあまりお菓子をもらえていないみたい

オレの嫌な予感が的中。サフィーちゃんはあまりお菓子を貰えていないみたい。やっぱりサフィーちゃんは自分からお菓子を貰いにトリックオアトリートするような雰囲気じゃないしね。むしろ、お菓子ではなくて、本を渡さないとイタズラしちゃうぞ!というようなセリフを吐きそう。

サフィーちゃんにはお菓子が貰えたかではなくて、本が貰えたかどうかを聞いてみればよかったね。そうすれば、もしかしたら沢山貰えた!と返事が返ってくるかもしれないし。

話している最中にルビーちゃんが乱入

ここで、まだサフィーちゃんと話している最中なのに、ルビーちゃんが割り込んできて、お菓子が欲しい!と猛烈なアピールをしてきてちょっとビックリ。しかも、手を出すときの勢いがとっても素早い。オレかお姉さんに手がぶつかったりでもしたら、運が悪いと転んでしまいそう。サフィーちゃんとはまるで性格が逆だね。

とりあえずルビーちゃんはそこまで心配しなくても大丈夫。ルビーちゃんには既に何か渡す計画があるからね。とにかく落ち着こう。ただでさえルビーちゃんは主人公という格で沢山お菓子を貰っていそうなのに、欲張っちゃダメ。

我慢できなさそうなルビーちゃん

ルビーちゃんにもサフィーちゃんにも何か渡すことを約束して、とにかく堪えて欲しいことを伝えたよ。ただ、サフィーちゃんは謙虚に落ち着いている状態だったけど、ルビーちゃんはどうも落ち着きがなくて我慢できない様子。近いうちに渡すから、とにかく我慢してね。

ちなみに、サフィーちゃんにも今月中に何か渡すことを話しているけど、11月になってしまった今、まだ何も渡せていないです。ごめんサフィーちゃん。もしかしたらトリックオアトリートで渡すつもりのものが、クリスマスプレゼント扱いになってしまうかもしれない。もうちょっと待ってて。

食欲の秋でお腹大きくなった?

まだまだ秋だし、食欲の秋でルビーちゃんは今も沢山食べているのか聞いてみたよ。前にもこういうことを聞いたことがあったけど、ルビーちゃんにしかこんなこと話せないよね。サフィーちゃんにはこんな思い切ったこと聞けないし。

秋だから沢山食べている様子

案の定、食欲の秋で沢山食べている様子。栗ご飯とか松茸ご飯とか美味しい時期だしね。最近のレディ ジュエルペットの話では、ルビーちゃんがキノコ鍋を沢山食べ過ぎて、お腹をボールの形にしてしまっていたし、食べっぷりが女の子じゃなくて男の子みたい。

沢山食べているせいか、お腹が大きくなっているように見えることを伝えると、ルビーちゃんが急に慌てだして、お腹の周りを確認していたよ。食べることばかり考えていたから、あまり体重のことやお腹周りのことは気にしていなかったに違いないね。

お腹を確認するルビーちゃん

多分気のせいだよね!と伝えてルビーちゃんが落ち着いてくれたみたい。ごめんルビーちゃん。ルビーちゃんのリアクションが見たくて嘘ついた。トリックオアトリートで渡すものは豪華なものにするつもりだから、もしも気分を害したなら、今度渡すもので機嫌を直してね。

首から下げていたぬいぐるみが欲しいらしい

ルビーちゃんの周りのお客さんがいなくなったら、急にオレの方を向いてきて何かして欲しい様子。何か変わったポーズをして見せたり、途中までルビーちゃんがオレに何を訴えかけていたのか全くわからなかった。ごめんルビーちゃん。もっとルビーちゃんについて勉強する必要があるかもしれない。

首から下げていたマスコットを渡す

最終的にはルビーちゃんが何を求めているのかが分かって、どうやら首から下げていたルビーちゃんのマスコットが気になっていて、ルビーちゃんが実際に手に取ってみたかったみたい。なんていったって自分自身がデザインされたマスコットだし、気になっちゃうよね。

ルビーちゃんに渡すと、ぬいぐるみをグルングルンと振り回して大喜び。少しの間だけど、ウキウキとスキップしながら持ち歩いていたよ。途中でルビーちゃんが持っていたぬいぐるみが名残惜しくなったのか、両手で隠してしまった。そうだよね。結構出来が良いし、欲しくなるよね。

残念ながらあげられないよ

でもダメなんだ。これはとあるエンジェラちゃんのファンの人に貰ったもので思い出深いものだし、探してもなかなか手に入らないものだし、渡せないんだよ。そのことをルビーちゃんに話したら、下を向いて残念そうな顔で返してくれたよ。こういう顔されるとキツイね。ごめんルビーちゃん。

新しいジュエルペットの友達について話したよ

前々から話そうと思っていたけど、今ならじっくり話せるチャンス!来年登場するかもしれないルーアちゃんの次の新しいジュエルペットについて話してみるよ。「サンリオピューロランドでルビーちゃんにくさやも食べるか聞いたりしたよ」のコメント欄で、「新しいジュエルペット『ラリマー』のデザイン募集が始まっているそうです。その新しい仲間についてペット達に聞いてみてはどうですか?」という意見を頂いたので、せっかくなので、とりあえずトップバッターであるルビーちゃんに簡単に聞いてみようと思う。

新しいお友達については初耳

ルビーちゃんにルーアちゃんの次の新しいジュエルペットが登場することを話したら、ルビーちゃんは大きく手を上げてビックリ。全く知らなかったみたい。ルビーちゃんが知らないのだから、他のジュエルペット達も知らないかもしれないね。いや、もしかしたら博学なサフィーちゃんなら既に知っているかも。残念ながらサフィーちゃんには聞けなかったから、また次の機会にね。

そもそもラリマーという名前だけが分かっていて、性別も姿も全くわからない状態。聞くタイミングが早すぎたかな。ちなみに、天然石・パワーストーン意味辞典によると、ラリマーという石は「愛と平和」を象徴するカリブ海の美しい宝石らしい。石の色は水色だから、新しいジュエルペットの体は水色で決定か?

食べられないよ!と聞いてビックリ

いかんせんまだ情報が少ないから、新しいジュエルペットについてルビーちゃんに聞けるのはここまで。ルーアちゃん相手だったら、ルビーちゃん以上にライバルとなるジュエルペットだったらどうする?なんていうことも振ってみたいね。

今回はルビーちゃんが相手ということで、さっきハロウィンの話でいきなり空気を壊して手を出してきたように、食べられないよ!と新しいジュエルペットが食べられないということを念を押して伝えておこう。唐突に妙なことを言ったものだからルビーちゃんはビックリ。新しいお友達は食べないよ!と言わんばかりにオレを手で叩いてきた。流石の食いしん坊なルビーちゃんも、お友達は食べないよね。ごめんルビーちゃん変なことを言ってしまって。

急にお菓子をせがんでくる

オレが急に食べ物に関係する話を唐突に振ってしまったものだから、ルビーちゃんがさっきのハロウィンでお菓子を貰えなかったことを思い出したからか、またもやルビーちゃんが急に手を出してお菓子をせがみ始めた。ルビーちゃん勘弁して。今月中に何か渡す予定でいるから。また今度ね。

今度行くハーモニーランドの日は晴れるように魔法をお願いしたよ

最後に一つルビーちゃんにお願いしたいことがあるんだ。先週の月曜から水曜は、本来であればハーモニーランドに行く予定だったけど、台風の影響で飛行機が欠航となって行けずじまい。今回欠航になって行けなかった分は来月の初めに行くこととなったけど、また台風とかで飛行機が欠航してしまわないように、ルビーちゃんにまた魔法を掛けてもらおう。

もし台風が消えたら魔法で消してくれるって!

以前にも似たお願いをして、台風を弱めることができたし、今度はもしかしたら台風を消滅させることができるかもしれないよね。最初にルビーちゃんに台風を消す魔法をお願いした時は、ルビーちゃんの魔法だからか、台風を余計に増やしたり、勢力が増してしまうんじゃないかと思ってもいたけど、そんなことはなかった。疑ってごめんなさい。ルビーちゃんの力を信じよう。

事情を話したら、ルビーちゃんは喜んで魔法を掛けてくれるらしい。もしも天候が良ければ、無事にハーモニーランドに行って、そこでもルビーちゃんに会えるから楽しみ。もしも行けたら、ハーモニーランドでもお礼に何かいいものを渡しちゃおう。

最後にルビーちゃんが魔法を掛けてくれたよ

こんな感じで魔法を掛けてくれたよ。まだ数週間も先の話だけど、ルビーちゃんが魔法を掛けてくれたのだから、台風が来る来ない以前に、晴天になっている気がする。オレは信じちゃうぞ。何はともあれ、ありがとうございましたルビーちゃん。

首から下げていたぬいぐるみを引っ張られてお別れ

最後にルビーちゃん達にお見送りをするところで、首から下げていたマスコットをルビーちゃんが手で引っ張って、オレごと持ち帰ろうという暴挙に出始めたよ。あんまり引っ張られるとオレの首がどうかしてしまいそう。そこまでしてこのマスコットが欲しいのかルビーちゃんは。そんなに欲しいのなら、サフィーちゃんやガーネットちゃん達に頼めば手に入りそうな気がするのに。

首から下げていたマスコットを引っ張られる

ルビーちゃんが先に出入り口近くに着いたけど、通り道のコーンが道を狭くしていたから、サフィーちゃんがこれから来ることを考えて、コーンを端にずらして通りやすくしていたよ。ルビーちゃんがサフィーちゃんに対してこういう配慮をする様子を見るのは初めて。そういうのはサフィーちゃんの役割かと思ったんだけど。

最後にルビーちゃん達に手を振ってお別れ。サフィーちゃんとは結局ハロウィンの話に少し話しただけだったね。ルビーちゃんがいる時に食べ物の話を振ると、今回のように強引にせがみにくるから、気をつけないといけないか。何はともあれ、魔法のことといい、新しいジュエルペットの話といい、色々とありがとう。そしてサフィーちゃんすみませんでした。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL