ぎゃらりー

カッシーくんがみんなのプリンを食べてしまっていつものことながら呆れ返るミントくんとボタンちゃん

いつもの光景ながら呆れ返るカッシーくん

こりこさんが描いてくださったカッシーくん達のイラストだよ。テーブルに置かれた”祝7周年”というチラシや、奥の日めくりカレンダーを見てもらえるとわかる通り、シロデココの7周年のお祝いも含まれているんだ。シロデココの何周年記念という形でイラストを頂くことはあまりないのでとても嬉しいです。描いていただきありがとうございました。

ミントくんやボタンちゃんが楽しみにしていたプリンをカッシーくんが無断で食べてしまって、周りがガッカリムード。ボタンちゃんは本当に惜しい気持ちになりながら涙目だし、ミントくんはため息をついて呆れ顔。ふたりの表情を見て思ったのが、ミントくんはいつも通りという気持ちで慣れっこなんだろうけど、ボタンちゃんだけは泣いていて、なんだかんだでカッシーくんのことをいつも無断で食べたりしないことを信じてくれているのかもしれない。

色々な感情がこの部屋に漂う中、カッシーくんだけはそんなことを忘れて、夢の中でまだプリンを食べようとしているんだよ。よだれを垂らしながらね。でもそれがカッシーくんらしいよね。いいじゃないそれで。周りのみんなも水に流してくれるよ。

みんな気づいているかは分からないけど、絵の中には漫画で使われた道具が沢山散りばめられているんだ。テーブルの下にはカッシーくんが節分で使ったパチンコ飛ばし、右側のタンス下にはボタンちゃんが仮装大会で使ったステッキ、その上にはミントくんがシュークちゃんを撮るのに使っていたカメラなどがあるよ。まさかこんな要素までぶち込まれると、文章として書いてもどうしようもないにしても、目がウルウルとしてくるね。改めましてありがとうございました。

今回の愛のあるカッシーくん達を描いてくださったこりこさんは、フラット先生という平穏で真面目なウサギの先生かと思いきや、ちょっとエッチなところも見せてくれるキャラクターをよく描かれているよ。個人的にはまだまだ謎が隠されているように見えるフラット先生の活躍をみんなも見てね。

コメント&トラックバック

2件のコメント

  1. ファンアートを描いたこりこです。私の方からも少し制作についてお話させていただきます。

    カッシー君はとても活気のあるキャラクターです、いくつかアイデアを考える中「元気だからこそ安心して寝ている可愛さ」というコンセプトに決めました。

    やはりいつも一緒のミントくんとボタンちゃんは欠かせない存在だと思い、お二人もご一緒に。

    そして背景部分の昭和風の室内は、webサイト観光案内のページおうちの情報を見た時とても楽しい気持ちになり、(生活や色々な展開を想像出来て好きなので)そんな思いで描かせていただきました。

    作画部分は一枚イラストですのでやや描き込みを増やしたタッチにして見ました。カッシー君のほっぺた部分が、くにっとなっているのが気に入っています。デココさんの方では楽しさを感じる明るいタッチなので、あえて私はしっとりと描いてみました!

    絵の内容部分デココさんのコメントで頂けたように、カシカッシーの作品が好きな人に伝わるよう出来ています。
    (デココさんコメントまで頂いて本当にありがとうございました~!!)

    webサイトで作品を見せていただくと、年々作品の面白さや描き方も進化していて、絵が好きな人間として尊敬を強く感じました。
    今後もデココさんの素晴らしい作品を楽しみにしたいと思います。

    • こりこさん、こちらでは初めまして。デココです。ご丁寧にイラストの解説をいただきありがとうございます。ここまで色々考えてくださっていたとは驚きを隠せないです。

      そのコンセプトは、普段が元気だからこそ、少し疲れて寝ている様子も可愛く、というところでしょうか。うまく汲み取れていなかったら申し訳ないです。こりこさんがおっしゃるコンセプトを知った後だと、ミントくん達が寝ているカッシーくんを見守っているようにも取れますね!

      私がイラストを描くときはザクっとした描き方をしているので、しっとりしたテイストはとても新鮮です。背景の小物から畳や引き扉まで、ここまで描かれたイラストを頂いたのは初めてですし、私もここまで描くことはないと思うので、驚きしかないです。作品内に登場した小物なども含めて、ここまで描くことができるのは、私が公開している漫画や観光案内という名の設定資料ページなどを熟知しているからこそだと思います。本当にありがとうございます。

      これからもカッシーくん達のドタバタと面白い世界観が伝わっていくような漫画を描いていきたいと思っていますので、引き続きご覧いただけたらとても嬉しいです。改めましてありがとうございました。

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL