ぎゃらりー

ミントくんが持っているアイスクリームを羨ましそうに見るカッシーくん

アイスを羨ましそうに見るカッシーくん

食欲の秋。マツタケなどの秋の味覚以外だって食べてみたくなるじゃない。そういうオレは駄菓子の有名なヤングドーナツにハマっている最中。小さいながらもおいしいんだよね。もっと沢山入っているお徳用があったらいいのにね。それは置いておいて、カッシーくん達はペロペロキャンディやアイスクリームを食べていて、オレと同じように色々なお菓子やスイーツを食べているみたい。

ミントくんが偶然にもチョコミントのアイスクリームを片手に、さらにソフトクリームをもう片手に持っていたことが仇になったね。ミントくんはただ味わいながら食べたいだけなのに、後ろにいるカッシーくんから猛烈な視線という名の攻撃を浴びながら食べないといけないんだ。

せっかく買ってきたアイスが、ちょっとした油断でカッシーくんに一瞬で盗まれて、一瞬で食べられてしまうんだ。一切の油断を許さない状況で、カッシーくんがペロペロキャンディを舐めるときの舌のペロッという音を何度も聞いて、ミントくんが冷や汗をかきながら食べるんだよ。

カッシーくんのことを気にするあまり、ソフトクリームを傾けすぎて、今にもコーンの中身を落としてしまいそうだよ。オレには未来が見えてきたね。中身を落としてしまって、床に落ちる前にカッシーくんが一瞬で口の中に入れてしまうシチュエーションが。ミントくん無念。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL