ぎゃらりー

熱い卵の中から愛を込めてラリマーがハッピーイースター

熱い卵の中からハッピーイースター

とあるイースターの時期の話。黄緑色の斑点がある一見普通の卵からゴトゴトを音を立てだして、卵の殻を破って出てきた中身は何とラリマーだった。イースターの卵繋がりと、卵を破る様子を思い浮かべたら唐突に湧いて出てきたとあるアニメのシチュエーションをミックスした結果がこのイラスト。何のアニメかはあまりに有名すぎるから、少し見ただけでパッと思い浮かぶはず。

イースターでの卵は一体どういう役割をするのか簡単に調べてみると、イースターの本来の名称である「復活祭」のWikipediaのページ曰く、復活の生命を象徴として扱われるらしい。

そんな神聖な卵の中から生まれた尊いラリマー。卵から生まれたラリマーが優しい誰かの手に渡って成長したのちに、悪党を懲らしめに仲間たちを引き連れて立ち向かうようになるのかもしれない。そして無事に悪党をやっつければ、世界は平和に向かっていくというわけか。ラリマーは世界を救う。信じるんだ。でもこれって桃太郎だよね。細かいことは気にしちゃいけないんだ。何はともあれ、桃太郎としての役割を担ったラリマーに乞うご期待。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL