にっき

レディ ジュエルペット 第42話「レディの過去」の感想

じゃ〜ん!

1月17日のレディ ジュエルペットはパワースポットのお話。ジュエルランド内の何処かにあるメンターのジュエルペットと同じ原石を探して、その場所で一泊して互いの絆を深めることが課題。前の話では、絆や愛が大事だと言っていたから、課題と言いつつも結構大切な事も兼ねているよね。

地図に書かれているくらい沢山ある原石

今回は原石を探す課題だったわけだけど、やっぱりジュエルランドというくらいだし、少なくとも山には沢山の色々な種類の原石があるんだね。課題のためだからか、ご丁寧に何処に何の宝石が書かれているかの地図まで渡されていたみたいだし、ジュエルランドの地質学は別の方向で進んでるよね。

これだけ沢山宝石があれば、いくら綺麗な石といえど、価値だけで言えばその辺の石と同じくらいの価値に等しいということなのかも。なんかとっても現実的なことを考えてしまったよ。ごめんジュエルペット達。

アニメでもあった通り、ももなとルビーは絆に関係する課題は必要ないよね。ゲームで言えばレベルの数字が上限にまで達している状態。2人に会話や様子を見ているだけで何か力をもらえるような気がするんだ。絆や課題とは関係ないけど、今回の話では少なくとも、ももなとルビーの話だけが唯一の癒し。テレビの前のみんなにもっと癒しを与えてください。

ダイアナは何のために逃げ出した?

リリアンの思い切った決意で、ルーアがようやく以前のメンターであったレディダイアナについて話してくれていたよね。

今回のルーアがリリアンに話した内容のままだとルーアが被害者で可哀想。レディダイアナは上に立つのではなくアルトと仲良く自由に暮らしていきたいという思いが伝わってきたけど、事情はメンターであるルーアに伝えずに、まだ詳しく明かされていないレディクレアに伝えていたのには何か訳があったのかな。

何にしても、このままだとルーアを見捨てて行ってしまったようにしか見えないよね。これはいずれレディダイアナから事情を喋ってもらうしかないぞ。

ただ、ルーアもルーアで得体の知れない人と組むのもまずい。子供の時に散々習う内容だと思うんだけど。見知らぬ相手にホイホイついて行ったり過信しちゃいけないって。

ルーアはとうとう厄介な相手を消そうとする

ルーアはとうとう傷害罪をやらかしてしまったよ。リリアンのためにやったんだろうけど、ミウラはリリアンが望んでいることをしようとしていただけだし、大きな勘違いだよね。むしろ、思い切って話そうとしてるミウラを少しは尊敬しないといけないよ。

ここ最近のルーアは本当にどうかしちゃってる。ミウラを傷つける前に「必要ないわ。お人形のあなたに恋なんて。お人形は私に可愛がられていればいいのよ」とまで言ってる。リリアンがいないからって言っていいことと悪いことがあるぞ。

最後はミウラ視点になって目を閉じて終わったけど、ミウラはあのまま目を閉じたままということはないよね?もし閉じたままだったら、ちょっとルーアにパンチか何か繰り出してしまうかもしれない。それだけ酷いことしてるよ。でも、ここ最近のビースト大量出現のことや、自分自身の魔法の暴走もあって、パニック状態になっているルーアに対して、ミウラが刺激してしまったのもまずかったか。

余談だけど、ジュエルパッドって万能だよね。人を攻撃したり、色んな魔法を使ったりして。オレもジュエルパッドが欲しくなってきた。

次の話でレディが消えるらしい

タイトルが「消えるレディ」とある通り、今度の話でレディが消えたりしそう。次回予告の間のルーアとジョーカーの会話がなかなか胸にくるね。愛があるからこんなことになってるというのは確かにそうだけど、無かったら無かったで寂しいぞ。それにしてもジョーカーはジュエルペット きら☆デコッ!の時とずいぶん似てる。あの時は恋人同士のこじれだったし、今回も多分そうかな。何にしても少しずつ分かってくるよね。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL